メインコンテンツ ここから

「国立公園Walker」バックナンバー

0642014.08.12UP晩夏の普賢岳新登山道を歩く

雲仙の魅力が詰まった新登山道

 雲仙は長崎県島原半島の中央にそびえる火山群の総称で、昭和9年3月、日本で最初の国立公園に指定され、今年80周年を迎えました。主峰の普賢岳(1,359m)は、平成2年から約4年半続いた噴火によって広く知られ、その際にできた溶岩ドームは「平成新山」(1,483m)という新しい山として、今では長崎県の最高峰であるとともに、国の天然記念物にも指定されています。
 平成新山一帯は崩落の危険があるために立ち入りが厳しく制限されていますが、一昨年の5月、普賢岳の新登山道が開通し、この平成新山を間近に望むことができるようになりました。

いざ新登山道へ!

 普賢岳新登山道の入り口となる鬼人谷口(きじんだにぐち)は、駐車場のある仁田峠から、あざみ谷方面に歩いて45分ほどのところにあり、ここから鳩穴分かれまでは、鬼人谷に沿って比較的緩やかな登りとなります。
 鬼人谷はミソサザイやオオルリなどの渓谷を好む野鳥が多く、美しい声が谷全体に響き渡ります。また植物では、8月にはクサアジサイやホツツジ、9月にはオオマルバノテンニンソウ(ツクシミカエリソウ)などの花が登山者の目を楽しませてくれます。特筆すべきは鬼人谷の地名を読み間違えて名付けられたオニビトノガリヤス(ウンゼンノガリヤス)で、種子植物では雲仙唯一の特産種とされ、世界でもこの鬼人谷一帯にしかない貴重な植物です。
 暑さの厳しい8~9月、ぜひ足を休めてほしいスポットが「西の風穴」と「北の風穴」です。これらの溶岩洞窟の中は夏でも温度が4℃以下に保たれており、洞口から溢れ出てくる冷気は、登山で火照った体を心地よく冷やしてくれます。真っ白な冷気が一帯に広がる様子を目で見て体感できるのも、気温が高いこの時期ならではです。
 北の風穴と、そこからほど近い鳩穴分かれは眺望が素晴らしく、よく晴れた日には島原半島の北東部から諫早湾・有明海を経て、対岸の多良岳や大牟田方面を望むことができます。

クサアジサイ
クサアジサイ

ホツツジ
ホツツジ

オオマルバノテンニンソウ
オオマルバノテンニンソウ

オニビトノガリヤス
オニビトノガリヤス

白い冷気が溢れ出る北の風穴
白い冷気が溢れ出る北の風穴

大迫力の平成新山と色とりどりの草花たち

 普賢岳新登山道唯一の難所(?)である鳩穴分かれからの石段を15分ほど登り、尾根に出ると、間もなく立岩の峰に到着します。眼前には雄大な平成新山がそびえ、所々から立ち上っている水蒸気からは大地の息吹が感じられます。
 平成新山の迫力を十分に満喫したら、霧氷沢へと下ります。9月に岩壁一面に咲き誇るダイモンジソウは、5月のヒカゲツツジと並ぶ霧氷沢の名物です。また、ツクシコウモリやフクオウソウなど多くのキク科植物が咲いており、彩りを添えています。
 晩夏~初秋の草花を楽しんだら、あとはほぼ平坦な道を10分少々歩くと普賢岳に到着します。山頂にある「普賢岳」と書かれた標柱から平成新山を見ると、その左下には立岩の峰が見え、つい先ほど歩いてきた道程を振り返ることができます。上空を見上げると、やがて南へと渡っていくツバメやアマツバメが飛び回っています。
 秋へと移ろう空を感じた後は、森林浴の森100選にも選ばれているあざみ谷へと下ります。ソバナやウンゼンアザミの花が道沿いに点々と咲き、野鳥の水飲み場ではヤマガラやシジュウカラなどの可愛らしい姿が見られるでしょう。ここから緩やかなアップダウンを20分ほど歩くと、スタート地点の仁田峠です。

立岩の峰から望む平成新山
立岩の峰から望む平成新山

ダイモンジソウ
ダイモンジソウ

ツクシコウモリ
ツクシコウモリ

アマツバメ
アマツバメ

ソバナ
ソバナ

ウンゼンアザミ
ウンゼンアザミ

周辺マップ
周辺マップ

文・写真:(一財)自然公園財団 雲仙支部 中薗 洋行

このレポートは役に立ちましたか?→

役に立った

役に立った:2

このレポートへの感想

登山道のポイント毎に、特色ある動植物の情報が散りばめられていて、とても参考になりました。また登りたくなりました。
(2014.08.15)

このレポートへの感想をお送りください。
投稿いただいた感想は事務局チェック後に掲載されます。

ニックネーム
感想
 
送信する入力内容クリア
国立公園Walker

「国立公園Walker」トップページ

エコレポ「国立公園Walker」へリンクの際はぜひこちらのバナーをご利用ください。

リンクURL:
http://econavi.eic.or.jp/ecorepo/go/series/8

バックナンバー

  1. 001「新緑の上高地」 -花々との競演-
  2. 002「白色に染まる栂平(つがだいら)」
  3. 003「釧路川をカヌーで下る」
  4. 004「美笛の滝を訪ねる」
  5. 005「小田代原の草紅葉」
  6. 006「草津白根の秋」
  7. 007「みちのくのリゾートで湯治」
  8. 008「高千穂峰のご来光」
  9. 009「冬の瞰湖台(かんこだい)を歩く」
  10. 010「知床の流氷」
  11. 011「箱根仙石原 ススキ草原を守る野焼き」
  12. 012「迫力満点の鳴門の渦潮を見る」
  13. 013「宮崎・えびの高原のミヤマキリシマ」
  14. 014「新緑の中で足湯」
  15. 015「大山の高山植物群落を訪ねる」
  16. 016「洞爺湖有珠山ジオパークの魅力」
  17. 017「秋の砂丘をゆく」
  18. 018「秋の雲仙」
  19. 019「川湯のハイマツ」
  20. 020「冬の大沼国定公園」
  21. 021「阿寒湖氷上のスノーシュー散策」
  22. 022「阿蘇の野焼き」
  23. 023「吾妻の春を告げる雪うさぎ」
  24. 024「青い水がめ・支笏湖(しこつこ)」
  25. 025「奥日光ののんびりスポット」
  26. 026「仙石原湿原の初夏」
  27. 027「雲海と夕景と朝日・夏の十和田湖」
  28. 028「知床五湖・転換期のメッセージ」
  29. 029「秋の鳴門」
  30. 030「高千穂河原周辺情報」
  31. 031「上高地の野鳥」
  32. 032「草津の森をスノーシューで歩く」
  33. 033「新燃岳噴火を乗り越えて…冬のえびの高原」
  34. 034「冬の登別観光」
  35. 035「歩いて楽しむ雪の八幡平」
  36. 036「春遠し 摩周湖」
  37. 037「鳥取砂丘の地形・地質を楽しもう!」
  38. 038「カルデラ地形を望む 阿寒岳の登山!」
  39. 039「大沼国定公園のもう一つの魅力」
  40. 040「浄土平でスターウォッチング」
  41. 041「ジオパークを目指す箱根」
  42. 042「大山(だいせん)のお楽しみ」
  43. 043「秋の阿蘇草原」
  44. 044「支笏湖が創る芸術作品「しぶき氷」」
  45. 045「奥日光で「雪」を楽しむ!」
  46. 046「冬のTOYA(洞爺)」
  47. 047「雲仙の春」
  48. 048「春の大沼国定公園の楽しみ方」
  49. 049「阿蘇の草原とあか牛」
  50. 050「火山×ミヤマキリシマ in 高千穂河原」
  51. 051「阿寒カルデラで楽しいのって、いつなの?  今でし…!? いいえ通年です」
  52. 052「白根山でリンドウを楽しもう。」
  53. 053「上高地、色彩の秋から初冬へ」
  54. 054「見どころ溢れる秋の十和田湖」
  55. 055「知床五湖の原生林と開拓の歴史~自然保護の歩み」
  56. 056「八幡平 雪の世界」
  57. 057「冬こそ!砂丘へ行こう!」
  58. 058「雄大な鳴門海峡の自然現象」
  59. 059「大山の森を巡って」
  60. 060「「南北海道国立・国定公園巡りスタンプラリー」にご参加を。」
  61. 061「箱根は隠れた鳥の楽園!?」
  62. 062「『今だけ』がいっぱい!戦場ヶ原ハイキングのススメ」
  63. 063「霧降高原は今…」
  64. 064「晩夏の普賢岳新登山道を歩く」
  65. 065「洞爺湖有珠山ジオパークのサイト維持活動」 -旧とうやこ幼稚園の価値を、自分たちで守ろう!-
  66. 066「秋の浄土平」
  67. 067「阿寒国立公園指定80周年」
  68. 068「高千穂河原からの便り」
  69. 069「上高地の開山準備」

前のページへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!