メインコンテンツ ここから

シリーズ「エシカルファッション」レポート一覧

NEW ENTRY

衣類のリサイクル率、知っていますか?
0062010.05.18UP
衣類のリサイクル率、知っていますか?
繊維製品のタンス在庫(着る機会がなく家のタンスに眠っている衣類)の期間は約6ヶ月といわれていて、常に新しいものをとっかえ......
このレポートを読む
0052010.02.16UP
日本のコットンを復活させよう
日本のコットンを復活させよう
長野県上田市に信州大学の繊維学部があります。日本で唯一の繊維学部で、絹の権威でもある、白井汪芳(ひろふさ)教授をはじめ、高分子繊維などナノテク分野の研究者も多くいるところです。...[続きを読む]
0042009.12.08UP
690円のジーンズをあなたは買いますか?
690円のジーンズをあなたは買いますか?
最近のファッション界はH&M、ZARA、Forever21等のファーストファッションの活躍を取り上げています。ファーストファッションとは、「同じものがいつでもどこでも安く」というファーストフードの要素に、ファッションには欠かせない「流行」を加えた衣料品のブランド、販売形態のことです。...[続きを読む]
0032009.09.24UP
世界に誇れる日本の技
世界に誇れる日本の技
1990年から2000年頃に海外で生産されていたオーガニックコットンの生地や製品はあまりにもアマチュア的で、土臭く、洗練されていませんでした。それはオーガニックコットンがヒッピーたちによって広まったということに由来するのかもしれません。...[続きを読む]
0022009.08.18UP
コットン100%は肌にやさしいけど、途上国の子どもにはやさしくない?
コットン100%は肌にやさしいけど、途上国の子どもにはやさしくない?
コットンは天然繊維です。日本の衣料用繊維消費量の約40%を占めており、私たちの生活に欠かせない素材のひとつです。なぜこれほど広く使われているのでしょうか?それは「安い」「手入れが簡単」「加工がしやすく」「肌にやさしい」からでしょうね。...[続きを読む]
0012009.06.16UP
エシカルを着る
エシカルを着る
ちょっと身の回りを見渡してください。毎日の生活の中で、コットンに触れない日はまずないのではありませんか?まず寝ている自分を想像してみてください。布団、シーツ、ピロケース、タオルケット、綿毛布、パジャマ、下着、タオルなど、どうでしょう? ...[続きを読む]
エシカルファッション

エコレポ「エシカルファッション」へリンクの際はぜひこちらのバナーをご利用ください。

リンクURL:http://econavi.eic.or.jp/ecorepo/live/series/10

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!