メインコンテンツ ここから

「オーストラリアのユニークな自然環境に迫る!」バックナンバー

0242022.08.09UP豪雨がもたらす様々な被害、感染症と食糧不足の懸念-地球の息吹を感じるオーストラリアの旅先案内-

増水すると氾濫するが、普段は穏やかなホークスベリー川。 © Destination NSW

 オーストラリア南東部では、今年の2月から平年を遥かに超える雨量となるほど、雨が多く降っています。夏の終わりから局所的な豪雨にも見舞われ、各地で洪水が発生し、約50万人に避難指示が出されました。この豪雨は「1,000年に一度」ともいわれるほどの大量の雨を降らせ、3月初旬までで少なくとも17人が死亡するなど、大きな被害が発生しましたが、その後もほぼ同規模の豪雨が何度も襲ってきています。

 シドニー西部に位置するホークスベリー川周辺の地域では、この1年半の間に4回もの洪水に見舞われ、家屋浸水の片付けが終了したと思ったら、また浸水して一からやり直し…という悲惨な状況になっています。この地域では、7月の洪水の際には、牛や羊などの家畜やペットなどの動物用の避難所も用意されたほどです。


【動画】今年2月のニューサウスウェールズ州北部の町リズモアを襲った洪水被害の様子。


【動画】1年半で4回もの洪水被害に見舞われたシドニー西部

水害に由来する様々な感染症の懸念

 不安定な天候はまだ続いていますが、夏の終わり頃から地面が乾くことがないほど、雨が断続的に降り続いている状況のため、水害地域の泥水・汚水に由来する様々な感染症が懸念されています。

 例えば、まだ気温が高い時期には、水溜まりが蚊の大量発生の根源となり、蚊が媒介する「日本脳炎」が発生。南東部の地域にある73の養豚場で日本脳炎ウイルスが確認され、35人以上が感染し、ビクトリア州やニューサウスウェールズ州では3人が死亡しました。

 また、7月に入ってからは、ペットや人間に感染すると死に至ることもある「レプトスピラ症」が発生。このレプトスピラ症は、ネズミ類が感染源となることが多い感染症で、雨続きのジメジメとした天候によるネズミの大繁殖が一因なのだそうです。ニューサウスウェールズ州やキャンベラ首都特別地域では、すでに数匹の犬が感染後に死亡。ネズミが繁殖している場所にできた水溜まりなどの汚水を散歩中の犬が飲んでしまうことで感染の危険性が高まるため、獣医師は飼い主に注意するよう呼びかけています。

水害で農産物や水産物に被害

一時はレタス1個が10豪ドルと、日本円にして約千円にまで上昇。 © Miki Hirano

 既に半年近くという長い期間、度々洪水被害に見舞われているため、様々な食料に影響がでています。とくにニューサウスウェールズ州で洪水被害が甚大だった地域は、レタスなどの葉物野菜の生産地でもあったため、南東部地域のレタスの価格が高騰。一時は、1個あたり日本円にして1,000円程度にまで上昇。ハンバーガーやサンドウィッチにレタスを使用するファーストフード店では、価格高騰で供給不足からキャベツを混ぜて提供するほどまでになっていました。また、ちょうど収穫時期を迎えていたインゲンにも大きな被害が出てしまい、価格が急上昇しました。

 豪雨による被害は、農地がある陸上だけにはとどまりません。河川に流れ込んだ大量の水は、そのまま海へと流れ込みます。なかでも大きな被害を受けているのが、河口で行われている牡蠣の養殖です。シドニー西部で甚大な被害を受けたホークスベリー川は、シドニーに最も近い牡蠣の養殖場として知られていますが、昨年末から増水が続き、6月半ばまで収穫ができずにいたそうです。また、ニューサウスウェールズ州北部の牡蠣養殖が盛んな地域では、泥水が流れ込み、養殖していた牡蠣に被害がでているため、価格高騰が懸念されています。

 2019年から2020年初頭に起こった大規模森林火災は、それまで何年にも渡って続いていた少雨と干ばつが原因でしたが、それが過ぎ去った後、豪雨で恐怖を感じるほどの大量の降雨となっているオーストラリア。『気候変動』が叫ばれて久しいですが、極端化する気候は今後も様々な被害をもたらしそうです。

ホークスベリー川河口をはじめ、ニューサウスウェールズ州沿岸部では牡蠣の養殖が盛ん。 © Destination NSW

小粒でもクリーミーで濃厚な牡蠣「シドニー・ロックオイスター」 © Destination NSW


このレポートは役に立ちましたか?→

役に立った

役に立った:4

このレポートへの感想をお送りください。
投稿いただいた感想は事務局チェック後に掲載されます。

ニックネーム
感想
 
送信する入力内容クリア
オーストラリアのユニークな自然環境に迫る!

「オーストラリアのユニークな自然環境に迫る!」トップページ

エコレポ「オーストラリアのユニークな自然環境に迫る!」へリンクの際はぜひこちらのバナーをご利用ください。

リンクURL:
http://econavi.eic.or.jp/ecorepo/go/series/50

バックナンバー

  1. 001「知っているようで、意外と知らないオーストラリアという国。」
  2. 002「自然環境を大きく変えるグレートディヴァイディング山脈」 -ニューサウスウェールズ州-
  3. 003「世界最大の珊瑚礁と世界最古の熱帯雨林」 -クイーンズランド州-
  4. 004「コンパクトな地の利と多様な環境が育む‘食の宝庫’」 -ビクトリア州-
  5. 005「原始の森に包まれた世界でいちばん空気がきれいな島」 -タスマニア州-
  6. 006「乾燥と寒暖差を利用した世界屈指のワイン産地」 -南オーストラリア州-
  7. 007「インド洋に沈む夕日と独自の生態系が見られる資源の宝庫」 -西オーストラリア州-
  8. 008「湿潤な森と湿原、乾燥した砂漠の2つの顔を持つ準州」 -ノーザンテリトリー準州-
  9. 009「二大都市間に計画的に造られた政治の中枢都市」 -キャンベラ首都特別地域-
  10. 010「その昔は海だった!? 5億年以上前の地球を目の当たりにする、ウルル-カタジュタ国立公園」 -地球の息吹を感じるオーストラリアの旅先案内-
  11. 011「地球にとって重要な古生物が今も生き続けるシャーク湾」 -地球の息吹を感じるオーストラリアの旅先案内-
  12. 012「地球が生んだ七色の宝石と過酷な環境で暮らす地下都市・クーバーペディ」 -地球の息吹を感じるオーストラリアの旅先案内-
  13. 013「自然界の偶然が生んだ奇跡の楽園!不思議な世界最大の砂島・フレーザー島」 -地球の息吹を感じるオーストラリアの旅先案内-
  14. 014「砂漠地帯に残された氷河期の人類の足跡・ウィランドラ湖群地域」 -地球の息吹を感じるオーストラリアの旅先案内-
  15. 015「オーストラリア史上最悪の森林火災はなぜ起きたか」 -地球の息吹を感じるオーストラリアの旅先案内-
  16. 016「大規模森林火災でコアラ数万頭が犠牲になったカンガルー島」 -地球の息吹を感じるオーストラリアの旅先案内-
  17. 017「世界一幸せな動物“クオッカ”が棲むロットネスト島」 -地球の息吹を感じるオーストラリアの旅先案内-
  18. 018「驚くほど白い砂はなぜそこにあるのか?謎に包まれた純白の砂浜・ホワイトヘブン・ビーチ」 -地球の息吹を感じるオーストラリアの旅先案内-
  19. 019「はやぶさ2が帰還した、何千年も前から変わらぬ風景が広がるウーメラ」 -地球の息吹を感じるオーストラリアの旅先案内-
  20. 020「地球上の植物の歴史と進化を垣間見る、世界遺産ブルー・マウンテンズ」 -地球の息吹を感じるオーストラリアの旅先案内-
  21. 021「コロナ禍の観光客減によるグレート・バリア・リーフへの影響」 -地球の息吹を感じるオーストラリアの旅先案内-
  22. 022「オーストラリアの研究から見る、トンガの火山噴火。なぜ巨大規模噴火になったのか?」 -地球の息吹を感じるオーストラリアの旅先案内-
  23. 023「グレートバリアリーフの取り組みから考えるサンゴ礁の保全 ~豪州と日本を繋ぐ公開授業」 -地球の息吹を感じるオーストラリアの旅先案内-
  24. 024「豪雨がもたらす様々な被害、感染症と食糧不足の懸念」-地球の息吹を感じるオーストラリアの旅先案内-

前のページへ戻る