メインコンテンツ ここから

「家庭の省エネの見える化」バックナンバー

0042010.03.16UPわが家のエネルギー消費を見える化する・2-省エネナビの導入効果-

省エネナビの導入

新宿区と長野市における時間帯別平均消費電力比較(省エネナビの計測データより)
【図4-1】新宿区と長野市における時間帯別平均消費電力比較(省エネナビの計測データより)

 第2回で紹介した、月別電力消費の年間推移グラフは、家庭のエネルギー消費の大まかな実態を把握するためのツールとして有効ですが、より細かな消費状況を把握するには、「省エネナビ」の利用が効果的です。

 「省エネナビ」は、別名「電力使用料金表示システム」とも呼ばれるもので、住宅の分電盤内に機器を接続することで、電力使用量(kWh)や電気料金(円)、二酸化炭素排出量(kgCO2)などを計測・表示するシステムのこと。毎月の省エネ目標を設定して、使用実績が目標値を超えた時にアラート表示をしたり、蓄積した計測データをパソコンに取り込んで解析したりすることもできます。

 省エネナビのデータを用いれば、1日の時間別消費電力をグラフにすることができます。図4-1は、東京都新宿区と長野県長野市の家庭において、家庭全体の電力消費量を省エネナビで測定したデータの冬季3ヶ月間を時間帯別に平均してグラフにしたものです。

省エネポイント ──多いところから減らす!

N邸における月ごと時間帯別消費電力(省エネナビの計測データより))
【図4-2】N邸における月ごと時間帯別消費電力(省エネナビの計測データより)

 グラフを見て、もっとも電気を使っている時間帯(ピーク)を見つけてそのときの生活を振り返りつつ、エネルギーのムダがないか考えると、省エネ対策の判断材料を得られます。

 さらに月ごと時間別の消費量をグラフにすると、同じ時間帯でも月によって消費量が変化することがわかります。図4-2のグラフでは、真夏の8月に夜間の冷房をかけたことで、20時~23時までの消費量が多くなっていることがわかります。

 一方、第2回で取り上げた月別の年間電力消費量グラフと同様に、特別な活動をしていない深夜の時間帯や日中の不在時など、1日の中でもっとも電力消費量が少ない時間帯が、“わが家のベース電力”です(主に待機時消費電力の大小によって決まります)。
 このベース電力消費量が200Whを超えている場合、何かしらの機器が稼働していることが推測できます。冷蔵庫の効率が著しく悪化しているとか、通信機器のためのルーター等が常時稼働しているなどの理由が考えられます。
 長野県の家庭で測定した際に、深夜の電気消費量が1KWhに至るとの測定結果をみて驚愕しましたが、後に凍結防止のための電力が稼働していることを知りました。地域や家庭の機器利用状況等によって、電力消費量の分布パターンは思った以上にバラエティに富んでいます。

省エネ効果を検証する

 省エネナビはリアルタイムでエネルギー消費量を確認できるので、その機能を利用して「省エネ行動」の効果(電力削減量)を検証することができます。
 家庭のエネルギー消費は、平日と休日、来客時や不在時など、生活の変化によって大きく影響を受けます。そこで、あまり生活に変化のない2週間を選んで、通常通りの生活を送る1週間と、省エネ行動をする1週間(連続していなくても構いません)で、電力消費量を比較します。コツは、取り組む機器や行動を絞って検証すること。
 省エネナビの威力を、ぜひ実感してみてください。

このレポートは役に立ちましたか?→

役に立った

役に立った:4

このレポートへの感想をお送りください。
投稿いただいた感想は事務局チェック後に掲載されます。

ニックネーム
感想
 
送信する入力内容クリア
家庭の省エネの見える化

「家庭の省エネの見える化」トップページ

エコレポ「家庭の省エネの見える化」へリンクの際はぜひこちらのバナーをご利用ください。

リンクURL:
http://econavi.eic.or.jp/ecorepo/house/series/18

バックナンバー

  1. 001「家庭の省エネ、その現状と課題」 -序章として-
  2. 002「わが家のエネルギー消費を見える化する・1」
  3. 003「家庭のライフステージで捉える省エネルギー」 -“増える前に増やさない”省エネ対策の提案-
  4. 004「わが家のエネルギー消費を見える化する・2」-省エネナビの導入効果-

前のページへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!