メインコンテンツ ここから

エコナビゲータープロフィール


原田 麻里子 さん

エコナビゲーターからのご挨拶

 思いおこすと、子どものころ好きで観ていた映画が、その時どきの世相を少なからず反映していたなぁと感じることがあります。あるいは、実際に社会でブームになるよりもずっと早く、その兆しをとらえたストーリーをつくっていた…ということもありました。はたまた、今の時代だからこそ、過去の映像を観てハッとする、なんてこともあるかもしれないなぁと思ったりします。  迫力のカメラアングルと時間をかけた取材で、ふだん私たちがなかなか目にすることができない映像を見せてくれるのも、映画の醍醐味ですよね。

 自分を見ていてもよくわかりますが、「なんかおかしい。どうにかしなきゃ。エコってだいじだよね」と頭で理解していても、なかなか行動には移せないもの。このコーナーでは、映画から知って感じたことが皆さんの心に響く“何か”になると良いなと思いながら、ワタクシの独断と偏見も交えつつ、おすすめの映画をご紹介します。

 とはいえ、人によって響く・感じるポイントはさまざまです。皆さんからのおすすめ映画もぜひ、教えてください。

<プロフィール写真提供:ブリッジ エーシア ジャパン>


執筆エコレポ

プロフィール

 大学では社会科学(世の中全般、幅広く)を学ぶ。卒業後、主に環境NPO関係、議員秘書、政党事務局などの仕事を経て、現在は、NPO/NGOコーディネーターとして活動中。そのほか、Think the Earthプロジェクト・コーディネーター。NPO法人 ハンガー・フリー・ワールド理事。
 二世帯同居をしていた祖父が、庭に生ゴミを埋めたり壊れた物を何度も直して大事に使っている姿を見て育ったせいか、気がつくと自然の営みが好きで「何でも使い捨て」が気になるオトナに。「気になることは体験してみる。気になる場所には行ってみる」がモットー。
 初めてお小遣いで観た映画は「セント・エルモス・ファイヤー(1985)」。初めて「すごい!」と思った映画は「ゴッドファーザー(1972)」。初めて好きになった映画俳優はロビン・ウイリアムス。マイナーだけど好きな映画は「キス★キス★バン★バン(2000・同名のハリウッド映画じゃない方)」。おすすめのドキュメンタリーは「ひめゆり」。

Think the Earthプロジェクト
NPO法人 ハンガー・フリー・ワールド

ナビゲーターへの問い合わせ

ナビゲーターへの問い合わせまたは仕事依頼・取材をご希望の方は、EICネット事務局までお問い合わせください。
詳細はこちら

前のページへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!