メインコンテンツ ここから

総件数:109件 PAGE 2/11 1 2 3 4 5

世界最大の珊瑚礁と世界最古の熱帯雨林
ジャンル:出かける
世界最大の珊瑚礁と世界最古の熱帯雨林
2017.01.04UP [オーストラリアのユニークな自然環境に迫る! 003] 平野 美紀 さん平野 美紀 さん
 日本の約20倍というオーストラリア大陸北東部の約4分の1を占めるクイーンズランド州。オーストラリアでは二番目に大きな面積を誇り、ゴールドコーストやケアンズ、ブリスベン、そして、世界遺産のグレートバリアリーフといった日本人にも馴染み深い観光地がいくつも点在する州です。...[続きを読む]
自然環境を大きく変えるグレートディヴァイディング山脈
ジャンル:出かける
自然環境を大きく変えるグレートディヴァイディング山脈
2016.09.13UP [オーストラリアのユニークな自然環境に迫る! 002] 平野 美紀 さん平野 美紀 さん
“世界で最も乾燥した大陸”と言われるオーストラリアでも東沿岸部では生物が住みやすい環境があります。そのための大きな役割を果たしているのが、グレートディヴァイディング山脈(大分水嶺山脈)です。...[続きを読む]
知っているようで、意外と知らないオーストラリアという国。
ジャンル:出かける
知っているようで、意外と知らないオーストラリアという国。
2016.07.05UP [オーストラリアのユニークな自然環境に迫る! 001] 平野 美紀 さん平野 美紀 さん
世界で一番小さな大陸、オーストラリア。知らない人はいないというくらい、日本でもよく知られた国ですが、ひとつの国として括ることができないほど、エリアによって気候や生態系に大きな違いがあることを知っている人はそれほど多くはないかもしれません。...[続きを読む]
上高地の開山準備
ジャンル:出かける
上高地の開山準備
2015.04.28UP [国立公園Walker 069] 一般財団法人 自然公園財団一般財団法人 自然公園財団
 4月に入り、暖かな日差しがあるかと思えば、翌日は雪の降ることも珍しいことではない、そんな繰り返しを経て、ようやく上高地の春がやってきます。  釜トンネルを抜けて、ぱっとひらけた大正池へ出ると、雪に覆われた穂高連峰は圧巻の一言。この穂高を眺めつつ、上高地では開山に向けての準備が着々と進められます。...[続きを読む]
高千穂河原からの便り
ジャンル:出かける
高千穂河原からの便り
2015.02.10UP [国立公園Walker 068] 一般財団法人 自然公園財団一般財団法人 自然公園財団
 当財団の中でいちばん南にある高千穂河原支部にも水道は凍り、雪が降る冬がやってきました。新燃岳の噴火後4年が過ぎようとしています。何もかも火山灰に埋もれ、枯れた赤松や緑のない風景、中岳に近い「中岳中腹路」はまるで砂浜のような景色が広がり、あちこちに枯れたミヤマキリシマがサンゴのように立っていました。...[続きを読む]
阿寒国立公園指定80周年
ジャンル:出かける
阿寒国立公園指定80周年
2014.12.26UP [国立公園Walker 067] 一般財団法人 自然公園財団一般財団法人 自然公園財団
 12月4日に阿寒国立公園は指定80周年を迎え、記念行事・式典・川湯エコミュージアムセンターでパークボランティアの企画展・来館者へのPRなどを行いましたので、その一部を紹介します。...[続きを読む]
秋の浄土平
ジャンル:出かける
秋の浄土平
2014.10.14UP [国立公園Walker 066] 一般財団法人 自然公園財団一般財団法人 自然公園財団
 「秋のたのしみ」といえば紅葉。秋が深まるこの時期、浄土平はシーズン一番の賑わいとなります。  磐梯朝日国立公園・吾妻山(あづまやま)の紅葉は平年9月中旬から山頂付近で紅葉が始まり、10月下旬にかけて麓へと降りていきます。標高1,600mに位置する浄土平では9月末から10月上旬に紅葉の見ごろをむかえ、同時期にビジターセンターの隣に位置する浄土平湿原では草や低木の葉が紅葉する「草紅葉」も楽しめます。...[続きを読む]
洞爺湖有珠山ジオパークのサイト維持活動
ジャンル:出かける
洞爺湖有珠山ジオパークのサイト維持活動
2014.09.22UP [国立公園Walker 065] 一般財団法人 自然公園財団一般財団法人 自然公園財団
 洞爺湖有珠山ジオパークのテーマは、「変動する大地との共生」です。  洞爺湖は約11万年前の巨大噴火によってできたカルデラ湖。有珠山は約2万年前に洞爺湖のそばに誕生し、現在でも20~30年に1度噴火を起こす火山。火山の活動域にもかかわらず人々が生活を営んでいるという世界でもまれな地域です。...[続きを読む]
晩夏の普賢岳新登山道を歩く
ジャンル:出かける
晩夏の普賢岳新登山道を歩く
2014.08.12UP [国立公園Walker 064] 一般財団法人 自然公園財団一般財団法人 自然公園財団
 雲仙は長崎県島原半島の中央にそびえる火山群の総称で、昭和9年3月、日本で最初の国立公園に指定され、今年80周年を迎えました。主峰の普賢岳(1,359m)は、平成2年から約4年半続いた噴火によって広く知られ、その際にできた溶岩ドームは「平成新山」(1,483m)という新しい山として、今では長崎県の最高峰であるとともに、国の天然記念物にも指定されています。...[続きを読む]
霧降高原は今…
ジャンル:出かける
霧降高原は今…
2014.07.15UP [国立公園Walker 063] 一般財団法人 自然公園財団一般財団法人 自然公園財団
 日光東照宮など二社一寺の北に位置し、女峰山や赤薙山の中腹に広がる霧降高原のキスゲ平(栃木県日光市街北方)は、平成25年4月に新しく生まれ変わりました。冬のスキーと初夏のニッコウキスゲのシーズンに活躍し、長年愛されてきたリフトは、老朽化により平成22年度を最後に取り払われ、代わりに歩いてニッコウキスゲを楽しんでもらおうと「天空回廊」という名の1445段にもなる階段が新たに設置されました。天空回廊のスタート地点にはレストハウスと駐車場が整備され、訪れる人の休憩所兼情報収集の場となっています。...[続きを読む]

総件数:109件 PAGE 2/11 1 2 3 4 5

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!
  • Arch Joint Vision