メインコンテンツ ここから

「オーストラリアのユニークな自然環境に迫る!」バックナンバー

0112018.10.30UP地球にとって重要な古生物が今も生き続けるシャーク湾-地球の息吹を感じるオーストラリアの旅先案内-

世界遺産にもなっているシャーク湾 © Tourism Western Australia
世界遺産にもなっているシャーク湾 © Tourism Western Australia

 西オーストラリアの西岸部、パースから約850キロ北にある「シャーク湾」。類まれなる素晴らしい自然が見られることから、1991年世界自然遺産に登録されました。
 シャーク湾が、地球上において貴重である最大の理由のひとつは、湾内のハメリン・プールという浅瀬のエリアで、地球創世期の古生物「ストロマトライト」の比較的大きな群生が見られることにあります。


地球上に大量に酸素をつくり出した生きた化石

引き潮の時は海面から露出し、まるで岩のようなストロマトライト © Tourism Western Australia
引き潮の時は海面から露出し、まるで岩のようなストロマトライト © Tourism Western Australia

 このストロマトライトの群生が見られるシャーク湾は、西オーストラリア州の中西部沿岸部にあります。周囲は世界遺産の大自然に囲まれ、人工的なものはひとつもなく、聞こえてくるのは波の音だけ。視界に入ってくるのは、どこまでも続く大海原と、ところどころ剥き出しになった赤茶けた大地、そして、大地を覆うように生える低灌木の緑が絨毯のように広がっている光景です。
 ストロマトライトとは、海水や石灰砂が堆積して成長したシアノバクテリアと呼ばれる藍藻類。見た目は、単なる黒い岩の塊のようにしか見えない物体ですが、実は「微生物=生き物」であるということに、まず驚かされます。
 このストロマトライトは、地球にとって極めて重要な役割を果たしてきました。
 ストロマトライトは、25~30億年ほど前には、地球上の様々な場所に存在していたとされ、大量の酸素をつくり出したと言われています。最古のものは、約37億年前と推定される化石が見つかっており、世界各地で化石が発見されてはいるものの、その後の地球環境の激変により、絶滅したと考えられてきました。
 しかし、1960年代に西オーストラリア州のシャーク湾で、その生きた存在が確認され、世界を驚かせました。現在もシャーク湾内のハメリン・プールで見られるストロマトライトの群生は、いわば、生きた化石。その後、西オーストラリア州のインド洋沿岸部に点在する一部の汽水湖や淡水湖、また、メキシコやブラジルの閉鎖的な水域などで、小規模な群生が見つかっています。

謎に包まれたストロマトライト

シャーク湾のストロマトライトの年齢は推定5憶年以上 © Tourism Western Australia
シャーク湾のストロマトライトの年齢は推定5憶年以上 © Tourism Western Australia

 ストロマトライトが直径20cmに成長するためには、1,000~2,000年かかったと推定できることから、シャーク湾のストロマトライトが生き続けている期間は、少なくとも5憶年以上!さらに、1年に0.3mmという非常にゆっくりとした速度で、今も成長を続けているそうです。
 では、なぜ、多くのストロマトライトが死滅してしまった地球上で、シャーク湾にはいまだに大きな群生が存在しているのか?その理由は、現在も調査研究中だそうですが、シャーク湾は塩分濃度が濃く、ストロマトライトを餌にするような生き物が生息しにくかったことにあるのではないか、という説が有力とみられています。


西オーストラリアは不思議な生物の宝庫

 西オーストラリア州は、以前ご紹介したように、この地域だけでしか見られない独自の生態系が育まれています。(参照:インド洋に沈む夕日と独自の生態系が見られる資源の宝庫
 同じオーストラリア大陸の陸続きでありながら、他の州とは異なる植物や動物がたくさん見られ、さらに、同じ州内であっても、特定の地域だけでしか生息しない植物や動物も数多く存在しています。ストロマトライトもそんな生物のひとつ。西オーストラリアならではの独特でユニークな自然環境が、不思議な生物たちの楽園をつくりあげているといえそうです。

西オーストラリア州の特定地域でしか見られないワイルドフラワー、通称「リース・フラワー」(筆者撮影)
西オーストラリア州の特定地域でしか見られないワイルドフラワー、通称「リース・フラワー」(筆者撮影)

砂漠地帯でしか見られないモロクトカゲや西オーストラリア州ならではのワイルド・フラワーなど、西オーストラリア州だけの固有種はもちろん、変わった生き物や植物が数多く見られる © Tourism Western Australia


このレポートは役に立ちましたか?→

役に立った

役に立った:3

このレポートへの感想をお送りください。
投稿いただいた感想は事務局チェック後に掲載されます。

ニックネーム
感想
 
送信する入力内容クリア
オーストラリアのユニークな自然環境に迫る!

「オーストラリアのユニークな自然環境に迫る!」トップページ

エコレポ「オーストラリアのユニークな自然環境に迫る!」へリンクの際はぜひこちらのバナーをご利用ください。

リンクURL:
http://econavi.eic.or.jp/ecorepo/go/series/50

バックナンバー

  1. 001「知っているようで、意外と知らないオーストラリアという国。」
  2. 002「自然環境を大きく変えるグレートディヴァイディング山脈」 -ニューサウスウェールズ州-
  3. 003「世界最大の珊瑚礁と世界最古の熱帯雨林」 -クイーンズランド州-
  4. 004「コンパクトな地の利と多様な環境が育む‘食の宝庫’」 -ビクトリア州-
  5. 005「原始の森に包まれた世界でいちばん空気がきれいな島」 -タスマニア州-
  6. 006「乾燥と寒暖差を利用した世界屈指のワイン産地」 -南オーストラリア州-
  7. 007「インド洋に沈む夕日と独自の生態系が見られる資源の宝庫」 -西オーストラリア州-
  8. 008「湿潤な森と湿原、乾燥した砂漠の2つの顔を持つ準州」 -ノーザンテリトリー準州-
  9. 009「二大都市間に計画的に造られた政治の中枢都市」 -キャンベラ首都特別地域-
  10. 010「その昔は海だった!? 5億年以上前の地球を目の当たりにする、ウルル-カタジュタ国立公園」 -地球の息吹を感じるオーストラリアの旅先案内-
  11. 011「地球にとって重要な古生物が今も生き続けるシャーク湾」-地球の息吹を感じるオーストラリアの旅先案内-

前のページへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!
  • Arch Joint Vision