メインコンテンツ ここから

「地域の健康診断」バックナンバー

0122013.11.19UP3.11被災地のまちではじまった協働の復興プロジェクト

大津波で壊滅的被害を受けた─岩手県大槌町

 NHKの人形劇「ひょっこりひょうたん島」のモデルの蓬莱島がある大槌町は、3.11東日本大震災による大津波で1,200名を越える町民が尊い命を奪われ、賑わいのあった街は壊滅しました。3階建ての町庁舎も津波に襲われ、町長・幹部ほか行政職員33名が犠牲になりました。あれから2年半、復旧復興に向けたインフラの槌音が各所で響いています。
 この復興計画は3ヶ月という短期間で住民の復興協議会に提示されました。防潮堤の嵩上げや土地利用区分などを盛り込んだものですが、復興を急ぐあまり、行政主導の決定案に対して住民への周知が不足したことで、町民の間に疑義や不満が噴出しました。これは一方的に行政が悪いのではなく、多くの職員が犠牲になったため、震災後に地元人材が決定的に不足するなかで、住民とのコネクションもなく、風土や地区の事情を知らない他地域からの行政職員の応援に頼らざるを得なかったからです。

蓬莱島(ひっこりひょうたん島)
蓬莱島(ひっこりひょうたん島)

津波で壊滅した大槌町役場
津波で壊滅した大槌町役場

復興の人材を創出する「おらが大槌夢広場」

大槌復興食堂
大槌復興食堂

 平成23年11月11日、復興計画は行政と町民で合同プロジェクトの運営を行い、事業を試行することで信頼を勝ち得なければいけないと判断。未来の大槌町の「あるべき協働のカタチ」を具現化するため、町民や専門家を含め幅広い知識や行動力を結集する「一般社団法人おらが大槌夢広場」が設立されました。
 最初に手を付けたのが「おらが大槌復興食堂」と震災に関する資料を集めた「復興館」の開設でした。大槌町に支援で訪れる人へのおもてなしと大槌の将来を語り合えるサロンとして、さらに雇用機会を提供する意味を込めた交流拠点には、町の復興計画や人々の動きを知らせる「大槌新聞」や震災前の町の記憶を辿るジオラマ、災害時の写真などが置かれています。
 同法人のメイン業務は“皆が共に夢を見つけ、育て、叶える場所です。そのために人が人を育て、人がまちをつくる事業を行っています”という理念からくる「人づくり」からの「まち育て」です。震災後に勃興したビジネスは、どこからか拾ってきた模倣や改変した商品・サービスで、将来を見据えたとき過当競争になることが懸念されました。地元住民にも「雇用されること=働くこと」という固定観念がありました。まずはこれらの考え方を変える必要がありました。
 そこで「おらが大槌夢広場」では、ビジネスを高度化する、ニュービジネスにチャレンジしたい人をバックアップすることに着手しました。震災によりやむなく失業状態になった人や、故人の思いを実現したい人など、従来型のコミュニティ・ビジネスでは採択されにくい案件も想定されます。被災地の実情が考慮されないありきたりの戦略や手法の起業家育成セミナーでは、お茶を濁す程度でリアルな仕事づくりとなりません。
 この課題を打開するには、“志やビジョンに裏打ちされた起業家精神で、革新を事業体の文化に昇華させること”が重要と判断し、起業者の育成過程では成長ステージや地域特性、被災地ならではの事情を考慮しながら、一人一人ハンズオン型のサポートとしました。

若者が光り輝く

イタリアンレストラン「バールリート」
イタリアンレストラン「バールリート」

 そのひとつの事例で、復興食堂で働いていた28歳の若者が2013年2月に、イタリアンレストラン「バールリート」を赤浜にオープンしました。まだまわりは津波の爪痕がそのまま残り街からは外れた立地でしたが、仲間の支援もあって、開店時から若者を中心に中高生たちが多く訪れ賑わっています。オーナーは「震災が自分を変えた。自分たちのような若手が良い町にして、人がたくさんきてもらえるようにしたい。チャレンジの見本になりたい」と力強く言います。
 さらに同法人は子どもたちに蓄積する喪失感や焦燥感などの感情を払拭して地域の未来を託したいと「こども議会」の運営という実にユニークな取り組みをしています。
 20~25名の女子高生を集め毎月実施する「こども議会」では、大槌の復興に向かって自分たちは何ができるか、より若い世代の子どもたちをどう集めるかなど試行錯誤の中で毎回真剣に論議しており、2012年は4回の議会を経て町長に3つのプロジェクトを提案しました。この活動から“内陸×沿岸”の女子高生料理対決やガールズコレクションへの招待といったスピンオフ企画も飛び出しました。

このレポートは役に立ちましたか?→

役に立った

役に立った:0

このレポートへの感想をお送りください。
投稿いただいた感想は事務局チェック後に掲載されます。

ニックネーム
感想
 
送信する入力内容クリア
地域の健康診断

「地域の健康診断」トップページ

エコレポ「地域の健康診断」へリンクの際はぜひこちらのバナーをご利用ください。

リンクURL:
http://econavi.eic.or.jp/ecorepo/together/series/29

バックナンバー

  1. 001「地域を元気にする=観光地化ではない」
  2. 002「地域を元気にする=一村一品開発すればいいわけではない」
  3. 003「地域を元気にする=自ら考え行動する」
  4. 004「縦割りに横串を差す」
  5. 005「集落の元気を生産する「萩の会」」
  6. 006「小学生が地域を育んだ」 -広島県庄原市比和町三河内地区-
  7. 007「山古志に帰ろう!」
  8. 008「暮らしと産業から思考する軍艦島」
  9. 009「休校・廃校を活用する(1)」
  10. 010「休校・廃校を活用する(2)」
  11. 011「アートで地域を元気にする」
  12. 012「3.11被災地のまちではじまった協働の復興プロジェクト」
  13. 013「上勝町と馬路村を足して2で割った古座川町」
  14. 014「儲かる農業に変えることは大切だが、儲けのために農家が犠牲になるのは本末転倒」
  15. 015「持続する過疎山村」
  16. 016「したたかに生きる漁村」
  17. 017「飯田城下に地域人力車が走る」 -リニア沿線の人力車ネットワークをめざして-
  18. 018「コミュニティカフェの重要性」
  19. 019「伝統野菜の復興で地域づくり」 -プロジェクト粟の挑戦-
  20. 020「地元学から地域経営へ 浜田市弥栄町の農村経営」
  21. 021「持続する『ふるさと』をめざした地域の創出に向けて」
  22. 022「伊勢木綿は産業として残す」
  23. 023「北海道最古のリンゴ「緋の衣」」
  24. 024「風土(フード)ツーリズム」
  25. 025「ゆきわり草ヒストリー」
  26. 026「活かして守ろう 日本の伝統技術」
  27. 027「若い世代の帰島や移住が進む南北約160kmの長い村」 -東シナ海に浮かぶ吐喝喇(トカラ)列島(鹿児島県鹿児島郡十島村)-

前のページへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!