メインコンテンツ ここから

「北海道で飲食店をやりながら生きていく」バックナンバー

0132021.11.02UPハンターになって5年目の猟期

山では安心して手順を踏む事が大事

10月、今年の猟期開始

10月、今年の猟期開始

 さて、10月が始まり、今期の狩猟も始まりました。
 毎回この日は安全猟を心掛けるのですが…。早速初日からはまってしまいました。


 まずは落ち着いてウインチで脱出します。
 無事に窪みから脱出しましたので、チェーンソーで枝を集めて埋めていきます。ローギアに入れて、バックで無事に脱出。猟期前にウインチとチェーンソーの整備をしっかりと行っていたのが功を奏しました。
 山では安心して手順を踏む事が大事ですね。焦って判断を謝ってしまつと、一瞬で状況が悪化してしまうので、道具に安心感を持つのが重要だと思います。

窪みにはまって、ウインチで脱出

窪みにはまって、ウインチで脱出

土と同化してしまっているタイヤ…

土と同化してしまっているタイヤ…


秋の山は、有機物に溢れている

 ここから先は車では走行できないので、歩いて狩猟をします。

落ちていた鹿のスカル

落ちていた鹿のスカル

「落葉」という高級キノコ

「落葉」という高級キノコ


 やっぱり山はいいですね。有機物に溢れています。
 「落葉」というキノコは、8月~10月に生える茸で、猟期始めに山を歩くとチラチラと生えています。キロ5~6000円する高級茸です。

天然の「山栗」

天然の「山栗」

 天然栗というのも、今では中々見かけないのではないのでしょうか?
 栗仕事というのも、料理人の大切な仕事ですね。ご家庭では手間がかかりすぎますから。
 (※狩猟中の山菜取りや釣りは違法なのでやめましょう)


オンタ捕獲

 そうこうしている内に、鹿が現れ発砲をしました。
 今期初の発砲ですね。当たっているでしょうか?

べっとりとした血痕は命中の証拠

べっとりとした血痕は命中の証拠

血痕を求めて鹿を追跡

血痕を求めて鹿を追跡


 ベットリとした血痕ですね。いい所に当たっているでしょう。
 鹿の追跡は何度やっても楽しいです。これぞ狩猟の醍醐味ですね!

撃ち取った雄鹿(オンタ)

撃ち取った雄鹿(オンタ)

 オンタ捕獲です!やりました! 至近距離でしたが、撃つ時はやはり緊張しますね。いくら近くても、外す時は外しますので。


 さて、肉が悪くならない内に解体をしていきます。

肉が悪くならない内に現地で解体

肉が悪くならない内に現地で解体

背ロースを剥ぎ取り

背ロースを剥ぎ取り


 この時期、鹿は冬に向けて脂肪を蓄えます。改めて見ると凄い脂ですね。これはいいお肉です。

角も大きかったので、切り落としましょう

角も大きかったので、切り落としましょう

内蔵を開けてみると、心臓を直撃していました

内蔵を開けてみると、心臓を直撃していました


 鹿は心臓を撃ち抜かれた状態でも、何百mも走る事があります。オスの鹿は特に強いですね。

骨皮付きの脚は1本15~20㎏にもなる

骨皮付きの脚は1本15~20㎏にもなる

目印を付けて、車まで何度も往復して運搬

目印を付けて、車まで何度も往復して運搬


 両腿も持っていきましょう。あまりわからないですが、オス鹿のモモはとても大きいです。皮と骨がついている状態だと、15~20kgあります。
 しっかりと目印をつけて何度も往復し、肉を運びます。
 この作業はいつも汗だくになりますが、猟期が始まった事を実感する事でもあります。命の重みです。

大自然に一人、狩猟をする自分

大自然に一人、狩猟をする自分

 絶景の中の大自然に一人、狩猟をする自分。
 今年もこの時がやってきました。
 かけがえのない時間を大切にしつつ、今期も安全猟を心掛けて、狩猟に励みたいと思います。


このレポートは役に立ちましたか?→

役に立った

役に立った:0

このレポートへの感想をお送りください。
投稿いただいた感想は事務局チェック後に掲載されます。

ニックネーム
感想
 
送信する入力内容クリア

前のページへ戻る