メインコンテンツ ここから

「国立公園Walker」バックナンバー

0362012.04.24UP春遠し 摩周湖

人寄せつけぬ神秘の湖

雪原の摩周湖
雪原の摩周湖

 北海道川上郡弟子屈町にある摩周湖は、湖面標高351m、周囲は約19.6kmで、最大深度は211mの湖です。「霧」「透明度」「神秘」などでその名が知られていますが、一年を通じて表情は様々に変化します。
 今の季節、4月の摩周湖は氷の上に積雪があり、雪原の風景が広がっています。
 摩周湖は、もともと摩周火山を形成していましたが、今から約7,000年前の激しい大噴火によって噴出した火山灰が根釧原野を広く覆い、摩周カルデラを形成して、摩周岳・カムイシュ島ができ、徐々に水が溜まって現在の姿になりました。湖周辺部は森に囲まれて人為的な影響を受けにくいため、世界でも有数な透明度を誇る湖となりました。
 湖の周囲は標高差130m以上の急峻なカルデラ壁に囲まれ、湖面に至る道もなく、人を寄せつけません。

空気の動きが見えてくる、霧の湖

霧の摩周湖
霧の摩周湖

 150年ほど前に江戸幕府の命を受けた松浦武四郎が摩周湖を訪れていますが、その時「其湖水何れえも落ちる口なして、只千萬古の昔より此の湖に有りて、増しもなさずまた減じもせずかや。実に一奇の名湖と云うべし」と述べています。
 現代の言葉に言い換えると、「湖から出る川もないのに水量は一定であり、実に不思議である」となり、当時から摩周湖の特徴をよく表していたことがわかります。昔の人の観察力に驚かされますが、それほど自然に近い距離間で生活していたことが読み取れます。
 霧はその気象条件によって気まぐれに見えるほどの変化をみせます。霧には「滑昇霧」「移入霧」「放射霧」など種類がありますが、摩周湖展望台は摩周外輪山の尾根にあるため、6~9月には平地より山に向かって空気が上昇する際に発生する滑昇霧の影響を受けます。また、夏の盛りには太平洋高気圧が張り出し釧路沖で冷たい海流に触れて海霧が発して内陸部の摩周湖までたどり着く場合があります。このように霧の様子で空気の動きが視覚化できるのも摩周ならではの楽しみです。

水澄みし湖

 摩周湖の水は透明度が高いことで有名です。国立環境研究所が平成21年度から3年間にわたって、「摩周湖透明度高頻度調査」を行いました。夏場はプランクトン等の影響で透明度が17mほどですが、冬場には30mを超えると記録されています。昭和6年8月に世界最高の透明度41.6mを記録しましたが、現在は25m前後で推移しています。これも自然界の中の許容範囲の変動なのか、それとも人為的な影響に因るものなのかは定かではありません。

全面結氷の湖上にあらわる風紋

霧氷と摩周湖
霧氷と摩周湖

 今年の冬は偏西風が蛇行し、冷たい空気をもたらすオホーツク高気圧が長期間安定的に居座り、結果として4年ぶりの全面結氷が見られました。結氷の過程では、湖岸が凍りはじめて徐々に中央部に向かって氷の面積を広めましたが、北風で氷が全て寄せられたりシャーベット状の氷が融けたり、大きな塊の集団になったりと寒気と水の熱交換の変化が観察できました。2月11日の全面結氷で、はじめは氷の上に雪がうっすらと積もった雪原でしたが、何日かするとその雪が風で飛ばされて透明な氷の上に風紋が姿を現しました。風紋とは風によって氷の上に出来る模様のことで、その時の雪の結晶と風の強さで様々な表情を見せてくれます。透明な氷の上の雪の模様は実に美しいものですが、一年で数日しか見ることができません。
 そして、氷の上に次第に雪が積もって雪原となり、3月は雪原の摩周湖となりました。4月なると日差しはいっそう春めいてきますが湖上は冬の寒さの結晶である氷の世界を残しています。

 摩周湖はこのような成り立ちと地形、外輪山から見る展望、道東特有の気候、何より景観的に人工物がないことが相乗効果として「神秘」という言葉で形容されているように思います。
 摩周湖の一年を見ていると、霧の遊ぶ場所であり、風の変化、緑の香り、極寒の世界へと変化していく様子など、地球規模の自然の変化を体感できる場所であると感じています。

地図
地図

一般財団法人自然公園財団 川湯支部 藤江 晋

このレポートは役に立ちましたか?→

役に立った

役に立った:2

このレポートへの感想をお送りください。
投稿いただいた感想は事務局チェック後に掲載されます。

ニックネーム
感想
 
送信する入力内容クリア
国立公園Walker

「国立公園Walker」トップページ

エコレポ「国立公園Walker」へリンクの際はぜひこちらのバナーをご利用ください。

リンクURL:
http://econavi.eic.or.jp/ecorepo/go/series/8

バックナンバー

  1. 001「新緑の上高地」 -花々との競演-
  2. 002「白色に染まる栂平(つがだいら)」
  3. 003「釧路川をカヌーで下る」
  4. 004「美笛の滝を訪ねる」
  5. 005「小田代原の草紅葉」
  6. 006「草津白根の秋」
  7. 007「みちのくのリゾートで湯治」
  8. 008「高千穂峰のご来光」
  9. 009「冬の瞰湖台(かんこだい)を歩く」
  10. 010「知床の流氷」
  11. 011「箱根仙石原 ススキ草原を守る野焼き」
  12. 012「迫力満点の鳴門の渦潮を見る」
  13. 013「宮崎・えびの高原のミヤマキリシマ」
  14. 014「新緑の中で足湯」
  15. 015「大山の高山植物群落を訪ねる」
  16. 016「洞爺湖有珠山ジオパークの魅力」
  17. 017「秋の砂丘をゆく」
  18. 018「秋の雲仙」
  19. 019「川湯のハイマツ」
  20. 020「冬の大沼国定公園」
  21. 021「阿寒湖氷上のスノーシュー散策」
  22. 022「阿蘇の野焼き」
  23. 023「吾妻の春を告げる雪うさぎ」
  24. 024「青い水がめ・支笏湖(しこつこ)」
  25. 025「奥日光ののんびりスポット」
  26. 026「仙石原湿原の初夏」
  27. 027「雲海と夕景と朝日・夏の十和田湖」
  28. 028「知床五湖・転換期のメッセージ」
  29. 029「秋の鳴門」
  30. 030「高千穂河原周辺情報」
  31. 031「上高地の野鳥」
  32. 032「草津の森をスノーシューで歩く」
  33. 033「新燃岳噴火を乗り越えて…冬のえびの高原」
  34. 034「冬の登別観光」
  35. 035「歩いて楽しむ雪の八幡平」
  36. 036「春遠し 摩周湖」
  37. 037「鳥取砂丘の地形・地質を楽しもう!」
  38. 038「カルデラ地形を望む 阿寒岳の登山!」
  39. 039「大沼国定公園のもう一つの魅力」
  40. 040「浄土平でスターウォッチング」
  41. 041「ジオパークを目指す箱根」
  42. 042「大山(だいせん)のお楽しみ」
  43. 043「秋の阿蘇草原」
  44. 044「支笏湖が創る芸術作品「しぶき氷」」
  45. 045「奥日光で「雪」を楽しむ!」
  46. 046「冬のTOYA(洞爺)」
  47. 047「雲仙の春」
  48. 048「春の大沼国定公園の楽しみ方」
  49. 049「阿蘇の草原とあか牛」
  50. 050「火山×ミヤマキリシマ in 高千穂河原」
  51. 051「阿寒カルデラで楽しいのって、いつなの?  今でし…!? いいえ通年です」
  52. 052「白根山でリンドウを楽しもう。」
  53. 053「上高地、色彩の秋から初冬へ」
  54. 054「見どころ溢れる秋の十和田湖」
  55. 055「知床五湖の原生林と開拓の歴史~自然保護の歩み」
  56. 056「八幡平 雪の世界」
  57. 057「冬こそ!砂丘へ行こう!」
  58. 058「雄大な鳴門海峡の自然現象」
  59. 059「大山の森を巡って」
  60. 060「「南北海道国立・国定公園巡りスタンプラリー」にご参加を。」
  61. 061「箱根は隠れた鳥の楽園!?」
  62. 062「『今だけ』がいっぱい!戦場ヶ原ハイキングのススメ」
  63. 063「霧降高原は今…」
  64. 064「晩夏の普賢岳新登山道を歩く」
  65. 065「洞爺湖有珠山ジオパークのサイト維持活動」 -旧とうやこ幼稚園の価値を、自分たちで守ろう!-
  66. 066「秋の浄土平」
  67. 067「阿寒国立公園指定80周年」
  68. 068「高千穂河原からの便り」
  69. 069「上高地の開山準備」

前のページへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!