メインコンテンツ ここから

「北海道で飲食店をやりながら生きていく」バックナンバー

0012019.10.15UP福岡出身の僕が、北海道で飲食店を起業した話し

毎朝札幌中央卸売市場に行って、魚と野菜を仕入れるところから一日が始まる

 札幌は北29条という、駅からは遠く非常に辺鄙な所に僕のお店『酔九屋』はある。

自宅は、広さ40坪の元ダーツbarを改装した。200万円の施工費をかけたけど、家賃は安い。

自宅は、広さ40坪の元ダーツbarを改装した。200万円の施工費をかけたけど、家賃は安い。

 この場所で独立してもうすぐ6年(2019年10月20日で)。
 「何で福岡県出身なのに、札幌でお店をやっているんですか?」と、よく聞かれるから理由を考えてみた(ちなみに、僕は福岡県久留米市出身です)。
 「家賃が安い!食べ物が美味しい!人優しい!」って事で、総じて住みやすい。
 非常によい街だと思うので、独立に至ったわけ。

 札幌で6~7万の家賃だと、駅前のタワマンとかに住めたりする。すごくない?
 ちなみに僕は、店の2階にあった『デビル』ってダーツbarを改装して住んでいる。
 広さ40坪! 家賃も安いし、最高! 施工費200万くらいかかったけど、いいんだ。一生いるつもりだし。

 現在の仕事内容は、朝7時30分に札幌中央卸売市場に行って、魚と野菜を仕入れるところから一日が始まる。

 卸の藤田さんは、お店を始めて1周年の時に、キンキっていう高級を1尾500円で卸してくれた。その時の伝票は、記念として大事にとってある。
 札幌には、実は内地の魚もたくさん入荷してきている。岩手で獲れたダツは、ほんと綺麗な身をしている。焼き霜造りにして、刺身で食べてもらった。

卸しの藤田さんから1尾500円で卸してもらったキンキ。

卸しの藤田さんから1尾500円で卸してもらったキンキ。

岩手で獲れたダツ。実は内地の魚もたくさん入荷してきている。

岩手で獲れたダツ。実は内地の魚もたくさん入荷してきている。


 メニューを固定していないので、僕の気分と旬の食材を選ぶ。
 あと、「この魚少し古くなっちゃったんだ。安くするけど、どう?」といわれて買う食材も結構あるので、それらでメニューを組み立てている。
 これ、個人店の強みだ。卸しのロスは減るし、僕は安く仕入れられるし、お客様は安くて美味しい料理を食べられて、すごくよい循環だよね。

 卸売市場から帰ってきたら、仕込み作業が待っている。
 空き時間には、blogやFacebook書いたりして、5時30分の開店に向けて、準備。

自宅の屋根裏に仕掛けたネズミ捕りを取り出そうとする息子。

自宅の屋根裏に仕掛けたネズミ捕りを取り出そうとする息子。

 定休日には、読書したり、子守りしたり、ピアノ弾いたり、DQウォーク(「ドラクエウォーク」というゲームのこと)をやったり、息子とフォートナイト(こちらもゲームのこと)をやったりと、まぁゆるく生活している。

 あー、狩猟もやっています。
 この話は、書けたら書いてみたいと思っている(笑)。

 この前は自宅の屋根裏でネズミを捕獲。僕は超怖かったから、息子に丸投げした。
 いい経験をさせてあげられたんじゃないかな(笑)。


通勤時間0分、「労働力の投下と回復量が大きい」という強み生かした生活

 たまに、「よく働きますね」と言われることもあるけど、そんな実感はない。でも、自宅が2Fっていうのがきっと大きいんだと思う。
 通勤時間0分。「労働力の投下と回復量が大きい」という強みを存分に生かしている。
 自宅件店舗を迷われている方がいたら、ぜひおすすめしたい。
 なんせ、「自分の時間ができる、作り出せる」。これはとても幸せな事だと思うから。

 なので、僕の労働力は、手間のかかる仕込みに投入している。

自家製味噌。

自家製味噌。

3日間炊く豚骨スープ。

3日間炊く豚骨スープ。


南蛮海老と牡丹海老から取る海老油。

卸しの藤田さんから1尾500円で卸してもらったキンキ。

うちでは手作りラードで全ての揚げ物を賄っている。

うちでは手作りラードで全ての揚げ物を賄っている。


 自家製味噌や、3日間炊く豚骨スープ、南蛮海老と牡丹海老から取る海老油、それにうちでは手作りラードで全ての揚げ物を賄っている。

店の立地は悪いけど、地の利は自分で作り出すもの

夏は新緑の芽吹く野菜たちを収穫に。

夏は新緑の芽吹く野菜たちを収穫に。

 春は山菜を取りに、野山を駆け回る。
 夏は新緑の芽吹く野菜たちを収穫に。
 秋は国を渡る鴨を、冬は大雪原に鹿を狩に。

 都会の真ん中じゃあできなかった事ばかりだ。

 駅から遠い辺鄙なところに店を構えているから、立地は悪いと思う。しかし地の利は自分で作り出すもの、全てに勝つ事はできない。
 そんなこんなの日々を過ごしていたら、お店も6年が経った。

 何ともネタの多い6年でありました。

 つたない文章ではありますが、このコラムを通して、僕の日々を皆様とご一緒できたらなと、思っている次第でございます。
 どうぞよろしくお願いいたします。


このレポートは役に立ちましたか?→

役に立った

役に立った:1

このレポートへの感想をお送りください。
投稿いただいた感想は事務局チェック後に掲載されます。

ニックネーム
感想
 
送信する入力内容クリア
北海道で飲食店をやりながら生きていく

「北海道で飲食店をやりながら生きていく」トップページ

エコレポ「北海道で飲食店をやりながら生きていく」へリンクの際はぜひこちらのバナーをご利用ください。

リンクURL:
http://econavi.eic.or.jp/ecorepo/eat/series/60

バックナンバー

  1. 001「福岡出身の僕が、北海道で飲食店を起業した話し」

前のページへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!
  • Arch Joint Vision