メインコンテンツ ここから

「ドイツのエコライフ」バックナンバー

0062010.10.14UP古都・ハイデルベルクの太陽の船

中世の町並みで活躍する先端技術

ネッカーソーラー号
ネッカーソーラー号。ハイデルベルク城とカール・テオドール橋をバックに。ゆったりと静かに走行する船上から眺めるハイデルベルクは絶景(写真提供 ハイデルベルクソーラー船有限会社・以下同じ)

 黒い森・シュヴァルツヴァルトに水源を有するネッカー川は、昔から、水上交通の利用が盛んな河川です。川沿いの町は古くから発展し、今もなお、複数の古城が点在しているので観光地として人気があります。なかでも、宮廷のあった城跡やドイツで最も古い大学、そして石畳が敷き詰められた中世さながらの町並みを持つハイデルベルクは、この地域の観光の拠点になっています。
 旧市街地の中心にあるカール・テオドール橋のたもとには、ステンレススチールでできたキラキラと輝くモダンな遊覧船の発着駅があります。遊覧船は、太陽のエネルギーを動力源とする「ネッカーソーラー号」です。

ソーラー船としては世界最大級

 ネッカーソーラー号は、2004年6月に運行を開始しました。長さ24.90メートル、幅5.3メートルで、重さ50トン。収容乗客数は110人です。ひとつ50キロワットの電動モーターが2台取り付けられ、最速だと時速13キロメートルで航行します。
 船の心臓部には、5.7キロワットの発電容量【1】を持つ太陽光発電設備が取り付けられており、ソーラー船としては世界最大級。発電された電力は、バッテリーに蓄電できるので、夜間や冬季、雨の日にも、ソーラー船の遊覧ができるようになっています。

乗船料金は、大人6.50ユーロ、子供3ユーロ。50分間の遊覧でハイデルベルクを満喫できる
乗船料金は、大人6.50ユーロ、子供3ユーロ。50分間の遊覧でハイデルベルクを満喫できる

結婚式や誕生日会など個人のパーティーや会社のイベント、コンサートにも利用されている
結婚式や誕生日会など個人のパーティーや会社のイベント、コンサートにも利用されている


環境観光都市としての象徴的なプロジェクト

進水式の様子
進水式の様子。当時の市長や環境担当副市長(現市長)も出席

 2002年、現市長であり、当時の環境担当の副市長だったヴィルツナー氏や職員たちが、観光都市ならではの環境対策のひとつとして、ソーラー船の実現を目指すプロジェクトを立ち上げました。当初、乗船人数10名ほどの小さなソーラーボートを導入する予定でしたが、船舶運送会社で大型船の船長をしていたイズルホーファー氏がプロジェクトに加わったことにより、大型観光遊覧船へと、アイデアが膨らみました。
 イズルホーファー船長は、副市長とともにスポンサー集めを開始。その結果、ハイデルベルクを拠点に持つ保険会社や大手のソフトウェア会社、地域都市公社【2】などが資金提供を申し出てくれました。
 そして、ネッカー川のほとりにある船舶デザイン会社に委託してソーラー船を建設、2004年、運行開始に至りました。

太陽の恵みに感謝して

イズルホーファー船長
ソーラー船の立役者イズルホーファー船長

 イズルホーファー船長は、「排気ガスも出さず、川も汚さず、騒音も出さず、中世の船と同じ」と自慢げに胸を張ります。
 ハイデルベルクには、複数の遊覧船会社がある中で、今では年間3万5000人から4万人が利用するハイデルベルクを代表する遊覧船会社に成長しました。
 ゆったりと、エンジン音もなく静かに走るソーラー船に乗り、美しい中世の古城や町並みを眺めながらの船旅は、往時の船旅を偲ばせてくれます。


【1】
一軒家に設置する太陽光発電設備の容量は、3~4キロワット前後といわれています。
【2】
ハイデルベルク地域において、電力や熱、ガス、水などのエネルギーを供給している会社。ドイツでは以前、自治体が地域のエネルギーを供給する責任を負っていたため、自由化が導入された後も、ドイツ各地の自治体に同様の組織が残っており、地域の温暖化対策やエネルギー対策に重要な貢献をしています。

このレポートは役に立ちましたか?→

役に立った

役に立った:3

このレポートへの感想をお送りください。
投稿いただいた感想は事務局チェック後に掲載されます。

ニックネーム
感想
 
送信する入力内容クリア

前のページへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!