メインコンテンツ ここから

シリーズ「いざという時の防災対策」レポート一覧

NEW ENTRY

電力の地産地消を目指して
0062015.12.08UP
電力の地産地消を目指して
 神奈川県の北西に位置する神奈川県の旧藤野町(現在は相模原市緑区)にある藤野電力。旧藤野町は、古くは甲州街道の宿場町とし......
このレポートを読む
0052015.06.02UP
再生可能エネルギーと共に生きる「八丈島」
再生可能エネルギーと共に生きる「八丈島」
 東京の南方海上287kmに浮かぶ山手線の内側とほぼ同じ面積をもつ八丈島。 三原山と八丈富士のふたつの火山が接合したひょうたん型の島は富士火山帯に属する火山島です。火山島である立地を活かした地熱発電所が造られ運転が始まったのは1999年で、総出力量は3,300kWにのぼります。...[続きを読む]
0042015.03.03UP
悲劇を防げ! ソーラーLED街路灯を備えた防災パーキングの開設
悲劇を防げ! ソーラーLED街路灯を備えた防災パーキングの開設
 「三井のリパーク」を展開する三井不動産リアルティ株式会社は、JR大宮駅西口(埼玉県さいたま市)にある大宮桜木町1丁目第3駐車場に、同社初となる「防災パーキング」を開設しました。 「防災パーキング」とは、LED街路灯に太陽光パネル・蓄電池・救急用品を備えつけた自立型エネルギーユニットを持つ駐車場施設のこと。 自立型なので、地震などの災害発生時など系統電力が停電した時でも、コンセントにつないで電力を取り出すことができます。...[続きを読む]
0032014.12.05UP
自立型ユニットを持つ防犯システム
自立型ユニットを持つ防犯システム
 安心して暮らすためには、地震・火事・台風などの災害に備える「防災」とともに、犯罪を未然に防ぐ「防犯」についても考えておく必要があります。 今回紹介する「防犯システム」は、太陽光パネル・蓄電池・監視カメラなどを組み合わせた自立型ユニット。商用電源を引込むのが難しい山間部や離島などの僻地でも使用することができます。...[続きを読む]
0022014.09.09UP
自立型エネルギーユニットを持つ小規模モジュール施設・“環境情報キオスク”の提案
自立型エネルギーユニットを持つ小規模モジュール施設・“環境情報キオスク”の提案
「環境情報キオスク」とは、太陽光パネル・蓄電池・発電機を組み合わせた自立型エネルギーユニットを持つ小規模モジュール施設のことで、コンセントにつないで電力を取り出すことができます。  自立型なので、地震などの災害発生時など系統電力が停電した時でもコンセントにつないでスマートフォンやノートパソコンなどの利用や充電ができます。また、災害地周辺の避難所の受入れ状況や交通情報など必要な情報を得ることができます。...[続きを読む]
0012014.06.30UP
防災にエネルギーの備えを
防災にエネルギーの備えを
 近頃、数百年に一度といわれる大震災や、数十年に一度といわれる異常気象が世界規模で深刻化しています。スーパーやコンビニエンスストアではそのたびに水や食料が品切れ状態になったり、ガソリンスタンドでも給油待ちの大渋滞が起こったりと、多くの人たちが混乱状況に陥っています。こうした行動は、焦り、不安、怖れなどの感情が原動力になっています。...[続きを読む]
いざという時の防災対策

エコレポ「いざという時の防災対策」へリンクの際はぜひこちらのバナーをご利用ください。

リンクURL:http://econavi.eic.or.jp/ecorepo/house/series/40

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!