メインコンテンツ ここから

総件数:104件 PAGE 5/11 3 4 5 6 7

奥日光で「雪」を楽しむ!
ジャンル:出かける
奥日光で「雪」を楽しむ!
2013.01.22UP [国立公園Walker 045] 一般財団法人 自然公園財団一般財団法人 自然公園財団
栃木県日光市馬返から中禅寺湖畔まで48のカーブがつづら折りに連なる「いろは坂」(国道120号線)をのぼって、竜頭ノ滝や戦場ヶ原を越えた奥の奥、標高約1,485mの高原に奥日光湯元はあります。湯元の冬というと、紅葉が終わった後一気に冷え込み、日光白根山からの「ふっかけ」で気温は日中でもマイナスが当たり前、路面は凍結…と、楽しむには厳しい状況なのでは? と思いがちですが、そんな湯元が一番熱くなる季節が「冬」なのです! 特に雪が降り積もった後は、湯元では様々な冬の楽しみ方が待っています。...[続きを読む]
支笏湖が創る芸術作品「しぶき氷」
ジャンル:出かける
支笏湖が創る芸術作品「しぶき氷」
2012.12.18UP [国立公園Walker 044] 一般財団法人 自然公園財団一般財団法人 自然公園財団
 支笏洞爺国立公園にある支笏湖は、火山活動が創り出した美しい景観が魅力の湖です。約4万年前、支笏火山が噴火をしてできたカルデラ湖で、周囲には風不死岳(ふっぷしだけ)、恵庭岳(えにわだけ)、樽前山(たるまえさん)の三つの活火山がそびえています。...[続きを読む]
秋の阿蘇草原
ジャンル:出かける
秋の阿蘇草原
2012.11.27UP [国立公園Walker 043] 一般財団法人 自然公園財団一般財団法人 自然公園財団
 22,000ヘクタールにも及ぶ広大な阿蘇の草原は、長い間、人の手によって維持されてきました。四季折々の自然の変化とともに、地域の人々により採草・放牧・野焼きなど草原を利用・維持管理の営みが続けられることにより、阿蘇ならではの草原の風景が作り出されます。3月の野焼きで真っ黒になった山肌は、春から夏は緑のじゅうたんのような草原に、そして秋から冬にかけてラクダ色に変化していきます。その間、春先のキスミレやハルリンドウに始まり、可憐な草花が次々に開花して草原を彩ります。...[続きを読む]
奧豊後の長湯温泉
ジャンル:出かける
奧豊後の長湯温泉
2012.11.20UP [温泉を巡る 005] 布山 裕一 さん布山 裕一 さん
 九州のほぼ中央部、奧豊後と呼ばれる大分県西部の竹田市に長湯温泉があります。現在の竹田市は、旧岡藩の城下町として知られる旧竹田市と直入郡の荻町・久住町・直入町の1市3町が2005(平成17)年に合併して新しい市として形成されました。西部は熊本県、南部は宮崎県と接する広大な市域には「阿蘇くじゅう国立公園」や「祖母傾国定公園」の指定地域があり、豊かな自然環境の中に山岳や高原そして温泉が各地に点在しています。その中で最も規模が大きく、奧豊後地方を代表する温泉地が直入エリアにある長湯温泉です。...[続きを読む]
大山(だいせん)のお楽しみ
ジャンル:出かける
大山(だいせん)のお楽しみ
2012.10.23UP [国立公園Walker 042] 一般財団法人 自然公園財団一般財団法人 自然公園財団
 大山には、絶景ポイントとして各種のポスターに掲載されている大山南壁を見ることのできる鍵掛峠があります。御机(みつくえ)集落にはかやぶき屋根の小屋があり、大山の南壁を背景に写真を写そうと多くのカメラマンが朝早くからシャッターチャンスを待っています。...[続きを読む]
岩手の秘境、夏油(げとう)温泉へ
ジャンル:出かける
岩手の秘境、夏油(げとう)温泉へ
2012.10.16UP [温泉を巡る 004] 布山 裕一 さん布山 裕一 さん
北上市は岩手県南西部の北上盆地のほぼ中央にあり、北上川と和賀川が合流しています。現在は高速交通インフラが整備され「北東北の十字路」と呼ばれる流通拠点となり、多くの先端企業が集積する産業都市として発展しています。...[続きを読む]
ジオパークを目指す箱根
ジャンル:出かける
ジオパークを目指す箱根
2012.09.18UP [国立公園Walker 041] 一般財団法人 自然公園財団一般財団法人 自然公園財団
 ジオパークとは、地域の地質と、その上に成り立つ自然や文化を、主な見所とする自然の中の公園のことで、ユネスコの支援により世界各地で推進されています。現在、日本には20地域のジオパークがあり、そのうち5地域が世界ジオパークとして認定されています。...[続きを読む]
浄土平でスターウォッチング
ジャンル:出かける
浄土平でスターウォッチング
2012.08.21UP [国立公園Walker 040] 一般財団法人 自然公園財団一般財団法人 自然公園財団
福島県の山岳観光道路、磐梯吾妻スカイラインの中間点にある浄土平(じょうどだいら)は、福島市街地から車で1時間程度で到達できる磐梯朝日国立公園・吾妻山(あづまやま)の利用拠点です。広い駐車場が整備され、吾妻小富士(あづまこふじ)登山、湿原散策など多くの観光客、登山客でにぎわう昼間の表情も浄土平の一面ですが、今回は知る人ぞ知る、夜の浄土平の魅力をご紹介します。...[続きを読む]
初夏の磐梯熱海温泉
ジャンル:出かける
初夏の磐梯熱海温泉
2012.08.07UP [温泉を巡る 003] 布山 裕一 さん布山 裕一 さん
 福島県の中央部にある郡山市は同県経済の中心で、交通網が発達した東北有数の交流拠点都市となっています。震災の復興に関連する企業なども多数集まってきています。  郡山市の西部に磐梯熱海温泉があります。JR磐越西線で郡山から3駅15分ほど、磐越自動車道の磐梯熱海ICから10分、そこは清流と湧水そして緑に囲まれた温泉地なのです。...[続きを読む]
大沼国定公園のもう一つの魅力
ジャンル:出かける
大沼国定公園のもう一つの魅力
2012.07.31UP [国立公園Walker 039] 一般財団法人 自然公園財団一般財団法人 自然公園財団
大沼国定公園は、首都圏からわずか2時間(航空機&バス・JR等)で北海道駒ケ岳の勇姿や、幻想的な大沼・小沼・島々の風景を楽しめるほか、クマゲラ、アカショウビン、エゾリス、キタキツネなどの動物たち、スイレン、ジュンサイ、ヤマユリなどの草花をはじめとした多様な生き物に出会うことができ、国内外からの訪問者で賑わいます。...[続きを読む]

総件数:104件 PAGE 5/11 3 4 5 6 7

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!