メインコンテンツ ここから

総件数:128件 PAGE 1/13 1 2 3 4 5

ブラインドサッカーを支える人たち
ジャンル:集まる
ブラインドサッカーを支える人たち
2022.06.28UP [『ブラサカ(R)』の持つ力を社会に! 011] 佐藤 豪さん佐藤 豪さん
 “ボランティア”と聞くと、みなさんはどんなイメージをするでしょうか??社会貢献、奉仕活動、いろいろあるのではないでしょうか。中には多くの現場でボランティアをされている方もいることと思います。...[続きを読む]
廃校活用の未来
ジャンル:集まる
廃校活用の未来
2022.06.14UP [地域の健康診断 047] 井上 弘司 さん井上 弘司 さん
厚生労働省が6月に発表した2020年の人口動態統計によれば、1人の女性が生涯に産む子どもの数を示す合計特殊出生率が1.34となり、5年連続の低下している状況です。...[続きを読む]
【奥州市牛の博物館】牛のこと、牛と私たちのこと「牛品種手ぬぐい」
ジャンル:集まる
【奥州市牛の博物館】牛のこと、牛と私たちのこと「牛品種手ぬぐい」
2022.05.31UP [ミュージアムグッズを入り口に 005] 大澤 夏美さん大澤 夏美さん
今回紹介するミュージアムは岩手県にある奥州市牛の博物館。その名の通り、牛にまつわる専門のミュージアム。もちろん牛のミュージアムグッズが豊富で興味深いのです。...[続きを読む]
地域の価値創造
ジャンル:集まる
地域の価値創造
2022.03.29UP [地域の健康診断 046] 井上 弘司 さん井上 弘司 さん
2020年以降、新型コロナウイルスの影響により、オーバーツーリズムと言われたインバウンドは消滅し、国内旅行も緊急事態宣言やまん防により、地方の観光は壊滅的な打撃を受ける一方で、ワーケーションなど、新たな旅のトレンドがいくつか生まれてきた。...[続きを読む]
【知床羅臼ビジターセンター】野生動物のきらめきを手に「シレトコ野帳」
ジャンル:集まる
【知床羅臼ビジターセンター】野生動物のきらめきを手に「シレトコ野帳」
2022.03.22UP [ミュージアムグッズを入り口に 004] 大澤 夏美さん大澤 夏美さん
今回ご紹介するのは、北海道にある知床羅臼ビジターセンター。環境省が知床半島の羅臼町に設置し、地域の自然や文化などを今に伝え、知床国立公園を楽しむために必要な情報を発信しています。...[続きを読む]
進む選手育成。混ざり合う社会の担い手。
ジャンル:集まる
進む選手育成。混ざり合う社会の担い手。
2022.03.15UP [『ブラサカ(R)』の持つ力を社会に! 010] 佐藤 豪さん佐藤 豪さん
 マイナースポーツが発展していくためには大なり小なり社会的インパクトが必要です。それには競技として結果でインパクトを出すことが必須で、それによって社会に対して競技との接点を持たせていくことができます。今回は、競技強化をめざすブラインドサッカーの選手育成の取り組みと表れてきた成果について紹介します。...[続きを読む]
【京都水族館】実物を観察しているみたい「オオサンショウウオぬいぐるみ」
ジャンル:集まる
【京都水族館】実物を観察しているみたい「オオサンショウウオぬいぐるみ」
2022.01.25UP [ミュージアムグッズを入り口に 003] 大澤 夏美さん大澤 夏美さん
京都水族館の入り口を入ってすぐの水槽で存在感を示しているのが、今回のテーマ、オオサンショウウオです。いつ訪れても、「こんなに大きいなんて知らなかった」「京都に住んでるけど初めて見たな」などと、来館者が驚きと興奮の表情でその姿を見つめています。...[続きを読む]
ヒトを呼ぶパワー(後編)
ジャンル:集まる
ヒトを呼ぶパワー(後編)
2021.12.21UP [地域の健康診断 045] 井上 弘司 さん井上 弘司 さん
交通に不便な山村では、子どもが高校へ通う年代になると街に出て行き、後に残るのは空き屋と遊休農地という傾向が昭和以降から今も続いています。地域の子どもを減らし、担い手を減らして、何を獲得したのでしょうか。...[続きを読む]
東京パラリンピックを終えて、これからのパラスポーツと共生社会
ジャンル:集まる
東京パラリンピックを終えて、これからのパラスポーツと共生社会
2021.12.14UP [『ブラサカ(R)』の持つ力を社会に! 009] 佐藤 豪さん佐藤 豪さん
コロナウィルスの影響で1年延期となった東京オリンピック・パラリンピックも、無観客という形ではありながら、何とか実施されました。 それまで感染状況に戦々恐々とし、心落ち着かぬ生活を送っていたなかで、やはりスポーツというものの持つエネルギーをまざまざと見せつけられた今回のオリンピック・パラリンピックであったような気がします。...[続きを読む]
【鳥羽市立 海の博物館】海と生きる姿を描いた「海女さんメモロール」
ジャンル:集まる
【鳥羽市立 海の博物館】海と生きる姿を描いた「海女さんメモロール」
2021.11.09UP [ミュージアムグッズを入り口に 002] 大澤 夏美さん大澤 夏美さん
皆さんは海女という職業のことを、どこまでご存じでしょうか。素潜りでアワビやサザエ、海藻などをとる漁をする女性たちで、鳥羽市立海の博物館がある三重県鳥羽志摩地方でも活躍しています。 この博物館のオリジナルグッズ、「海女さんメモロール」は、そんな海女の皆さんがどんな風に日々お仕事をしているのか、その生活を3コマ漫画で表現したメモです。...[続きを読む]

総件数:128件 PAGE 1/13 1 2 3 4 5