メインコンテンツ ここから

「自然を守る仕事」バックナンバー

0262018.06.19UP昆虫を飼育するうえで、どんな場所に棲んでいて、どんな生活をしているか、現地での様子を見るのはすごく大事-昆虫飼育員兼インタープリター・腰塚祐介さん-

生きものとのふれあいを通じて命の尊さを知ってもらう、足立区生物園

腰塚祐介(こしづか ゆうすけ)さん
腰塚祐介(こしづか ゆうすけ)さん
1990年10月、埼玉県北本市生まれ。
幼稚園前の幼い頃から昆虫を捕ってきては、家で飼育をしていた。中学・高校時代にも、あまり表には出さなかったものの、昆虫への思いを秘めながら、高校卒業後の進路として、昆虫学を学ぶ短大に定める。
短大のインターン実習でインタープリターの仕事に初めて接し、こんな仕事があるんだということを知ると同時に、東京環境工科専門学校のOGでもあったインターン先の施設職員から専門学校のことを聞き、より専門的に学ぶため、専門学校に入学。
2013年3月の卒業後、自然教育・環境教育を専門とする株式会社自然教育研究センターに就職。同社が都内を中心に運営・解説業務等を担っている20施設のうちの一つ、足立区生物園に昆虫飼育員兼インタープリターとして勤務。現在に至る。

 東武スカイツリーラインの竹の塚駅東口から徒歩約20分、国道4号線を越えてほどなく、足立区立元渕江(もとふちえ)公園の洋式エントランスが来園者を迎える。緑濃い園内を進み、平日の日中にもかかわらず多くの釣り人が糸を垂れる池の間を抜けていくと、突き当りに見えてくる金網ケージと建物が、腰塚祐介さんの職場、足立区生物園。
 年間約20万人の来園者が訪れる公設民営のこの施設は、生きものとの“ふれあい”を通じて愛情を育み、“いのち”の尊さを知ってもらう場として、1993年10月1日に開設した。面積7,200m2の敷地内には、昆虫をはじめ、魚類、両生類、は虫類、それに鳥類と哺乳類など300種以上の生きものが飼育・展示されるとともに、多種多様な体験プログラム、スタッフの常駐する解説コーナーを用意して、来園者に生きものとの心温まる交流を通じて、命の尊さと素晴らしさを感じてもらうこと、それによって自然環境の大切さや自然との「共生」について考えてもらうことをめざしている。

 区の指定を受けて管理を担うのは、腰塚さんが所属する株式会社自然教育研究センターを代表企業とする「体験型いきものパークマネジメント」。構成企業は3社で、公園全体の維持管理や植物の管理を担う造園会社、鳥類・哺乳類の飼育を担当する別会社、そして、昆虫類、両生類・は虫類、水族(魚類など)の飼育及び展示・解説の業務を、自然教育研究センターが担っている。
 その中で腰塚さんが担当しているのは、昆虫類の飼育や展示。入社6年目となり、昨年(2017年)末からは昆虫班の統括を担うようになった。
 「昆虫班は、大温室を飛び回るチョウの飼育を担当するチョウ班、ホタルや水生昆虫の飼育を担当する水生昆虫班、その他の昆虫を扱う陸生昆虫班の3つで構成されています。スタッフの人数は私を含めて9人ですが、2班を掛け持つスタッフもいるので班間で人数を融通し合って業務を行っています。私はもともと陸生昆虫班の所属でしたが、今は全体の取りまとめと、すべての班の作業にもかかわっています。今日は水生昆虫班の作業をしていました」
 主な作業内容は、飼育と展示物の制作、イベントやプログラムで解説業務、それに小学校などへの出張授業もあるなど、多岐にわたる。大きく分ければ、飼育と展示・イベントなどの解説業務だが、ウェートは飼育の方がだいぶ大きく、8対2くらいと、大部分の時間を飼育に費やしているのが実情だ。

足立区生物園のエントランス

足立区生物園のエントランス

生物園の前に掲示された、足立区立元渕江公園の案内図

生物園の前に掲示された、足立区立元渕江公園の案内図

短大時代に通ったインターンの経験が今の仕事を志すきっかけになった

 昆虫飼育員として働く腰塚さんは、物心ついた頃から昆虫好きだったという。中でも、家の近くの草原で捕ってきて、飼育をしていたのが、カマキリやバッタだった。
 中学・高校に進んで、表立って虫好きを公言することはなくなったが、心の底には思いを秘めていた。高校卒業後は、農業系の短大に進学。昆虫生態学の研究室に所属して、念願だった昆虫について存分に学んだ。ただ、当時は仕事について具体的に考えることはそれほどなく、ただただ好きな自然や昆虫を学べるのがうれしかったと腰塚さんは話す。
 「転機になったのは、短大でインターン生として、ある自然観察施設で働く経験を得たことでした。今の会社ではありませんが、インタープリターとしてお客様の前に立って、生きもののことについて解説する、そんな仕事があることを初めて知りました。それまでも自然にかかわったり生きものを相手にしていきたいと漠然とは考えてはいましたが、あまり具体的なイメージは持てていませんでした。インターンをしてみて、こんな仕事をしてみたいと思うようになったのです」
 腰塚さんにとって新たな世界の扉を開いてくれたのは、奇しくも本シリーズ第1回で紹介した、北区立清水坂公園「自然ふれあい情報館」だったという。インターン生として働く腰塚さんを指導してくれたのが、工藤朝子さんたち同館のスタッフだった。
 興味があるならもっと勉強してみればと紹介されたのが、工藤さんも卒業した、東京環境工科専門学校。卒業後の就職も見据えて、もう少し鍛えてから社会に出ようと、専門学校に進学した。

自分が伝えたいことやおもしろいと思うことを一度起こしてからプログラムを組み立てる

 当時、専門学校の講師の先生から言われた中で、もっとも印象に残っている言葉の一つが、「楽しいことをやるには、まず自分が楽しまなきゃダメ」だった。昆虫飼育員として働いている今も、生きものについての話をする際には、まず自分が伝えたいことや楽しめることを一度起こしてみて、そこから組み立てていくことを意識している。
 「例えばカマキリを題材にする場合、自分にとってカマキリのどこがおもしろいかというところから掘り下げていくのです。個人的には、エサを食べているところにとても興味を惹かれます。エサを食べるために特化した躰の仕組みには、最大の特徴である大きな鎌はもちろん、三角形の頭の左右に突き出た大きな眼も重要な役割を担っています。ほぼ360度全体が視野に入るにもかかわらず、エサを取るときには必ずエサの方に顔を向けます。眼の正面の方が動くものに反応するセンサーが多く集まっているためです。しかも顔を向けたときに、首に生えている感覚毛の刺激によって、対象物の方向を知り、捕らえることができるのです」
 ここまで細かく説明すると、子どもたちには難しい内容になってしまう。では、どう噛み砕いて子どもたちにも興味を持ってもらえるのか方法を考えるのが、次の段階になる。足立区生物園は、未就学から小学校低学年の子どもたちが多い。その年代にもわかる説明や体験を交えながら、昆虫に興味をもってもらえるように話をしていくことが求められる。

足立区生物園のバックヤードにて、カマキリにエサのコオロギをやる腰塚さん。

生餌として飼育するコオロギ。

ケースの中にコオロギを放り込み、観察。気づいたカマキリが、捕獲。

種類も多く飼育方法も多様な昆虫を扱うには、言葉で説明できない感覚やコツがあって、難しい反面、おもしろさもある

 足立区生物園で扱っている昆虫類の年間飼育種数及び頭数は、平成28年度の実績で、チョウ類が62種・8,502頭、水生昆虫類が33種・2,782頭、陸生昆虫類が151種・24,402頭と報告されている。
 森林性のゴキブリなど集団飼いできる種は1ケースで100匹を超えて飼育することもあれば、外国産のカブトムシなど1頭~数頭で育てている種もある。肉食性の昆虫の場合、同じケースに入れて飼うと共食いしてしまうので、ある程度の大きさになったらケースを分けないとならない。ツダナナフシなど南方系の種は越冬や休眠をしないものが多く、適温で飼育をすれば年間を通じて繁殖し、数を増やしていく。
 「種類の多さと飼育方法の多様さをすべて頭に入れてできればいいんですけど、なかなかそうもいきません。それぞれに飼育の感覚やコツなど、言葉や文字では伝えられない部分があります。昆虫は分野がすごく広いので、個人の知識・経験だけではわからないことが多いのです。簡単に繁殖する種もいれば、難しいものもあります。同じような種でも、こっちはうまくいくのに、同じような飼い方をしてもこちらは全然うまくいかないというのも結構あって、一様には飼えない難しさがあります」

 それまで繁殖が難しかった種の繁殖に成功した場合は、園の枠を超えて広く関係機関と情報交換・交流している。昆虫の場合、全国昆虫施設連絡協議会という全国の昆虫館や昆虫園が加盟して、昆虫の飼い方や展示の方法、施設の運営や教育普及的な活動について情報交換し、研究する組織があり、腰塚さんも定期的に参加して、情報交換を行っている。
 「研究というと大げさかもしれませんが、繁殖方法の工夫や飼育方法による生存率の向上など飼育個体についての発表をすることもありますし、展示やイベントなどの事例報告をすることもあります。他の昆虫館・昆虫園とは、飼育している個体の交易も行うことがあります。今この種類の個体数が不足しており、繁殖に十分な数いないのですが、余剰がありませんか? といったことや、逆にこの種類が飼育予定数より増えたので、展示したいところなどありませんか?といった交流もあります」

外来種として問題視されているクビアカツヤカミキリの企画展。

屋上にあるバタフライガーデン。奥には、ミツバチの巣も置いている。

ライフサイクルの短い昆虫は、世代交代を繰り返していかないと途絶えてしまう

 足立区生物園で最近力を入れている活動の一つに、日本では対馬だけに生息する希少種・ツシマウラボシシジミの生息域外保全がある。「生息域外保全」とは、絶滅危惧種の保全のため、安全な施設に生きものを保護して増殖することで、絶滅を回避する方法のこと。本来の生息地の中で保全を図る「生息域内保全」が優先されるが、その補完的措置として取られている手段で、増やした個体を本来の生息地に戻して野生復帰をめざす。生物園では、チョウ班が中心になって協力しているプロジェクトで、腰塚さんも今年度から関わるようになった。
 「そもそもの始まりは、生物園の大温室がツシマウラボシシジミの交配を行うのによい環境だったことでした。温室内でペアリングをして、飼育室内で採卵し、育てています。自然下では年に5~6回発生するのですが、現在、年3回発生させるように調整しています」
 ライフサイクルは短く、今はほとんどが幼虫になっている。世代交代を繰り返しながら、保護し、増やしていくというわけだ。

 こうした種の系統保存は、昆虫館や動物園など生きものの飼育を行う施設が担っている重要な役割の一つでもある。
 かつて1990年代には対馬で普通に見られたツシマウラボシシジミは、2000年代に入ると個体数が激減した。原因は、エサ植物(食草)のヌスビトハギが対馬で増えたシカなどの影響によって食べ尽くされたことによる。生物園で増やしたツシマウラボシシジミは、現地に搬送して放しているが、現地のシカ問題が解決しないと、根本的な問題解決にはつながらない。それには時間もかかるため、生物園では系統を保存して、数を増やしていくとともに、展示等を通じて問題について啓発し、問題について理解を広めていく役割を担うことが重要になる。

チョウの飼育室は、バックヤード内を窓ガラス越しに見学できる。

チョウの飼育室は、バックヤード内を窓ガラス越しに見学できる。

この日羽化したチョウは、午後に温室で放す。

この日羽化したチョウは、午後に温室で放す。

ツシマウラボシシジミの問題を解説する展示ボード。

大温室内のチョウ。


葉の裏に産み付けられたチョウの卵は回収して室内で育てる。

施設内で飼育するだけでなく、フィールドに出て採集することも重要

 生物園の仕事は施設内での飼育作業が大きな比重を占めるが、施設を飛び出してフィールドに出ることも大事にしていると腰塚さんは話す。
 「室内に籠っていると、情報が滞っちゃうんですよね。新しい手法にも更新できません。そんな情報を集めるためのネットワークを作りたいですね。それとともに、生物園に来てくれる子どもたちを含めて、もっと多くの人たちに、昆虫に興味を持ってもらえるような何かができるといいなと思っています。ここの施設は、生きものとの“ふれあい”がテーマの一つになっていて、いろんな昆虫に触ってもらっていますけど、積極的に触りにくる子と、すごく怖がる子もいます。どうしてもダメという子も中にはいますが、できるだけいろいろな経験は踏んでほしいなと思っています」
 室内の展示昆虫だけでは、満足に説明できないこともある。実際に見られる野生の姿と、飼育個体の姿とでは若干違うところがあるからだ。飼育していることで人慣れしてしまっているのか、例えば、カマキリの威嚇行動がうまく見せられなかったりもする。

 プログラムとして外に出ていく以外に、野外採集のためにフィールドに出ることも少なくはない。同じ個体から産まれたもの同士で繁殖を続けると、繁殖に支障が出ることもある。そういったことを防ぐため、野外で採集して新しい血を入れるようにしている。その際、産地に配慮して採集場所を決定している。
 それ以外にも目的がある。
 「いろいろな虫を飼うに当たって、一番手っ取り早いのが、どんな場所に棲んでいるかをまずは知ること。ある虫を捕りに行ったときに、その虫が乾いたところに棲んでいるのか、湿ったところに棲んでいるのか、夜間に行動しているのか昼間に行動しているのか、現地ではどういうものを食べているのか…。そんなことを直接観察して、極端に言えばそれをそのまま真似すれば、施設に連れてきても飼えるわけです。実際はそれができないことが多いので工夫が必要になるのですが、それでも飼育のヒントにはなります。なので、現地での様子をきちんと見ることが、飼育するうえでもすごく大事だと思っています」
 昆虫について、興味はまだまだ尽きない。もっともっと情報を集めていきたいと話す腰塚さんだ。

マダガスカル島の森林に棲んでいるゴキブリ。先入観から怖がったり嫌がったりする人も多いが、よくよく見てみると、案外かわいらしく、海外などではペットとして飼っている人もいる。

ナナフシを入れた飼育ケース。

ナナフシを入れた飼育ケース。

外国産のカブトムシは、個体数も少ない。


昆虫飼育員兼インタープリター・腰塚祐介さんの“七つ道具”

昆虫飼育員兼インタープリター・腰塚祐介さんの“七つ道具”
昆虫飼育員兼インタープリター・腰塚祐介さんの“七つ道具”

  • ピンセット… 飼育に際して、ものを扱うのに重宝する。例えば、カマキリなど肉食昆虫のエサやりでコオロギをつまむのに使う。
  • カメラ… 常に持ち歩くコンパクトカメラと、作業場周辺に置いておく一眼レフ(Twitterなどにあげる写真をこだわって撮る)を併用。
  • 日誌… 園全体の連絡事項はもちろん、脱皮回数や卵の回収、羽化の状況など各個体の状態を毎日記録して、引き継ぎ事項として共有・確認している。
  • 捕虫網… 園内の温室ではチョウを放し飼いにしている。卵の回収には、産み付けた卵を直接回収する場合と、交尾済みの雌のチョウを捕ってきて室内で卵を産ませる方法があり、その場合、網を使って捕獲する。
  • 霧吹き… 昆虫の水やりとして必須の道具。葉っぱに吹きかけたり、綿を湿らせたりするのに使う。また、水で薄めた蜜を入れて、ガーゼに吹き付けて吸わせることもある。
  • 図鑑… 園内の展示には写真と名前を表示した種名板を掲示するため、きちんと調べて確認することが大事。また、来園者に聞かれて確認したり、フィールドで捕ってきた昆虫の同定に使ったりと、使用頻度は高い。
  • パソコン… SNSの更新や、展示用パネルの原稿作成、イベント等の企画書作成などに使っている。

足立区生物園での一日のスケジュール

6:30 起床 朝食後、弁当の準備。
8:15出勤(自宅からは自転車で移動)
8:30~全体での朝礼。一日の作業の確認。
開園準備(展示昆虫の水やりなどのメンテナンス、展示物のチェックなど)
9:30開園
10:30~11:00昆虫班のプログラム「昆虫のごはんの時間」は毎日実施している。
  • 内容は日によって異なるが、チョウ、カマキリ、ゲンゴロウなどの採餌を来館者に見せながら実施。
  • チョウの採餌は、ハチミツを薄めてスポーツドリンクの粉末を加えたものをスポンジにしみこませて、吸わせている。天気のよい日は、温室内を飛び回っているため、準備をしている間に集まってくる。
  • カマキリは、コオロギの生餌をピンセットでつまんで目の前に持っていったり、ケースの中に入れて捕るまで観察したりしている。
  • ゲンゴロウのエサは、エビ。水中で生息するゲンゴロウは、ニオイによってエサの場所を探すので、最初にエビのニオイが付いた水を垂らして、動き始めたところでエビを投入するなど、昆虫の反応を見せるように工夫している。
4月~10月の日曜日にはミツバチの内検(巣箱内部の確認)も実施して、これも来園者に見てもらっている。
その他の時間は、飼育作業がメインになる。なお、チョウの飼育室とホタルの飼育室は、バックヤードも展示の一環としてガラス越しに公開している。飼育作業をしながら、来館者から質問があれば答えている。
12:00~13:00昼休み
13:00午後も同じく飼育をしている。
15:30~毎日、その日に羽化したチョウを温室内に放す。
  • 飼育数が多いため、日に10~15匹(多いときにはもっと)は羽化していて、ちょうどこの時間になると羽も乾いて飛べるようになっている。
  • チョウについての解説をした後、来館者(主に子どもたち)にチョウを1匹ずつ渡して、温室内で放してもらう。

飼育作業を他のスタッフに任せて、SNS(Twitterやfacebook)の更新や会議資料の作成などの事務作業をこなすこともある。他班のプログラムなどで人手が足りないと手伝いに行くこともある。
17:002月~10月は17:00閉園(11月~1月は16時半に閉館)。展示昆虫の水やりなどメンテナンス作業を15分ほどで済ませて、引き継ぎ事項等の記録。
17:30退勤、帰宅。
ホタルの蛹化前や羽化確認の時期は夜遅くまで残るため、退勤時間が遅くなることもある。また、夜間特別開園を実施する時期もある。

休館日は月曜日(ただし夏休み期間中は休まず開館)。その他の休みはシフト制のため、時間が空いたとき、前日くらいに計画を立てて虫捕りに出かけたり、昆虫班で予定を合わせて出かけたりもする。
この春は、昆虫班で新潟までギフチョウを見に行った。あいにく天気が悪く見られなかったが、出る時期や場所が決まっている昆虫も少なくないので、それに合わせて出かけることも多い。 昆虫館に訪ねていって、情報交換をすることもある。


このレポートは役に立ちましたか?→

役に立った

役に立った:1

このレポートへの感想をお送りください。
投稿いただいた感想は事務局チェック後に掲載されます。

ニックネーム
感想
 
送信する入力内容クリア
自然を守る仕事

「自然を守る仕事」トップページ

エコレポ「自然を守る仕事」へリンクの際はぜひこちらのバナーをご利用ください。

リンクURL:
http://econavi.eic.or.jp/ecorepo/learn/series/22

バックナンバー

  1. 001「身近にある自然の魅力や大切さをひとりでも多くの人に伝えたい」 -インタープリター・工藤朝子さん-
  2. 002「人間と生き物が共に暮らせるまちづくりを都会から広げていきたい」 -ビオトープ管理士・三森典彰さん-
  3. 003「生きものの現状を明らかにする調査は、自然を守るための第一歩」 -野生生物調査員・桑原健さん-
  4. 004「“流域”という視点から、人と川との関係を考える」 -NPO法人職員・阿部裕治さん-
  5. 005「日本の森林を守り育てるために、今できること」 -森林組合 技能職員・千葉孝之さん-
  6. 006「人間の営みの犠牲になっている野生動物にも目を向けてほしい」 -NPO法人職員・鈴木麻衣さん-
  7. 007「自然を守るには、身近な生活の環境やスタイルを変えていく必要がある」 -資源リサイクル業 椎名亮太さん&増田哲朗さん-
  8. 008「“個”の犠牲の上に、“多”を選択」 -野生動物調査員 兼 GISオペレーター 杉江俊和さん-
  9. 009「ゼネラリストのスペシャリストをめざして」 -ランドスケープ・プランナー(建設コンサルタント)亀山明子さん-
  10. 010「もっとも身近な自然である公園で、自然を守りながら利用できるような設計を模索していく」 -野生生物調査・設計士 甲山隆之さん-
  11. 011「生物多様性を軸にした科学的管理と、多様な主体による意志決定を求めて」 -自然保護団体職員 出島誠一さん-
  12. 012「感動やショックが訪れた瞬間に起こる化学変化が、人を変える力になる」 -自然学校・チーフインタープリター 小野比呂志さん-
  13. 013「生き物と触れ合う実体験を持てなかったことが苦手意識を生んでいるのなら、知って・触って・感じてもらうことが克服のキーになる」 -ビジターセンター職員・須田淳さん(一般財団法人自然公園財団箱根支部主任)-
  14. 014「自分の進みたい道と少しかけ離れているようなことでも、こだわらずにやってみれば、その経験が後々活きてくることがある」 -リハビリテーター・吉田勇磯さん-
  15. 015「人の営みによって形づくられた里山公園で、地域の自然や文化を伝える」 -ビジターセンター職員・村上蕗子さん-
  16. 016「学生の頃に抱いた“自然の素晴らしさを伝えたい”という夢は叶い、この先はより大きなくくりの夢を描いていくタイミングにきている」 -NPO法人職員・小河原孝恵さん-
  17. 017「見えないことを伝え、ともに環境を守るための方法を見出すのが、都会でできる環境教育」 -コミュニケーター・神﨑美由紀さん-
  18. 018「木を伐り、チップ堆肥を作って自然に返す」 -造園業・菊地優太さん-
  19. 019「地域の人たちの力を借りながら一から作り上げる自然学校で日々奮闘」 -インタープリター・三瓶雄士郎さん-
  20. 020「もっとも身近な、ごみの処理から環境に取り組む」 -焼却処理施設技術者・宮田一歩さん-
  21. 021「野生動物を守るため、人にアプローチする仕事を選ぶ」 -獣害対策ファシリテーター・石田陽子さん-
  22. 022「よい・悪いだけでは切り分けられない“間”の大切さを受け入れる心の器は、幼少期の自然体験によって育まれる」 -カキ・ホタテ養殖業&NPO法人副理事長・畠山信さん-
  23. 023「とことん遊びを追及しているからこそ、自信をもって製品をおすすめすることができる」 -アウトドアウェアメーカー職員・加藤秀俊さん-
  24. 024「それぞれの目的をもった公園利用者に、少しでも自然に対する思いを広げ、かかわりを深くするためのきっかけづくりをめざす」 -公園スタッフ・中西七緒子さん-
  25. 025「一日中歩きながら網を振って捕まえた虫の種類を見ると、その土地の環境が浮かび上がってくる」 -自然環境コンサルタント・小須田修平さん-
  26. 026「昆虫を飼育するうえで、どんな場所に棲んでいて、どんな生活をしているか、現地での様子を見るのはすごく大事」-昆虫飼育員兼インタープリター・腰塚祐介さん-

前のページへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!
  • Arch Joint Vision