メインコンテンツ ここから

「オーストラリアのユニークな自然環境に迫る!」バックナンバー

0042017.03.07UPコンパクトな地の利と多様な環境が育む‘食の宝庫’-ビクトリア州-

世界で最も美しいドライブ道といわれるグレート・オーシャン・ロード © Roberto Seba
世界で最も美しいドライブ道といわれるグレート・オーシャン・ロード © Roberto Seba

 オーストラリアの大陸本土にある州としては最も小さく、国内ではタスマニア州に次いで二番目に面積が狭いビクトリア州。国土のわずか3%程度に過ぎないエリアながら、温帯の海洋性から地中海性、さらには、乾燥したステップ気候といった、異なる気候が生み出す豊かな環境に恵まれています。
 そんな多様な環境と、海へも山へも数時間で行けるコンパクトな地の利を生かして発展したのが、州都メルボルンです。

1日のうちに四季がある、と言われるビクトリア州

 ビクトリア州は、地形的にもユニークです。ニューサウスウェールズ州と接する北部には、2,000m級の山々が連なる国内で最も高い山脈オーストラリアン・アルプスが横たわり、荒波に削られて複雑に入り組んだ南部の海岸線はおよそ1,800kmにも及びます。
 オーストラリアン・アルプスでは、冬場は積雪もあります。ビクトリア州北部には10以上のスノー・リゾートが点在しており、国内最多。スキーやスノーボードといったウインター・スポーツのイメージがほとんどないオーストラリアですが、意外や冬季五輪のメダリストも多数輩出しているのです。

荒波に削られた複雑な海岸線
荒波に削られた複雑な海岸線

メルボルンからも数時間程度で行けるスキー場
メルボルンからも数時間程度で行けるスキー場


乾燥した内陸の北西部 © Roberto Sebaa
乾燥した内陸の北西部 © Roberto Seba

 そして北西部は、夏場には40℃にも達する日もあるほど、暑くて雨の少ない荒涼とした乾燥地帯が広がっています。
 そのため、州内へは、内陸で暖められた熱い空気が直接流れ込むこともあれば、高山からの冷涼な風が吹き下ろされることもあり、沿岸部へは南極からの冷たい風が吹きつけることもあります。こうした様々な環境で発生した大気がぶつかりあうため、ビクトリア州は、短時間で天気が変わりやすく、「1日のうちに四季がある」と言われています。

「南半球の台所」とも言われる、多様な環境が育む豊富な食材

 ビクトリア州は上記の通り、様々な環境が混在していることから、天気が変わりやすいだけでなく、1年を通して寒暖差が最も激しい州といえます。
 しかし、そうした寒暖差のおかげと高山から平原まで様々な地形があること、さらにコンパクトな地理的条件による舗装道路網の発達によって、国内有数の食物生産地となっています。中でも、最も寒暖差の恩恵が受けられる果実は、様々な種類が、それぞれに合った気候や地形の下で生産されています。今やすっかり世界的な地位を獲得したオーストラリア・ワインも、ビクトリア州産が増えています。

豊富な農産物が自慢の一大農業州
豊富な農産物が自慢の一大農業州

国内有数のワイン産地が点在
国内有数のワイン産地が点在


 また、なだらかな丘陵地帯を利用した放牧も盛ん。牛乳やチーズなどの乳製品の生産に関しては、飼育頭数も製造会社数も国内断トツの規模を誇っています。なんと、州内の乳製品製造会社は4,000以上!世界各地への輸出量も国内随一です。
 州内には、メルボルンにある19世紀から続く南半球最大の市場「クイーン・ビクトリア・マーケット」をはじめとするマーケット(市場)がそこかしこにあり、『南半球の台所』と呼ばれる所以になっています。

作り立てのフレッシュなチーズ © Roberto Seba
作り立てのフレッシュなチーズ © Roberto Seba

なだらかな丘陵地帯は放牧に最適
なだらかな丘陵地帯は放牧に最適

海洋生物の楽園と豊かな森

 南極へと続く海には、ペンギンやオットセイ、様々な水鳥など、低水温海域ならではの豊かな生態系が育まれています。世界最小のペンギン「リトル・ペンギン」【1】については、ペンギン・パレードで有名な州内きっての観光地フィリップ島が、国内最大規模の営巣地。ですが、実は、オーストラリア・オットセイの営巣地としても国内最大級。全頭数の4分の1が、フィリップ島周辺に生息しています。
 また、州内には冷温帯と温帯の2つのタイプの多雨林が広がり、ユニークな生態系をつくりだしています。森には、様々な野鳥やコアラに代表される有袋類、川には清流を好むカモノハシ【2】も多く生息。ビクトリア州のコアラは、北部のクイーンズランド州で見られるコアラとは形態が若干異なり、寒さにも耐えられるよう体毛が長く、毛色も少し濃いめなのが特徴です。
 絶滅が危惧されるアカハラワカバインコ、フクロモモンガダマシ、ブーラミスなどの希少種の生息エリアも、州内のあちこちに点在しています。ビクトリア州では、こうした絶滅危惧種の保護や繁殖についても力をいれており、様々なプロジェクトが進行中です。

フィリップ島のペンギン・パレード
フィリップ島のペンギン・パレード

フィリップ島はオーストラリア・オットセイの国内有数の繁殖地
フィリップ島はオーストラリア・オットセイの国内有数の繁殖地


脚注

【1】世界最小のペンギン「リトル・ペンギン」
・オーストラリアの野生動物保護009「現場編(3)野生動物と共存するために -ペンギンの島、フィリップ島の挑戦-」
http://econavi.eic.or.jp/ecorepo/together/291
【2】清流を好むカモノハシ
・オーストラリアの野生動物保護010「現場編(4)人に優しい暮らしを目指したら、カモノハシが戻ってきた!」
http://econavi.eic.or.jp/ecorepo/together/300

このレポートは役に立ちましたか?→

役に立った

役に立った:4

このレポートへの感想をお送りください。
投稿いただいた感想は事務局チェック後に掲載されます。

ニックネーム
感想
 
送信する入力内容クリア

前のページへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!