メインコンテンツ ここから
[地域の健康診断 025]ゆきわり草ヒストリー

2017.03.28UP [地域の健康診断 025]
井上 弘司 さん井上 弘司 さん

ゆきわり草ヒストリー

 長野県小谷村の伊折集落に農山村体験交流施設「ゆきわり草」が平成25年6月9日にオープンしました。しかしその祝いの場に、交流施設の構想から奔走し、誰よりも楽しみにしていた藤原信夫さん(享年71歳)の姿はありませんでした。...[続きを読む]

[Eco Value Interchange 023]高校生たちによるカーボン・オフセットの取り組み(2)

2017.02.14UP [Eco Value Interchange 023]
EVI 推進協議会EVI 推進協議会

高校生たちによるカーボン・オフセットの取り組み(2)

 2016年11月23日(祝)、東京都立つばさ総合高等学校(東京都大田区本羽田三丁目)のホールの檀上に、EVI推進協議会の菅谷健夫(カルネコ株式会社)が登壇した。この日開催された同校主催の「第13回高校生環境サミット」で、開会宣言と基調講演に続いて実施されたクレジット購入式に立ち会うためだ。...[続きを読む]

高校生たちによるカーボン・オフセットの取り組み(1)
ジャンル:集まる
高校生たちによるカーボン・オフセットの取り組み(1)
2017.01.24UP [Eco Value Interchange 022] EVI 推進協議会EVI 推進協議会
 連載第15回で紹介したように、平成27年12月のエコプロダクツ2015の会場で開催された第5回カーボン・オフセット大賞で特別賞を受賞した2団体の1つに、EVI推進協議会事務局のカルビー株式会社カルネコ事業部(当時)が選ばれた。檀上で表彰を受けガッツポーズを決めた加藤とともに、もう1つの特別賞受賞団体として表彰を受けたのが、今回紹介する、愛知県立南陽高等学校 Nanyo Company部を代表した、渡邊麻里さんだった。 [続きを読む]
風土(フード)ツーリズム
ジャンル:集まる
風土(フード)ツーリズム
2016.12.27UP [地域の健康診断 024] 井上 弘司 さん井上 弘司 さん
 私が20年来言い続けてきた食や文化、地域のなりわい、風土を観光資源とする「風土ツーリズム」が地域活性化の嵐の中で、ようやく認識されつつあります。豪華絢爛の旅は伊勢講など庶民の旅として流行りだした江戸時代からの始まりですが、大阪万博と高度経済成長がもたらした昭和時代の団体旅行は、第2期観光成熟期と言われました。 [続きを読む]
これまでのマッチングイベントと一味違う、環境パフォーマンス&環境落語の披露
ジャンル:集まる
これまでのマッチングイベントと一味違う、環境パフォーマンス&環境落語の披露
2016.11.22UP [Eco Value Interchange 021] EVI 推進協議会EVI 推進協議会
 前回からお送りしているEVI環境マッチングイベント2016報告記。今回は後編として、前回からの続きについて紹介したい。今回のマッチングイベントのある意味で目玉のセッションといえるのが、ボルカホンラインダンスユニット『Cheeky』による環境パフォーマンスと、春風亭柏枝師匠による環境落語「改作落語 和尚(おしょう)とちん念」だ。 [続きを読む]
“もっと身近に”をさらに一歩進めるために、“私たちにできること”をめざして
ジャンル:集まる
“もっと身近に”をさらに一歩進めるために、“私たちにできること”をめざして
2016.11.04UP [Eco Value Interchange 020] EVI 推進協議会EVI 推進協議会
 去る10月20日(木)、2012年から数えて第5回となるEVI環境マッチングイベント2016が開催された。主催は、この8月にカルビー株式会社カルネコ事業部から独立したカルネコ株式会社。今回は、その概要について紹介していきたい。 [続きを読む]
北海道最古のリンゴ「緋の衣」
ジャンル:集まる
北海道最古のリンゴ「緋の衣」
2016.09.27UP [地域の健康診断 023] 井上 弘司 さん井上 弘司 さん
昭和9年、北海道の余市で竹鶴政孝が大日本果汁(株)を設立し、ウヰスキーの製造を始めました。これはNHKの朝ドラ「まっさん」をご覧になっていた方はご存知かと思います。この時、ウヰスキーを仕込み寝かせる数年間の会社維持のための収入として、リンゴジュースの製造販売をしました。 [続きを読む]
プロモーション活動を通じた環境貢献の取り組みをサポート
ジャンル:集まる
プロモーション活動を通じた環境貢献の取り組みをサポート
2016.06.24UP [Eco Value Interchange 019] EVI 推進協議会EVI 推進協議会
2016年3月30日、カルビー株式会社「カルネコ飯能ファクトリー」の開所式が行われた。同工場の稼働によって、これまでコストがかかり過ぎて対応できなかった、店頭プロモーション用ダンボール什器のオンデマンド受注を可能とするインフラが整備されたわけだ。 [続きを読む]
伊勢木綿は産業として残す
ジャンル:集まる
伊勢木綿は産業として残す
2016.06.14UP [地域の健康診断 022] 井上 弘司 さん井上 弘司 さん
 全国の自治体の大多数でキャッチフレーズになる「歴史、文化、自然、暮らし」。狭い日本ですからどこも同じフレーズになるのは仕方ありませんが、この金太郎飴のような謳い文句に疑問を抱いた方もいらっしゃるでしょう。  歴史文化や伝統、祭りも同様で、大義名分は抽象化し、イメージだけで語っています。大切だから残そうだけでは担い手はできません。 [続きを読む]
日本初!CO2排出ゼロをめざす道の駅『にちなん日野川の郷(ひのがわのさと)』(鳥取県日南町)がオープン!
ジャンル:集まる
日本初!CO2排出ゼロをめざす道の駅『にちなん日野川の郷(ひのがわのさと)』(鳥取県日南町)がオープン!
2016.04.27UP [Eco Value Interchange 018] EVI 推進協議会EVI 推進協議会
世界アースデイに当たる4月22日(金)から週末23日(土)・24日(日)にかけての3日間、鳥取県日南町生山でグランドオープンを迎えた道の駅「にちなん 日野川の郷(ひのがわのさと)」のオープニングフェアが大々的に開催された。 [続きを読む]
電力は自由に選ぶ
ジャンル:集まる
電力は自由に選ぶ
2016.03.22UP [サスティナブルなDIY生活のヒント 007] 平野 美紀 さん平野 美紀 さん
今年の4月から日本でも始まる「電力自由化」。家庭向けの電力小売り事業への参入が予定されている新電力会社は100社以上に上り、熾烈な顧客獲得作戦が繰り広げられそうな勢いです。これだけ選択肢が増えると、選ぶほうも迷ってしまいそうですね。オーストラリアでは、そこまで多くはないものの、既に1990年代後半から電力の自由化が始まっており、各家庭ではそれぞれの事情に合わせて、電力会社を選んできました。 [続きを読む]
持続する『ふるさと』をめざした地域の創出に向けて
ジャンル:集まる
持続する『ふるさと』をめざした地域の創出に向けて
2016.03.15UP [地域の健康診断 021] 井上 弘司 さん井上 弘司 さん
地域の健康診断と称して連載していますが、“地域の健康”とはなんでしょう。 私はいつも健康な地域に欠かせない3つの健康要素についてお話しています。1つは自分や家族の心身の健康、2つ目は産業や雇用といった経済的な健康、そして3つ目はコミュニティの健康。それらの重なり合うなかに、住民生活が営まれているのです。ですからこの3つのバランスのどれか1つでも崩れると地域は不健康になるというものです。 [続きを読む]
環境貢献型商品の開発に向けて、ラベルデザインや資材調達などトータルにサポート
ジャンル:集まる
環境貢献型商品の開発に向けて、ラベルデザインや資材調達などトータルにサポート
2016.03.01UP [Eco Value Interchange 017] EVI 推進協議会EVI 推進協議会
 長野県長野市松代町は、かつて松代藩の領地として栄えた。江戸時代の1622(元和8)年に上田藩(長野県上田市)から国替えしてきてこの地を統治した初代藩主が、今年の大河ドラマ「真田丸」で注目を集める主人公・真田信繁幸村の、実兄・信幸(信之)。以来、松代藩・真田家は幕末の版籍奉還まで10代続いた松代藩・真田家だ。 [続きを読む]
マイ・ボトルのススメ。
ジャンル:集まる
マイ・ボトルのススメ。
2016.02.02UP [サスティナブルなDIY生活のヒント 006] 平野 美紀 さん平野 美紀 さん
喉が渇いた…と思ったら、自動販売機やコンビニで、手軽にペットボトル飲料が買える昨今。買って飲んだ後は、リサイクルのゴミ箱へ捨てているという人も多いかもしれません。しかし、このシリーズの最初で書いたように、ペットボトルやプラスチックは回収されても実際にリサイクルされている量はわずかです。 [続きを読む]
未利用木材を活用した立体パズルの開発で、森林管理&地域活性化をめざす
ジャンル:集まる
未利用木材を活用した立体パズルの開発で、森林管理&地域活性化をめざす
2016.01.19UP [Eco Value Interchange 016] EVI 推進協議会EVI 推進協議会
 去る2015年12月17日、九州の大分県国東市で段ボール・クラフト「d-torso(ディー・トルソー)」の製造・販売を行っている株式会社アキ工作社は、株式会社トライ・ウッド(大分県日田市上津江町の総合林業会社)およびカルビー株式会社カルネコ事業部(事業部長加藤孝一)との3社共同で開発した環境貢献型商品『森の木組みシリーズ』の販売についてプレスリリースを行った。 [続きを読む]
地域密着の食材屋だからできる、“地域の台所”としての役割
ジャンル:集まる
地域密着の食材屋だからできる、“地域の台所”としての役割
2015.12.24UP [Eco Value Interchange 015] EVI 推進協議会EVI 推進協議会
 日本最大級の環境展示会として知られるエコプロダクツ2015の中日に当たる2015年12月11日(金)。会場内に特設されたイベントステージでは、「第5回カーボン・オフセット大賞」(主催:カーボン・オフセット推進ネットワーク(CO-Net)、後援:環境省・経産省・農水省)の表彰式が開催された。 [続きを読む]
EVIを活用した、水田農業による地域活性化の取り組みと環境貢献
ジャンル:集まる
EVIを活用した、水田農業による地域活性化の取り組みと環境貢献
2015.12.01UP [Eco Value Interchange 014] EVI 推進協議会EVI 推進協議会
 前回のエコレポで紹介した通り、去る10月19日(月)に、通算5回目となるEVI環境マッチングイベント2015が開催された。今回のテーマ、『ともに、創ろう!』は、前年のクロージング・セッションでEVI推進協議会の加藤浩一が会場全体に呼び掛けた言葉だ。 [続きを読む]
地元学から地域経営へ 浜田市弥栄町の農村経営
ジャンル:集まる
地元学から地域経営へ 浜田市弥栄町の農村経営
2015.10.27UP [地域の健康診断 020] 井上 弘司 さん井上 弘司 さん
 日本の自然や文化そして農業の多様性は、中山間地域として生き残れる素材の宝庫ですが、画一化しグローバル化する社会の中で多様性を最大限に生かす活動ができておらず、宝の持ち腐れとなっています。いまさら釈迦に説法ですが、農地と人を資源として農産物を生産・加工・販売することが農業経営であり6次産業です。 [続きを読む]
食品の流通を考える。
ジャンル:集まる
食品の流通を考える。
2015.09.15UP [サスティナブルなDIY生活のヒント 005] 平野 美紀 さん平野 美紀 さん
 日本では、物流網が発達して、遠く離れた地域からのお取り寄せが簡単にできるなど、大変便利な世の中になりました。その一方で、地産地消という言葉も定着しています。この2つの流通のあり方は、対極に位置するものです。 食品を購入する時に、これはどこからどうやって運ばれてきたのだろう?と、流通経路やコストついて考えてみると、食品の見方・選び方がぐっと変わってきます。先日訪れた西オーストラリア州で、それを痛感することになりました。 [続きを読む]
EVI環境マッチングイベント2015へのいざない
ジャンル:集まる
EVI環境マッチングイベント2015へのいざない
2015.08.18UP [Eco Value Interchange 013] EVI 推進協議会EVI 推進協議会
 EVI推進協議会が毎年開催している環境マッチングイベント。2015年は、来る10月19日(月)に、前年のマッチングイベントで約束した通り、東京国際フォーラムのセミナー棟最上階にある大ホール(B7ホール)にて開催を予定している。  このB7ホールは、東京国際フォーラムの中でも劇場形式のホールAを除けば、セミナーホールとして最大面積の1400m2という大きなホールだ。大きく開いた窓からは、皇居が眼下に一望でき、その眺望は一見の価値がある。 [続きを読む]
伝統野菜の復興で地域づくり
ジャンル:集まる
伝統野菜の復興で地域づくり
2015.08.04UP [地域の健康診断 019] 井上 弘司 さん井上 弘司 さん
 「ずっと提案していた形に巡り会った」その直感は当たっていました。そこは「清澄の里 粟」(きよすみのさと あわ)という奈良市高樋町の農家レストランでした。  2002年に三浦雅之・陽子夫妻が山間部の遊休茶園を開墾してオープンした農家レストランは限定20組ランチのみの営業です。2012ミシュランガイドでひとつ星を獲得しており、稼働率95%。関西での人気は相当なようです。 [続きを読む]
トルコの世界遺産カッパドキアで受け継がれるエコ生活
ジャンル:集まる
トルコの世界遺産カッパドキアで受け継がれるエコ生活
2015.07.07UP [サスティナブルなDIY生活のヒント 004] 平野 美紀 さん平野 美紀 さん
 トルコの世界遺産の中でも、恐らく最も有名で一度は行ってみたい旅先として人気の「カッパドキア」。ギョレメと呼ばれる中心地周辺には、にょきにょきと聳える巨大なキノコを思わせる不思議な奇岩があります。その奇岩は、中をくり抜いて造った住居になっているものもあり、ユニークな景観と共に、住居としても大変興味深いところです。 [続きを読む]
コミュニティカフェの重要性
ジャンル:集まる
コミュニティカフェの重要性
2015.05.26UP [地域の健康診断 018] 井上 弘司 さん井上 弘司 さん
 かつて田舎の家々には、必ず「縁側」がありました。それは玄関でないけれど人が訪れる入り口であり、談笑し茶を飲み昼寝をする場所でもあり、時には行商や旅人の雨宿りの無料休憩所にもなっていて、「縁側」は家の中と外を分け繋ぐ、どちらの世界にも属さない公共空間として存在していたのです。  元来は雨ざらしの「濡れ縁」でしたが、時代劇などをみると縁側に付随した雨戸が付いており、江戸時代に発明されたのでしょう。その戸板は雨風や寒さを防いだり、防犯に役立つだけでなく、担架の代わりや作業台にも応用され重宝されました。 [続きを読む]
環境貢献型商品を開発するだけでなく、売りにつなげるための場と仕組みをつくる
ジャンル:集まる
環境貢献型商品を開発するだけでなく、売りにつなげるための場と仕組みをつくる
2015.05.12UP [Eco Value Interchange 012] EVI 推進協議会EVI 推進協議会
 2015年4月13日(月)、楽天、Yahoo!、Amazonの3チャネルで、EVIのEコマース・サイトが一斉にオープンした。名付けて、「EVIショップ」。いわゆるネット通販サイトだ。扱う商品は、EVIが預託を受ける全国各地の森林中心のオフセット・クレジットを付与した環境貢献型商品。現在は、「森のめぐみのおとりよせ」で取り扱っている商品を掲載しているが、今後、より幅広い商品を扱っていく予定だ。 [続きを読む]
“未来の大人たちは、環境を守る”に向けて、今なすべきこと
ジャンル:集まる
“未来の大人たちは、環境を守る”に向けて、今なすべきこと
2015.04.21UP [Eco Value Interchange 011] EVI 推進協議会EVI 推進協議会
 2015年3月10日、高知県朝倉東町の「朝倉くすのき保育園」の年中・年長の子どもたち約40人を前に、『EVI読み聞かせ絵本』シリーズ(2014年環境省発行、企画:カルビー株式会社カルネコ事業部、EVI推進協議会)の贈呈式が行われた。 [続きを読む]
洗剤を選ぶことの大切さを知ったペルーのエコ・ロッジ
ジャンル:集まる
洗剤を選ぶことの大切さを知ったペルーのエコ・ロッジ
2015.04.14UP [サスティナブルなDIY生活のヒント 003] 平野 美紀 さん平野 美紀 さん
 洗濯や食器洗いなど、現代の生活では欠かすことのできないものとなった洗剤。洗剤というのものが製品化される以前、日本では、米のとぎ汁や植物の葉や実などを使っていたそうです。こうした自然由来のものを使っている時代はまだしも、合成洗剤が普及し始めた1960年代頃から、洗剤の環境への影響が指摘され始めました。 [続きを読む]
飯田城下に地域人力車が走る
ジャンル:集まる
飯田城下に地域人力車が走る
2015.02.17UP [地域の健康診断 017] 井上 弘司 さん井上 弘司 さん
 2027年開通予定のリニア新幹線の駅ができる長野県飯田市。長野県内への経済効果は約1兆円と2014年2月に県が発表しました。飯田駅の乗降客数も一日5,300人と試算していますが、果たしてどうでしょうか。人口10万ちょっとの中規模地方都市で、有名観光地や大企業は皆無です。立派な駅ができても乗降する必然性がなければ客は降りません。 こうした状況下で、ひとつの市民団体がリニア新幹線の開通に向かって新たな試みを始めました。 [続きを読む]
日本の森と水と空気を守りに、EVIは今日も東へ西へ…
ジャンル:集まる
日本の森と水と空気を守りに、EVIは今日も東へ西へ…
2015.01.28UP [Eco Value Interchange 010] EVI 推進協議会EVI 推進協議会
 今回のエコレポでは、これまでと少し趣向を変えて、EVI推進協議会の最近の動向について紹介してみたい。  昨年末にかけてEVI推進協議会が関わってきたイベントや出会いのあった人たちとのことなど、日記形式で紹介しよう。これらの出会いを通じて、EVIの活動に話をしたり、普段の買い物を通して環境貢献につながる商品や仕組みの開発を進めてきた2014年だったと言える。2015年はより戦略的に、こうした流れを作り出していく計画だ。 [続きを読む]
ゴミと環境の関係を学ぶ、無料のコンポスト講習会
ジャンル:集まる
ゴミと環境の関係を学ぶ、無料のコンポスト講習会
2015.01.13UP [サスティナブルなDIY生活のヒント 002] 平野 美紀 さん平野 美紀 さん
 シドニーの北部に、普通ゴミでは捨てられない粗大ゴミを処分するゴミ処理場があります。環境とゴミ問題を適切に扱うことを目的としたセンターとして、近隣のカウンシル(地方自治体)が共同で運営を開始し、現在はカウンシルの支援の下で、民間企業に管理委託されています。このセンターは、ただ単に粗大ゴミを捨てに行く場所としてだけではなく、ゴミ問題を住民ひとりひとりがきちんと理解し、適切な処理ができるように、様々な取り組みが行われています。そのひとつが、生ゴミを自宅で処理できるコンポストの講習会です。 [続きを読む]
小さな一歩を集積して、大きな力をともにつくりあげるための新たな仕組みづくりをめざして
ジャンル:集まる
小さな一歩を集積して、大きな力をともにつくりあげるための新たな仕組みづくりをめざして
2014.12.25UP [Eco Value Interchange 008] EVI 推進協議会EVI 推進協議会
 去る11月18日(火)、東京国際フォーラムB-5ホールを会場に、毎年恒例になった「EVI環境マッチングイベント2014」(EVI推進協議会主催)が開催された。2012年11月の第1回以来、第3回目となった今回のマッチングイベント。会場には、森林事業者やオフセット・クレジットを活用したプロモーション活動に期待を寄せる企業の関係者、地方自治体の担当者など、カーボンオフセットに関心を持つ人たちが全国各地から集まってきた。 [続きを読む]
点を線につなげ、線を面に広げる取り組みをめざして
ジャンル:集まる
点を線につなげ、線を面に広げる取り組みをめざして
2014.12.25UP [Eco Value Interchange 009] EVI 推進協議会EVI 推進協議会
 前回のエコレポでは、「環境マッチングイベント2014報告記・その1」として、カーボンオフセットを取り巻くここ1年ほどの国内外の流れについて、当日の講演内容から紹介した。今回は、その続編として、より具体的な取り組み事例について、当事者からの報告をもとに紹介したい。 [続きを読む]
したたかに生きる漁村
ジャンル:集まる
したたかに生きる漁村
2014.11.18UP [地域の健康診断 016] 井上 弘司 さん井上 弘司 さん
 大分県臼杵市は県南部に位置し、温暖多雨の南海型と瀬戸内海型が混在する気象で、多彩な農水作物がある食素材の宝庫です。人口4万人弱ですが、その歴史は古く、キリシタン大名で有名な大友宗麟が築城した臼杵城や江戸時代の町並み、武家屋敷などが残る城下町からは、「春は名のみの風の寒さや 谷のうぐいす 歌は思えど~」の「早春賦」を作詞した吉丸一昌さんが生まれました。 [続きを読む]
暮らしをDIYする。
ジャンル:集まる
暮らしをDIYする。
2014.10.21UP [サスティナブルなDIY生活のヒント 001] 平野 美紀 さん平野 美紀 さん
 「DIY」というと、何を思い浮かべますか?日曜大工やちょっとした部屋のリフォームなど、道具を使って何かを作ったりすることをイメージすることが多いのではないでしょうか?  でも、このシリーズでは、視点をちょっと変えて、「暮らし方」そのものを「DIY」することで、快適に心地よく生活するヒントをお届けできればと考えています。  「暮らし」を「DIY」するとは、どんなことかというと、DIYの元々の意味=Do It Yourselfに従って、暮らしの中でできることは自分でやってみようというもの。消費型の生活をできる限りやめ、できる限り自分でやってみることで、環境保護にも貢献でき、最終的に持続可能な社会へと変えいく…そんな「ライフスタイル=暮らし方」を追求してみませんか? [続きを読む]
持続する過疎山村
ジャンル:集まる
持続する過疎山村
2014.09.02UP [地域の健康診断 015] 井上 弘司 さん井上 弘司 さん
 日本創成会議が「消滅可能性都市896全リスト」を発表して以降、様々な物議を呼んでいます。896市町村の内、523町村は人口1万人以下ですが、単純に過疎地の人口減少問題と捉えるのではなく、子どもを産める年代がいるかどうかという点では気になるところです。 [続きを読む]
妖精が棲む湖のリゾート地から、森林保護とCO2削減の取り組みモデルを全国に発信!
ジャンル:集まる
妖精が棲む湖のリゾート地から、森林保護とCO2削減の取り組みモデルを全国に発信!
2014.07.29UP [Eco Value Interchange 007] EVI 推進協議会EVI 推進協議会
 長野県北佐久郡立科町に“女神湖”と呼ばれるリゾート地がある。北八ヶ岳・蓼科山の麓に広がる自然豊かな地域で、昭和41年に赤沼平と呼ばれた湿地帯を農業用水のため池として整備された貯水量26万トンの女神湖を中心に広がるエリアだ。 [続きを読む]
現場編(6)実際に救助した動物たち
ジャンル:集まる
現場編(6)実際に救助した動物たち
2014.07.22UP [オーストラリアの野生動物保護 012] 平野 美紀 さん平野 美紀 さん
 今回も引き続き、私がWIRESの活動を通じて実際に救助した動物たちについて、ご紹介させていただきたいと思います。これまで数多くの動物たちの救助に関わってきましたが、中には悲しい結末も待っていました。 [続きを読む]
儲かる農業に変えることは大切だが、儲けのために農家が犠牲になるのは本末転倒
ジャンル:集まる
儲かる農業に変えることは大切だが、儲けのために農家が犠牲になるのは本末転倒
2014.06.24UP [地域の健康診断 014] 井上 弘司 さん井上 弘司 さん
 長崎県のほぼ中央の大村湾に接し、長崎空港がある人口約93,000人の大村市。大村湾に突き出した半島に築城された「玖島城(くしまじょう)」は、藤原純友を祖とするキリシタン大名「大村純忠」が作ったもので、天守閣はなく板敷櫓のみの平山城です。現在、城の一帯は大村公園として整備されており、天然記念物のオオムラザクラや菖蒲など季節折々の花が季節を賑わせます。 [続きを読む]
現場編(5)実際に救助した動物たち
ジャンル:集まる
現場編(5)実際に救助した動物たち
2014.06.03UP [オーストラリアの野生動物保護 011] 平野 美紀 さん平野 美紀 さん
今回は、私がWIRESの活動を通じて、実際に救助した動物たちについてご紹介したいと思います。このコラムの第1回でご紹介した、野生動物の救助&応急処置の資格を取って、最初に入った救助依頼は、カモの雛でした。依頼内容は、近所のビーチで遊んでいた小学生の娘さんが、岩場に取り残されていたカモの雛を連れて帰ってきたので、保護して欲しい、というものです。早速、レスキューキット一式をもって、該当のお宅へ向かいました。 [続きを読む]
カーボン・オフセットを付けて、未利用食材や特産品の商品価値を向上
ジャンル:集まる
カーボン・オフセットを付けて、未利用食材や特産品の商品価値を向上
2014.05.27UP [Eco Value Interchange 006] EVI 推進協議会EVI 推進協議会
 徳島県の特産サツマイモ「なると金時」を栽培する木内農園(鳴門市)がブランド化した『なるとの金太郎』は、通常14回ほど使用する農薬散布を2回ほどに抑えた特別栽培農産物としての栽培と、濃厚な味わいと甘みたっぷりでホクホク食感が特徴だ。購入1箱ごとに1円が、徳島県の森林支援に送られる。 [続きを読む]
上勝町と馬路村を足して2で割った古座川町
ジャンル:集まる
上勝町と馬路村を足して2で割った古座川町
2014.04.01UP [地域の健康診断 013] 井上 弘司 さん井上 弘司 さん
 和歌山県南東部にある古座川町は、森林率約96%、気候は温暖多雨で樹木の育成に適しており、良質な古座川材の産地として古くから知られていました。昭和31年に1町4村が合併し古座川町となりました。合併当時は人口1万人でしたが、林業の衰退で平成26年には3,077人と大きく減少しました。この林業の不振を何とかしたいと山間集落の平井地区の農家2戸が昭和35年代に柚子栽培を始めたことが「古座川ゆず」の始まりとなりました。 [続きを読む]
現場編(4)人に優しい暮らしを目指したら、カモノハシが戻ってきた!
ジャンル:集まる
現場編(4)人に優しい暮らしを目指したら、カモノハシが戻ってきた!
2014.03.18UP [オーストラリアの野生動物保護 010] 平野 美紀 さん平野 美紀 さん
 前回ご紹介した、野生動物との共存をうまくマネジメントし、観光へと繋げているフィリップ島の帰りに、メルボルンで興味深い活動をしている環境NPOを訪ねてきました。持続可能な暮らしを目指す上で欠かせない環境保護の大切さを、広く一般市民に対して啓蒙活動している「CERES(セレス)」というNPO団体です。CERESとは、Centre for Education and Research in Environmental Strategies(環境戦略のための教育と研究センター)の略です。 [続きを読む]
現場編(3)野生動物と共存するために
ジャンル:集まる
現場編(3)野生動物と共存するために
2014.01.14UP [オーストラリアの野生動物保護 009] 平野 美紀 さん平野 美紀 さん
 世界一小さなリトルペンギンは、オーストラリア南東部が主な生息域です。シドニー沿岸部にも生息していますが、人口増加と反比例するように、個体数は激減。私自身は、一度だけ救助したことがありますが、シドニーのペンギンの数は危機的状況で、人間との共存はなかなか大変だと痛感します。そんな中、人間とペンギンの共存を目指して地道な活動を続けることで、個体数を大きく増加させ、さらには観光へと繋げている島があります。今回は、ビクトリア州へと足を延ばし、人間とペンギン、そして、コアラ、野鳥などのあらゆる野生動物との共存のために尽力しているフィリップ島の活動を体験してきました。 [続きを読む]
カーボンオフセットでつながる企業と人 ~森を支える仕組みづくりを育む『EVI環境マッチングイベント2013』
ジャンル:集まる
カーボンオフセットでつながる企業と人 ~森を支える仕組みづくりを育む『EVI環境マッチングイベント2013』
2013.12.24UP [Eco Value Interchange 005] EVI 推進協議会EVI 推進協議会
 2013年11月11日(月)、EVI推進協議会は前年に引き続く第2回となる「EVI環境マッチングイベント2013」を開催した。目的は名称の通り、オフセット・クレジットを創出するカーボンオフセット事業者とその利用を検討する企業等とのマッチングを図ること。オフセット事業者は創出したクレジットを販売して森林整備や環境保全のための資金確保をめざす。一方、購入を検討する企業等は、自社の事業活動等に伴うCO2排出を相殺(オフセット)したり、オフセット・クレジットを活用した消費者参加の環境貢献型の商品プロモーション企画に利用したりする。これらの取り組みを推進することで、国内各地の森林整備や環境保全を促進し、日本の森と水と空気を守ろうというのが主催するEVI推進協議会のめざすところ。 [続きを読む]
3.11被災地のまちではじまった協働の復興プロジェクト
ジャンル:集まる
3.11被災地のまちではじまった協働の復興プロジェクト
2013.11.19UP [地域の健康診断 012] 井上 弘司 さん井上 弘司 さん
 NHKの人形劇「ひょっこりひょうたん島」のモデルの蓬莱島がある大槌町は、3.11東日本大震災による大津波で1,200名を越える町民が尊い命を奪われ、賑わいのあった街は壊滅しました。3階建ての町庁舎も津波に襲われ、町長・幹部ほか行政職員33名が犠牲になりました。あれから2年半、復旧復興に向けたインフラの槌音が各所で響いています。 [続きを読む]
身のまわりで使うあらゆるものを国産木材のものに置き換える
ジャンル:集まる
身のまわりで使うあらゆるものを国産木材のものに置き換える
2013.11.05UP [Eco Value Interchange 004] EVI 推進協議会EVI 推進協議会
 まだ記憶に新しい今夏の猛暑。連日、厳しい真夏日が続き、国内観測史上の最高気温も更新された。各地で相次いだ豪雨や竜巻による被害、季節外れの台風襲来など、まさに近年の異常気象を実感する今日この頃。原因として指摘される地球温暖化の防止対策としては、CO<sub>2</sub>を中心にした温室効果ガスの排出削減とともに、森林などによる吸収・固定の促進が効果的となる。 [続きを読む]
現場編(2)野生動物を診てくれる獣医と専門ケアラー
ジャンル:集まる
現場編(2)野生動物を診てくれる獣医と専門ケアラー
2013.10.08UP [オーストラリアの野生動物保護 008] 平野 美紀 さん平野 美紀 さん
 オーストラリア最大の野生動物保護団体「WIRES」のボランティア活動の現場で起きていることをお伝えする「現場編」。今回は、保護された傷病個体の治療やケアを担当する獣医と専門ケアラーを紹介します。WIRESの野生動物保護に携わるボランティアは、コールセンターから連絡を受けて現場へ急行し、傷ついた動物を保護したら、次の指示を待ちます。ほとんどの場合、保護した動物は傷ついていますので、動物病院へ連れて行くことになります。 [続きを読む]
アートで地域を元気にする
ジャンル:集まる
アートで地域を元気にする
2013.09.03UP [地域の健康診断 011] 井上 弘司 さん井上 弘司 さん
 全国各地でアートによる地域活性化が盛んです。今年の最大規模の芸術祭は香川県を中心に瀬戸内海に面する県が共同開催する「瀬戸内国際芸術祭2013」でしょう。私が関わる山口県宇部市では、1961年の「野外彫刻展」を起源とする「UBEビエンナーレ」が隔年で開催。一般公募コンテストを行い、受賞作は市が買い上げて市街地や公園に常設され、いつでも見ることができます。 [続きを読む]
わが身の安全と、被災地支援とをつなげる試み
ジャンル:集まる
わが身の安全と、被災地支援とをつなげる試み
2013.08.06UP [Eco Value Interchange 003] EVI 推進協議会EVI 推進協議会
9月1日の「防災の日」は、1923年に発生した関東大震災にちなんで1960年に制定された記念日だ。この時期はちょうど台風シーズンにも当たり、災害への備えを注意喚起する意味も込められている。 [続きを読む]
現場編(1)野生動物保護の資格と実際の活動
ジャンル:集まる
現場編(1)野生動物保護の資格と実際の活動
2013.07.16UP [オーストラリアの野生動物保護 007] 平野 美紀 さん平野 美紀 さん
このシリーズの第1回記事でご紹介した、オーストラリア最大の野生動物保護団体「WIRES」では、野生動物保護に関心を持つ人を対象に、必要な知識を身につけるための講習会を実施し、資格制度を設けています。WIRESには、現在2,000名以上の資格保有者が登録されています。 [続きを読む]
休校・廃校を活用する(2)
ジャンル:集まる
休校・廃校を活用する(2)
2013.07.02UP [地域の健康診断 010] 井上 弘司 さん井上 弘司 さん
 高知県高岡郡津野町にある『森の巣箱』は、旧葉山村で廃校となった床鍋小学校をリニューアルした、宿泊もできる木造複合交流施設です。2005年に東津野村と葉山村が合併した津野町は、高知県の中西部に位置します。四国山地の懐に抱かれた林野率約90%の地で、中央部を東西に国道197号線と新荘川が流れ、その道と川沿いに集落が点在しています。 [続きを読む]
野生動物を絶滅に追いやる外来種・2
ジャンル:集まる
野生動物を絶滅に追いやる外来種・2
2013.05.14UP [オーストラリアの野生動物保護 006] 平野 美紀 さん平野 美紀 さん
人間が持ち込んだ本来そこにはいないはずの動物たちが定着すると、その土地の固有種である動物たちが追いやられ、生態系に悪影響を及ぼします。 [続きを読む]
休校・廃校を活用する(1)
ジャンル:集まる
休校・廃校を活用する(1)
2013.05.07UP [地域の健康診断 009] 井上 弘司 さん井上 弘司 さん
 廃校に係わりだしたのは2007年からですが、毎年廃校となる学校が増加していることに少子化を実感しています。ここ数年の廃校発生数(文部科学省データ)をみると平成16年の577校をピークに毎年450から500強の小中高校が廃校となっています。出生率が下がり、国内全体が少子高齢化となっているのだから仕方がないと諦めるのは簡単ですが、それらを要因とする地域社会の歪みは多大です。さらに平成の市町村大合併や地方財政の悪化により学校統合などで廃校が顕著となりました。 [続きを読む]
さらなるCO2削減につながる事業にJ-VERを活かして
ジャンル:集まる
さらなるCO2削減につながる事業にJ-VERを活かして
2013.04.23UP [Eco Value Interchange 002] EVI 推進協議会EVI 推進協議会
 富士山に次ぐ標高日本第2位を誇る北岳をはじめ、数多くの3,000メール級高峰・名峰が連なる赤石山脈は、飛騨山脈および木曽山脈とともに「日本アルプス」として親しまれている。3つの山脈の中では最南端に連ねるため、通称「南アルプス」。その山裾から甲府盆地の西端にかけて広がるのが、山梨県南アルプス市だ。主な産業は、高地地形の緩やかな斜面を生かしたスモモ、モモ、サクランボなどの果樹栽培と、山岳地帯を中心にした観光産業。こうした地域の特性を生かして、同市が省エネ・地球温暖化防止対策として展開しているのが、カーボンオフセット付き農産物の開発・販売と、市民参加による省エネ行動「わくわくエコチャレンジ」。今回は、EVI(Eco Value Interchange)とも縁浅からぬ、南アルプス市のこれらの取り組みについて紹介する。 [続きを読む]
絵のある生活(くらし)が人生を変える
ジャンル:集まる
絵のある生活(くらし)が人生を変える
2013.04.16UP [わが社のエコレポ 003] エコレポ 取材部エコレポ 取材部
 アールビバン株式会社は、主に量販タイプの絵画を取り扱った展示・販売を行っている。社名の「アールビバン(Art Vivant)」は、フランス語で「絵のある生活(くらし)」を意味するという。創業は、バブル期まっただ中の1984年。今年(2013年)の11月でちょうど30年目を迎える。創立当時も今も、日本では欧米諸国に較べて自宅に絵を飾るということが文化として定着していない。 [続きを読む]
豚ふん堆肥燃料でカーボンオフセット? ~削減系クレジットで日本の第一次産業を支える
ジャンル:集まる
豚ふん堆肥燃料でカーボンオフセット? ~削減系クレジットで日本の第一次産業を支える
2013.02.26UP [Eco Value Interchange 001] EVI 推進協議会EVI 推進協議会
 EVI推進協議会は、J-VERクレジットの流通を仲介するためのプラットフォーム「EVI(Eco Value Interchange)」を運営するため、2010年3月に設立された組織だ。環境省マッチング支援事業に採択され、事務局を三菱UFJリース株式会社とカルビー株式会社カルネコ事業部が務めている。活動の目的は、文字通り、“エコの価値”の交換・流通を進めることで“日本の森と水と空気を守る”ことにある。 [続きを読む]
野生動物を絶滅に追いやる外来種
ジャンル:集まる
野生動物を絶滅に追いやる外来種
2013.02.19UP [オーストラリアの野生動物保護 005] 平野 美紀 さん平野 美紀 さん
 オーストラリアには、有袋類をはじめとする固有の野生動物が多く生息しています。他の国には生息していない珍しい動物たちの種を存続させるために、様々な保護対策がとられていますが、最も重視されているのは外来種の問題です。 [続きを読む]
暮らしと産業から思考する軍艦島
ジャンル:集まる
暮らしと産業から思考する軍艦島
2013.02.05UP [地域の健康診断 008] 井上 弘司 さん井上 弘司 さん
 「軍艦島」は島の外観が軍艦と似ていることから付けられた通称で、唐津市、広島県上島町、石川県珠洲市など各地にあります。なかでも有名なのは、長崎港から南西の海上約17.5kmに浮かぶ「端島」です。大正5年に大阪朝日新聞が「軍艦と見間違える」と報道し、さらに長崎日日新聞が戦艦土佐に似ていると報道したことで、「軍艦島」と呼ばれるようになりました。島の周囲約1,200mがすべてコンクリート護岸に覆われた面積6.3haの島です。人工の建物群に埋め尽くされ、そのほとんどが廃墟と化しています。最近では浅見光彦シリーズ『棄霊島』や007シリーズ「スカイフォール」のロケ地になっています。 [続きを読む]
“エコの価値”を交換するためのプラットフォームをつくり、日本の森と水と空気を守る
ジャンル:集まる
“エコの価値”を交換するためのプラットフォームをつくり、日本の森と水と空気を守る
2013.01.08UP [わが社のエコレポ 002] エコレポ 取材部エコレポ 取材部
 去る11月30日(金)、丸の内トラストタワー(東京都千代田区丸の内)N館3階の大会議室で、EVI推進協議会主催の「オフセット・クレジット(J-VER)マッチングイベント2012」が開催された。参加者は、100社から総勢150名ほど。森林整備事業によって産出したオフセット・クレジットを預託する森林関係者と、クレジットの活用を検討する企業担当者の双方から、EVIに対する期待の眼差しが注がれた。 [続きを読む]
動物たちを守るために保護区にする
ジャンル:集まる
動物たちを守るために保護区にする
2012.12.04UP [オーストラリアの野生動物保護 004] 平野 美紀 さん平野 美紀 さん
 オーストラリアでは固有の自然とそこに生息する生き物たちを守るために、該当エリアを保護区に指定し、簡単に開発できないようにすることがあります。保護区には、地方自治体が定めるリザーブ、州政府が定めるステイト・パーク(州立公園)、そして国が定めるナショナル・パーク(国立公園)などがあります。 [続きを読む]
山古志に帰ろう!
ジャンル:集まる
山古志に帰ろう!
2012.10.30UP [地域の健康診断 007] 井上 弘司 さん井上 弘司 さん
東日本大震災から1年8ヶ月が経過しました。各自治体により復興のスピードはまちまちで、地域力の差がそのまま出ています。今から遡ること8年前の2004年10月23日、新潟県中越地方を震源に最大震度7の大地震が襲いました。 [続きを読む]
宅地開発や道路拡張で棲家を奪われる動物たち
ジャンル:集まる
宅地開発や道路拡張で棲家を奪われる動物たち
2012.09.11UP [オーストラリアの野生動物保護 003] 平野 美紀 さん平野 美紀 さん
 シドニーは都会というイメージが強いと思いますが、車でほんの30分も走ると、鬱蒼とした森が広がる国立公園も隣接しています。そうした場所に接して住宅地が広がるため、まちの中 にも野生動物がたくさん生息しています。しかし、近年は人口増加に伴う宅地開発や道路拡張が進んで、動物たちの棲む場所がどんどん狭められています。 [続きを読む]
小学生が地域を育んだ
ジャンル:集まる
小学生が地域を育んだ
2012.08.14UP [地域の健康診断 006] 井上 弘司 さん井上 弘司 さん
 広島県庄原市比和町は「古事記」でイザナミを埋葬した「比婆山」(幻の「ヒバゴン」がいると騒がれた山)がある場所です。この比和町に属する三河内は、「砂子」「鍛冶屋」「かなくそ」「かんな」などの屋号も残っており、古くは「韓鍛冶部(からかぬちべ)」に由来した「神戸(かんべ)」あるいは「韓戸(からべ)」と呼称され、千年以上前から製鉄を生業にする民が生活していたことをうかがわせます。 [続きを読む]
保護の対象となる野生動物は?
ジャンル:集まる
保護の対象となる野生動物は?
2012.07.03UP [オーストラリアの野生動物保護 002] 平野 美紀 さん平野 美紀 さん
地球上の約10%の生物が生息域を奪われたり、気候変動や外来種の侵入などの環境の変化により絶滅の危機に瀕していると言われています。その中で、オーストラリア大陸の固有種が占める割合は、9.1%にものぼるそうです。 [続きを読む]
オーストラリア最大の野生動物保護団体
ジャンル:集まる
オーストラリア最大の野生動物保護団体
2012.05.01UP [オーストラリアの野生動物保護 001] 平野 美紀 さん平野 美紀 さん
オーストラリア大陸はその昔、超大陸『ゴンドワナ大陸』の一部でした。約6,000万年前に起こったとされる大陸分裂により孤立したため、旧大陸の一部であった頃の生態系がそこかしこに残されています。そのため、大陸分裂以前に繁栄した太古の植物や動物たちを今でも容易に見ることができます。 [続きを読む]
集落の元気を生産する「萩の会」
ジャンル:集まる
集落の元気を生産する「萩の会」
2012.04.03UP [地域の健康診断 005] 井上 弘司 さん井上 弘司 さん
浜田市・太田市とあわせて石見三田と呼ばれる島根県益田市は、県内で最も広い面積を有する西部の中心都市です。「万葉集」の代表的歌人・柿本人麿の生誕終焉の地、水墨画家で禅僧の雪舟終焉の地といわれ、2つの柿本神社や雪舟の墓所、雪舟の手がけた庭園があります。 [続きを読む]
縦割りに横串を差す
ジャンル:集まる
縦割りに横串を差す
2012.02.14UP [地域の健康診断 004] 井上 弘司 さん井上 弘司 さん
3.11の大厄災からまもなく一年になろうとしています。報道された映像は走馬燈のごとく過ぎ去り、遅々として復興が進まない被災地には雪が積もり、瓦礫の山を白く覆い隠しました。そして世間の関心もどこかへ移ろいでしまっています。 [続きを読む]
地域を元気にする=自ら考え行動する
ジャンル:集まる
地域を元気にする=自ら考え行動する
2011.12.27UP [地域の健康診断 003] 井上 弘司 さん井上 弘司 さん
皆さんもよくご存じの最高級ブランド「大間のマグロ」を水揚げする大間町が、下北半島の一番先にあることは意外に知られていません。下北半島というと「恐山」や「寒立馬(かんだちめ)」「北限の日本猿」などをテレビで見た方もいると思いますが、その最先端の町が大間町なんです。 [続きを読む]
地域を元気にする=一村一品開発すればいいわけではない
ジャンル:集まる
地域を元気にする=一村一品開発すればいいわけではない
2011.10.17UP [地域の健康診断 002] 井上 弘司 さん井上 弘司 さん
「この農産物が我が町の特産品だから、何とか加工して付加価値をつけて売りたい  1980年に大分県から始まった「一村一品運動」は、国の補助金のあと押しもあり全国各地に拡がりました。しかしせっかく大金をつぎ込んだ農産加工所で作ったものが、必ずしも売れるとは限りません。 [続きを読む]
地域を元気にする=観光地化ではない
ジャンル:集まる
地域を元気にする=観光地化ではない
2011.08.16UP [地域の健康診断 001] 井上 弘司 さん井上 弘司 さん
世界遺産や世界ジオパークの登録認定をきっかけに、地域をブランド化し観光誘致しようという動きがたくさんあります。現在、世界遺産登録を目指して活動しているのは富士山や鎌倉、そして南アルプスなどがあります。世界ジオパークには、北海道の有珠山や糸魚川、雲仙普賢岳のある島原が認定されています。 [続きを読む]
終章:カーボンオフセットの広がりを期待して──
ジャンル:集まる
終章:カーボンオフセットの広がりを期待して──
2011.05.02UP [生活密着型のカーボンオフセットを! 006] 飯田 泰介 さん飯田 泰介 さん
今回は、これまでのコラムの中で触れたカーボンオフセットに関することを、皆さんの生活の中でどう活かしていくか、ふり返ってまとめていきたいと思います。 [続きを読む]
地球のことを想像してみる
ジャンル:集まる
地球のことを想像してみる
2011.01.25UP [生活密着型のカーボンオフセットを! 005] 飯田 泰介 さん飯田 泰介 さん
 連載第4回では、カーボンオフセットが実際CO2削減につながっているのか?ということをお話しました。  今回は少し離れて「地球温暖化」という大きなテーマから、私たちのくらしとCO2のつながりについてお話をさせていただきます。 [続きを読む]
カーボンオフセットは机上の空論じゃない!
ジャンル:集まる
カーボンオフセットは机上の空論じゃない!
2010.09.28UP [生活密着型のカーボンオフセットを! 004] 飯田 泰介 さん飯田 泰介 さん
前回の記事で、カーボンオフセットのためのクレジットを生み出す仕組みやその種類について触れました。今回は、カーボンオフセットの取り組みが、実際にCO2の削減につながっているのか?という疑問について説明したいと思います。 [続きを読む]
カーボンオフセットのためのクレジットを生み出す仕組み
ジャンル:集まる
カーボンオフセットのためのクレジットを生み出す仕組み
2010.07.13UP [生活密着型のカーボンオフセットを! 003] 飯田 泰介 さん飯田 泰介 さん
カーボンオフセット付き商品」や「イベント開催のカーボンオフセット」が、どんな仕組みでCO2排出を相殺しているのか、気になりませんか。あなたがオフセットしたいカーボン(CO2)の量を「排出権」と言います。 [続きを読む]
あなたも社会を変えられる 提言活動に参加しよう
ジャンル:集まる
あなたも社会を変えられる 提言活動に参加しよう
2010.06.01UP [エコ・ボランティア 006] 須藤 美智子 さん須藤 美智子 さん
環境、エコへの関心は高まる一方。自分も何かできないかと考える人も増えています。それに対し、海でゴミ拾いをしたり山に行って植林をしたり、という直接的に環境を改善するボランティア活動だけでなく、法律や制度を変えるよう働きかけることで、環境問題を構造的に解決していこうという活動があります。 [続きを読む]
世界フェアトレード・デー
ジャンル:集まる
世界フェアトレード・デー
2010.04.20UP [フェアトレード 006] 池ヶ谷 二美子 さん池ヶ谷 二美子 さん
毎年5月の第2土曜日は世界フェアトレード・デーです。もともとはWFTO(World Fair Trade Organization:世界フェアトレード機関、旧称IFAT)によって制定されたもので、 [続きを読む]
春!サイクリングの季節
ジャンル:集まる
春!サイクリングの季節
2010.04.06UP [エコ・ボランティア 005] 須藤 美智子 さん須藤 美智子 さん
いよいよ春本番、自転車で走るのが気持ちのいい季節ですね。今回は、自転車にまつわる環境活動についてご紹介します。年齢を問わずブームとなっている自転車は、CO2を出さないエコな乗り物として、いち押しの移動手段です。また、健康面でも、メタボ解消のために自転車通勤をするビジネスマンをみかけることが多くなりました。 [続きを読む]
3つに分類できるカーボンオフセット
ジャンル:集まる
3つに分類できるカーボンオフセット
2010.03.10UP [生活密着型のカーボンオフセットを! 002] 飯田 泰介 さん飯田 泰介 さん
連載第1回では、地球温暖化防止のためのカーボンオフセットの第一段階、「自らの排出量を知る事」「削減努力」について触れました。2回目の今回は、それでも削減が困難な日常生活や経済活動で排出されるCO2をオフセットする取り組みについて紹介していきたいと思います。 [続きを読む]
バレンタインデーのチョコは決まりましたか?
ジャンル:集まる
バレンタインデーのチョコは決まりましたか?
2010.02.12UP [フェアトレード 005] 池ヶ谷 二美子 さん池ヶ谷 二美子 さん
チョコレートの主原料は、カカオです。正確にはカカオの実の中にあるカカオ豆を発酵させ、すりつぶしたもの(カカオマス)が使われています。 [続きを読む]
宅配業界初!CO2排出オフセット100%達成
ジャンル:集まる
宅配業界初!CO2排出オフセット100%達成
2010.02.09UP [わが社のエコレポ 001] エコレポ 取材部エコレポ 取材部
最近、職場の近くで緑色のボックス型のリヤカーを引いた宅配屋さんを見かけることが増えてきました。東名阪地域限定で宅配サービスを行う「エコ配」の配送風景です。 [続きを読む]
プロボノ 仕事のスキルを社会に。
ジャンル:集まる
プロボノ 仕事のスキルを社会に。
2010.02.02UP [エコ・ボランティア 004] 須藤 美智子 さん須藤 美智子 さん
会社や工場の周りの清掃活動や、休日を利用した森林ボランティアなど、企業人が環境ボランティア活動に参加することが一般的になってきました。受け入れる地域・NPOも、参加しやすいプログラムを工夫し、受け入れ態勢を整えているところが増えています。 [続きを読む]
ネパールと日本の手仕事が織りなすファッション
ジャンル:集まる
ネパールと日本の手仕事が織りなすファッション
2010.01.12UP [フェアトレード 004] 池ヶ谷 二美子 さん池ヶ谷 二美子 さん
紙布(しふ)で作られた服をご存じでしょうか。ネパールを中心に活動するネパリ・バザーロというフェアトレード団体とその現地パートナーによって作られたもので、くしゃっとしたその独特の肌触りと天然のシワ加工のような風合いが独特です。 [続きを読む]
CO2を出さない工夫と、どうしても出てしまうCO2のこと
ジャンル:集まる
CO2を出さない工夫と、どうしても出てしまうCO2のこと
2009.11.24UP [生活密着型のカーボンオフセットを! 001] 飯田 泰介 さん飯田 泰介 さん
最近、「カーボン○○」って言葉、増えていると思いません? 「カーボンフットプリント」や「カーボンニュートラル」「カーボンフリー」「カーボンポジティブ」「カーボンオフセット」などなど…。 小難しい話と思って敬遠していたりしませんか。 [続きを読む]
拾って調べて、捨てない人に
ジャンル:集まる
拾って調べて、捨てない人に
2009.11.10UP [エコ・ボランティア 003] 須藤 美智子 さん須藤 美智子 さん
さて、今回のテーマは「ゴミひろい」です。町内会や学校などで、地域の清掃活動を経験したことのある方はいますか?片手にゴミ袋を持ち、長いトングをつかって、煙草の吸殻やガムなどをもくもくと拾い、「全く、マナーがなってないなあ」とつぶやく…。こんなイメージでしょうか。 [続きを読む]
10月1日はコーヒーの日です
ジャンル:集まる
10月1日はコーヒーの日です
2009.10.27UP [フェアトレード 003] 池ヶ谷 二美子 さん池ヶ谷 二美子 さん
コーヒーの原産地はアフリカ、エチオピアといわれています。エチオピアには今でもコーヒーの原木が残っており、人々はコーヒーを日常的に飲むほか、たっぷり時間をかけてお客様のおもてなしをする「コーヒーセレモニー」という習慣があります。 [続きを読む]
農業を応援し、生物の多様性を守る
ジャンル:集まる
農業を応援し、生物の多様性を守る
2009.08.18UP [エコ・ボランティア 002] 須藤 美智子 さん須藤 美智子 さん
「いただきます」。何気なく食事の前に唱えるこの言葉は、「命をいただく」という意味だそうです。このような表現をする国は、世界でも、日本と韓国だけだということです。毎日食べているお米が育つ田んぼの中にはメダカをはじめ、カエル、ホタル、トンボなど多くの生きものが生息し、食べたり食べられたりすることで、バランスを保ち、たわわな稲が育つそうです。 [続きを読む]
フェアトレードな旅をしよう
ジャンル:集まる
フェアトレードな旅をしよう
2009.08.11UP [フェアトレード 002] 池ヶ谷 二美子 さん池ヶ谷 二美子 さん
梅雨があけたらもう夏まっさかりです。夏といえば夏休み。普段なかなかできないことに挑戦できる貴重な機会です。そんな貴重な時間を使って、フェアトレードな旅をしてみるのはいかがでしょうか?フェアトレードは、途上国の生産者や労働者とのフェアな貿易を目指した活動です。 [続きを読む]
キッカケは、すぐそこに。
ジャンル:集まる
キッカケは、すぐそこに。
2009.06.12UP [エコ・ボランティア 001] 須藤 美智子 さん須藤 美智子 さん
環境問題への危機感が高まる中で「何か行動にうつしたいが、どんな活動があるかわからず、きっかけがつかめない」という人は、普段の暮らしの中で興味を持っていることや、できそうなことを考えてみてはいかがでしょうか? [続きを読む]
東京フェアトレード巡りはいかが?
ジャンル:集まる
東京フェアトレード巡りはいかが?
2009.06.01UP [フェアトレード 001] 池ヶ谷 二美子 さん池ヶ谷 二美子 さん
日本におけるフェアトレードの認知度や市場規模は、欧米に比べてまだまだ小さい状態ですが、取扱店舗は徐々に増えてきています。ただ、どれがフェアトレード商品か、どこに売られているのかわからない、といった声もよく耳にします。そこで、今回は東京のショッピング・スポットのひとつである表参道を例にして、どこでどんなフェアトレード商品が買えるのかご紹介しましょう。 [続きを読む]

同じジャンルのレポート一覧

エコレポシリーズ一覧

地域の健康診断
ジャンル:集まる
Eco Value Interchange
ジャンル:集まる
オーストラリアの野生動物保護
ジャンル:集まる
サスティナブルなDIY生活のヒント
ジャンル:集まる
生活密着型のカーボンオフセットを!
ジャンル:集まる
エコ・ボランティア
ジャンル:集まる
フェアトレード
ジャンル:集まる
わが社のエコレポ
ジャンル:集まる

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!