メインコンテンツ ここから

「大学で学ぶエコ・2 」バックナンバー

0022011.01.04UPベトナムからの留学生タオさん

稲もみ殻の有効利用

卒業式にて。アオザイ姿のタオさん
卒業式にて。アオザイ姿のタオさん

 3年前にベトナムから日本にやってきた留学生のタオさんは、博士号を無事取得して、9月27日に卒業式を迎えました。

 タオさんの研究テーマは、稲を脱穀した後に出てくるもみ殻を有効利用しよう、というものでした。ベトナムのAngiang(アンジャン)県は稲作が盛んで、数百もの脱穀所があります。そこでは、脱穀した後に出てくるもみ殻が、河川に不法投棄されたり、野焼きされたりすることが、大きな問題【1】となっています。

 そのもみ殻を、発電や燃料の原料などに有効利用できないか【2】、というのが彼女のアイデアでした。
 タオさんは、もみ殻の使い道をいくつか考えて、それぞれで、どれくらいCO2を削減できるか計算しました。燃やして調理に使ったり、煉瓦を作ったりするという、現地にもともとあった使い方に加えて、直接燃やして発電する、いったんガス化して発電する、熱で分解してバイオ燃料を作るなど、新しい技術の導入も検討しました。
 また、それぞれの技術を用いた場合のコストを計算して、CO2もコストも大幅に削減できるような方法を考えました。

河川投棄されるもみ殻
河川投棄されるもみ殻

うず高く積まれたもみ殻。多くが野焼きされる。
うず高く積まれたもみ殻。多くが野焼きされる。

住民が何を大事に思っているかも大事

 計算だけでは、実際に現地の人たちがどのような点を大事に思っているか、という視点が技術の評価に含まれてきません。たとえば、CO2とコストでは、どちらが大事なのか、安全性や使い易さなども大事な要素なのではないのか、といった疑問が出てきます。
 そこで彼女の研究では、階層分析法【3】という手法を使って、人々がどの側面をどれくらい大事に思っているかを、アンケートを通じて明らかにしていきました。例えば「環境」と「コスト」ではどちらがどれくらい大事? 「もみ殻」と「石炭」では、どちらがどれくらい使いやすい? といった質問を行うことによって、それぞれの大事さが数値となって現れてきます。
 日本では最近、多くの研究でインターネットを使ったオンラインアンケートが行われるようになってきています。しかし、ベトナムの農村地域でオンラインというわけにもいきません。そこで、ひとりひとりに会ってインタビュー形式のアンケートを行いました。

インタビューでのアンケート調査は大変

 アンケートを行う場合、快く応じてもらうためにちょっとした手みやげを持っていくことがあります。今回はタオさんのアイデアで、日本の100円ショップで大量に購入したピーラー(皮むき器)を持って行きました。スーツケースの中にピーラーを大量に詰め込んでベトナムへ向かうタオさんは、さながらピーラー商人のようでしたが…。
 インタビュー形式でのアンケート調査は時間と手間がかかります。彼女の場合にも、ひとりに1時間半から2時間もかかりました。それを100人近くにやるわけですから、膨大な作業です。しかし、皆さん快くアンケートに答えてくれました。ピーラーは、現地の奥さま方にとても好評だったようです。

現地住民のインタビュー調査現地住民のインタビュー調査
現地住民のインタビュー調査

アンケートから見えてきたもの

卒業式後のfarewell party(お別れ会)にて
卒業式後のfarewell party(お別れ会)にて

 調査の結果、住民が大事と思っていることと、地方政府が重要視していること【4】が、まったく正反対だとわかりました。環境政策だけではないですが、さまざまな施策を進めていく際に住民の意見を取り入れる、ということが重要だと考えられるようになってきています。彼女の研究で行ったような手法が、今後、役に立ってくるのではないでしょうか。
 タオさんは、卒業式翌日の9月28日に帰国しました。これからは母国ベトナムのAngiang大学で教員として働きます。新たなバイオマスプロジェクトに関わることも決まっているようです。
 タオさんとは数え切れないほどのミーティングをおこないました。ディスカッションはもう日常のこととなってしまっていて、彼女の卒業は感慨深くもあり、とても寂しくもあります。しかし、また会える機会もすぐにあるでしょう。タオさんの研究者としての今後を温かく見守りたいと思います。

用語説明

【1】大きな問題
 もみ殻が投棄される川では、魚類の養殖がおこなわれています。投棄された大量のもみ殻は、河川表面を覆ってしまい、水中に十分な酸素が行き届かず、魚類を死亡させてしまいます。また、魚類はもみ殻を消化できないので、間違って食べてしまい、病気になったり死んでしまったりする被害も出ています。
 河川投棄せず野焼きした場合には、多量の浮遊粒子状物質(スス)や、窒素酸化物、硫黄酸化物、多環芳香族炭化水素類(PAHs)などの大気汚染物質が発生し、地元住民への健康被害が懸念されています。
【2】もみ殻
 もみ殻はバイオマスのひとつです。バイオマスとは、植物に由来するさまざまな有機資源のことを言います。元が植物なので、例えばそれを燃やしてCO2が出てきたとしても、そのCO2はもともと大気中にあったものが光合成によって植物中に蓄えられたものなので、全体でみると、地上のCO2を新たに発生させていないことになります(カーボンニュートラルと言います)。そのため、バイオマスを利用することで、石油や石炭などの化石燃料を使う場合より、CO2の発生を減らすことができます。
【3】階層分析法
ピッツバーグ大学のSaaty教授によって1970年代に提案された、問題解決型の意思決定手法です。
【4】住民が大事に思っていることと、地方政府が重要視していること
 地方政府は、新しい技術によってもみ殻から発電する施策をもっともよいと考えていることがわかりました。一方で地元住民は、従来から慣れ親しんでいる、料理やレンガ製造といった伝統的なもみ殻の使い方がよいと考え、新しい技術はまったく支持されませんでした。
 新しい施策を導入して行く際に、このようなステークホルダー(利害関係者)間のギャップを明らかにして、それをどう埋めていくかを考えることが重要です。

このレポートは役に立ちましたか?→

役に立った

役に立った:2

このレポートへの感想

素晴らしい事です❗ただ最初は地元民と電力とかはあまりにギャップが有りますのでなかなか繋がらない事が有りますのでまずモミガライトという方法がいいとおもいますね
(2016.08.26)

このレポートへの感想をお送りください。
投稿いただいた感想は事務局チェック後に掲載されます。

ニックネーム
感想
 
送信する入力内容クリア

前のページへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!