メインコンテンツ ここから

総件数:109件 PAGE 3/11 1 2 3 4 5

『今だけ』がいっぱい!戦場ヶ原ハイキングのススメ
ジャンル:出かける
『今だけ』がいっぱい!戦場ヶ原ハイキングのススメ
2014.06.17UP [国立公園Walker 062] 一般財団法人 自然公園財団一般財団法人 自然公園財団
 標高が約1400mもある奥日光・戦場ヶ原では、ゴールデンウィークが終わる頃ようやく春の訪れを感じられるようになります。それまでは落葉して殺風景だった風景の中に、芽吹いたばかりのカラマツの緑が目立つようになり、少しピンクがかったオオヤマザクラが咲きはじめます。6月が近づいてくると、遊歩道沿いに並ぶズミのピンク色の蕾が膨らみはじめ、戦場ヶ原は少しずつにぎやかな季節になってきます。...[続きを読む]
箱根は隠れた鳥の楽園!?
ジャンル:出かける
箱根は隠れた鳥の楽園!?
2014.05.22UP [国立公園Walker 061] 一般財団法人 自然公園財団一般財団法人 自然公園財団
 人気の観光地、「箱根」。温泉街や大涌谷の噴気が有名ですが、標高1,000m級の山々に囲まれ、深い渓谷もあり、神奈川県唯一の湿原「仙石原湿原」や芦ノ湖など、狭い地域ながら非常に変化に富んだ環境が魅力です。温泉街(人工物)・山帯・湿原・渓谷・湖と様々な環境があれば、そこに住まう鳥たちの様子も様々です。ホテルに巣を掛けるツバメ、夏山の使者コルリ、ヨシ原で懸命にさえずるホオアカ、渓谷の憧れの鳥ヤマセミ、漂うマガモやオオバンなど、場所によって違った表情を見せてくれる鳥たちを目当てにバードウォッチャーが集います。...[続きを読む]
「南北海道国立・国定公園巡りスタンプラリー」にご参加を。
ジャンル:出かける
「南北海道国立・国定公園巡りスタンプラリー」にご参加を。
2014.04.23UP [国立公園Walker 060] 一般財団法人 自然公園財団一般財団法人 自然公園財団
 北海道の南西部には、支笏洞爺国立公園と大沼国定公園があります。これらのうち、支笏湖、登別、昭和新山及び大沼の4つのエリアで活動する一般財団法人自然公園財団の4支部では、平成26年4月26日から11月30日までの日程で「南北海道国立・国定公園巡りスタンプラリー」を開催中です。...[続きを読む]
ホテル選択の視点を変えて一味違ったエコ旅を
ジャンル:出かける
ホテル選択の視点を変えて一味違ったエコ旅を
2014.04.15UP [エコ旅をリードするアジアのホテル 004] アゴダ (R)アゴダ (R)
 米国Priceline Group (Nasdaq:PCLN)のグループ企業で、アジア大手のホテル予約サイトAgoda.comが、環境問題に対する意識の高い個性豊かなアジアのホテル6軒をシリーズでご紹介しています。最終回となる今回は、タイからのレポートです。「北方のバラ」とも称されるタイの古都チェンマイは、自然豊かな都市として人気の観光地のひとつですが、未だ貧困に苦しむ地域も存在します。今回紹介するホテルは、環境への配慮と周辺コミュニティーの支援に力を入れている内陸のホテルです。...[続きを読む]
大山の森を巡って
ジャンル:出かける
大山の森を巡って
2014.03.11UP [国立公園Walker 059] 一般財団法人 自然公園財団一般財団法人 自然公園財団
 大山には西日本最大級のブナの原生林が広がり、多くの動植物や昆虫が生育しています。春には大山の固有種でもあるダイセンキスミレが可憐に色付き、夏になるとダイセンオトギリやダイセンクワガタなどの高山植物を見ることができます。冬になると、動物たちの姿を見かけることも少なくなり、植物も雪に埋まってしまい、見ても面白くないと思う人も居るかも知れません。でも冬の時期だけの楽しみ方もたくさんあります...[続きを読む]
雄大な鳴門海峡の自然現象
ジャンル:出かける
雄大な鳴門海峡の自然現象
2014.02.10UP [国立公園Walker 058] 一般財団法人 自然公園財団一般財団法人 自然公園財団
 鳴門海峡と大鳴門橋の全貌を眺められる鳴門公園は徳島県を代表する観光名所です。海峡は潮の流れが激しく、満月と新月のときには、四季を通じて大きな渦潮(うずしお)を観ることができます。特に春と秋の大潮には、大河のような激流と直径が20メートルにも及ぶダイナミックな渦が発生します。鳴門の渦潮の見どころについては、以前、当コラムで詳しく紹介していますので、今回は別の視点から、冬から5月にかけて目まぐるしく変化する鳴門海峡の自然の営みをご紹介します。...[続きを読む]
求められるのは周辺環境に「貢献」できるホテル経営
ジャンル:出かける
求められるのは周辺環境に「貢献」できるホテル経営
2014.02.04UP [エコ旅をリードするアジアのホテル 003] アゴダ (R)アゴダ (R)
 米国Priceline Group (Nasdaq:PCLN)のグループ企業で、アジア大手のホテル予約サイトAgoda.comが、環境問題に対する意識の高い個性豊かなアジアのホテル6軒をシリーズでご紹介しています。昨今は、環境にやさしい経営だけにとどまらず、周辺コミュニティーへの貢献やエコ知識に関する啓蒙活動を視野に入れた経営を行うホテルが増えてきました。今回は、シンガポールとスリランカからのレポートです。...[続きを読む]
冬こそ!砂丘へ行こう!
ジャンル:出かける
冬こそ!砂丘へ行こう!
2014.01.21UP [国立公園Walker 057] 一般財団法人 自然公園財団一般財団法人 自然公園財団
 心地よい風とやさしい日差しの春、子どもたちの元気な声が朝から聞こえる夏、暑さが落ち着いて行楽日和が続く秋。そんな季節に比べると、天候の悪い日が多くなる冬は「砂丘の観光シーズン」とは言えない季節かもしれません。冬の砂丘は観光客の方がグンと減り、荒天の日には「砂丘に人っ子一人いない」という時間帯もあります。しかし、冬の砂丘では春・夏・秋には味わうことのできない迫力ある自然の景色を体感することができます。「冬こそ!砂丘へ行こう!」そんな“冬の砂丘ファン”が一人でも増えてくれることを願いながら、冬の見どころを紹介したいと思います。...[続きを読む]
八幡平 雪の世界
ジャンル:出かける
八幡平 雪の世界
2014.01.07UP [国立公園Walker 056] 一般財団法人 自然公園財団一般財団法人 自然公園財団
 北東北・秋田と岩手の県境にある八幡平の観光シーズンは山岳道路・アスピーテラインが開通している4月下旬~11月上旬です。アスピーテラインが冬期通行止めになると、観光客の往来が徐々に減り、八幡平秋田県側の国立公園利用拠点・八幡平ビジターセンターも冬期閉館し、スタッフは山を下ります。ビジターセンターに隣接し、シーズン中多くの観光客を迎え入れた大沼自然研究路は根雪となり、一息ついたかのように静寂に包まれます。雪面にのびる湿原植物の枯草の影、結氷した沼に景色が映り込む様子など、深い雪に覆われる前にしか見ることのできない魅力的な情景をいろいろ探すことができる時期です。...[続きを読む]
「サステナビリティ」(持続可能性)を意識したホテル経営
ジャンル:出かける
「サステナビリティ」(持続可能性)を意識したホテル経営
2013.12.10UP [エコ旅をリードするアジアのホテル 002] アゴダ (R)アゴダ (R)
 米国Priceline Group (Nasdaq:PCLN)のグループ企業で、アジア大手のホテル予約サイトAgoda.comが、環境問題に対する意識の高い個性豊かなアジアのホテル6軒をシリーズでご紹介しています。第2回となる今回ご紹介するのは、環境に配慮した持続可能なマネージメントをサポートする団体EarthCheckによる認定を受けたホテルです。...[続きを読む]

総件数:109件 PAGE 3/11 1 2 3 4 5

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!
  • Arch Joint Vision