利用規約

メインコンテンツ ここから

EICネット利用規約

第1条 総則

  1. EICネット(以下「本ネット」という。)は、環境に関する情報提供及び情報交流を図ることにより、本ネットの利用者の環境保全に関する理解と活動の促進に資することを目的としています。
  2. 本規約は、本ネットが提供するサービス全体に適用されます。
  3. 本ネットは、一般財団法人環境イノベーション情報機構(以下「財団」という。)が運用するものです。

第2条 会員

  1. 会員は、本規約を承認の上、財団に対して会員登録の申請を行い、財団の承諾を得た個人で、本ネットが提供する通常のサービス全般を利用することができます。なお、財団の判断により、会員の承諾をしない場合があります。
  2. 財団に対して会員登録を行っていない個人は(以下「一般利用者」という)、本ネットのサービスを利用することができますが、掲示板への書込ができない等の制約があります。

第3条 ID及びパスワード

  1. 財団は、会員に本ネット利用のためのID及びパスワードを発行し、通知します。
  2. ID及びパスワードの管理、使用の責任は、当該ID及びパスワードを与えられた個人に帰するものとし、使用上の過誤あるいは第三者による不正使用等について、財団は一切責任を負いません。
  3. ID及びパスワードは、他人に譲渡または貸与することはできません。

第4条 本ネットの運用管理

  1. 財団は、本ネットのサービスの良好な運用を維持するために、本ネットの保守管理作業を行います。
  2. 財団は、その判断で本ネットの運用を一時停止し、保守管理作業を行うことがあります。この場合、本ネットを通じ事前に通知しますが、設備に障害が生じた場合の修理、復旧等緊急の場合は事前の通知を省略します。

第5条 入会費、会費等

  1. 本ネットを利用する際の入会費、会費及び提供された情報に対する費用は無料とします。
  2. 本ネットの情報の利用に際し、必要となる通信費、その他の経費は利用者の負担となります。

第6条 提供内容の保証

  1. 財団は、提供する情報の内容の正確性、有用性等について、財団が自ら作成し提供する情報を除き、一切の責任を負わないものとします。

第7条 提供情報の取扱いと著作権

  1. 本ネットのデータベース上にあるデータの一部又は全部を、財団の許可なく他のネットワーク又は出版物等に転載又は配布することを禁止します。ただし、財団が他への転載、配布等を認める旨記したデータは除きます。
  2. 会員は、本ネット上に自ら著作し掲載した著作物の著作権を有し、その著作物に責任を負うものとします。
  3. 会員及び一般利用者は、本ネット上に掲載された他人の著作物の一部又は全部を他のネットワーク又は出版物等に転載又は配布する場合には、必ず財団及び著作権者の承諾を得ることが必要です。
  4. 会員が本ネット上に掲載した著作物は、当該会員が本ネットの会員である間及び会員でなくなった後においても、財団、会員及び一般利用者が本ネット上においてこれを無償で継続して使用できるものとします。
  5. 財団は、会員が本ネット上に掲載した著作物を、著作権者に対価を支払うことなく他の媒体への転載又は一般への配布ができるものとし、会員はそれを承諾するものとします。転載又は配布に当たっては、原文の趣旨を損なわない範囲で手直しする場合があることについても会員はこれを承諾するものとします。

第8条 禁止事項

本ネットの利用に当たっては、以下の行為を禁止します。

1)他人のID、パスワードを使用すること。
2)本ネット及び本ネットに接続された他のネットワークの運営を妨げること。
3)虚偽の情報を提供するなど、本ネットの利用者又は第三者に不利益をもたらすこと。
4)誹謗、中傷、猥褻等公序良俗に反する情報を流すこと。
5)他人の活動を妨害し又は他人に活動を強要すること。
6)財団の許可なく本ネット上で営利活動を行うこと。
7)本ネット上で選挙運動、布教活動その他これらに類する行為を行うこと。
8)その他法令に反すると判断される行為を行うこと。

第9条 掲載情報の削除

財団は、掲示板等に掲載された著作物の内容を確認し、以下のいずれかに該当する場合、著者の了解なしに掲載内容を削除することがあります。この場合、財団は削除に当たっての理由を開示する義務を負わないものとします。

1)財団が第1条第1項の本ネットの目的にそぐわないと判断した場合。
2)財団が他人の著作権を侵害すると判断した場合。
3)財団が第8条に規定する禁止事項に抵触すると判断した場合。
4)財団が掲示板等の設置の目的にそぐわないと判断した場合。
5)掲載後一定期間を経過した場合。
6)ファイル容量に余裕がなくなるおそれがある場合。

第10条 会員資格の取消

会員が以下のいずれかに該当する行為を行った場合、財団は当該会員の会員資格を取り消すことができます。

1)入会時の申請事項に虚偽の記載をしたことが判明した場合。
2)他人の著作権を侵害する行為を行った場合。
3)第8条に規定する禁止事項に抵触する行為を行った場合。
4)その他会員として不適当と財団が判断するような行為を行った場合。

第11条 会員資格の取消

  1. 財団は、本ネットの利用により発生した全ての利用者の損害について、一切賠償の責を負わないものとします。
  2. 本ネットを利用することにより他人に損害を与えた場合、損害を与えた者は自己の責任により解決するものとし、財団には一切損害を与えないものとします。

第12条 申請事項の変更と退会

  1. 会員は、財団への申請事項に変更が生じた場合、速やかに通知するものとします。
  2. 会員が退会する場合、その旨を財団に届け出るものとします。

第13条 規約の発効

  1. 会員の場合、本規約は財団が会員宛に発送するIDの発行日から効力を生じます。
  2. 一般利用者の場合、本規約は一般利用者が本ネットにアクセスした時点から効力を生じます。

第14条 会員間等で生じた紛争の解決

  1. 本ネット上に掲載された著作物及びデータベース上にあるデータにより、会員相互及び会員と第三者間に生じた紛争は、当該会員が責任をもって解決を図るものとします。
  2. 前項の紛争の解決のために、法令の手続きに基づく当事者の一方からの請求に対して、財団が相手方の住所、氏名を請求者へ提供することがあることを、会員は承諾するものとします。この場合、財団はその趣旨を相手方に通知します。

第15条 規約の改訂

  1. 本規約は、財団の判断により改訂ができるものとし、会員はそれを承諾するものとします。
  2. 財団は、随時、本ネット上で諸規程を発表することができます。当該諸規程は本規約と同等の効力を有するものとします。

第16条 掲示板サービス

  1. 財団は、会員が書き込み、公開される掲示板サービスを提供します。
  2. その他掲示板の運営に必要な事項は、別途定めるものとします。

第17条 (削除)

第18条 合意管轄

会員と財団との間で訴訟が生じた場合、財団所在地を管轄する裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。

第19条 諸法令、諸規則の遵守義務

会員および一般利用者は国内外の諸法令、諸規則を遵守し、従うものとします。

付 則

この規約は、平成11年7月16日から施行します。
平成8年3月12日施行の「EICネット会員規約」は、本規約の施行の日をもって廃止します。
平成19年10月1日 一部改正
平成24年07月1日 一部改正


事務局へのお問い合わせ

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!