メインコンテンツ ここから

エコナビゲータープロフィール


大庭 みゆき さん

エコナビゲーターからのご挨拶

 高価な省エネ設備を導入したのに、思ったように性能が出ないという声をよく耳にします。
 省エネ設備の性能が十分に発揮できるのは、利用の条件が一致している場合のみ。誤った条件下では、無駄な投資になりかねません。
 そうならないためには、建築、空調、電気、給湯、設備管理と多岐にわたる省エネルギー対策の効果を、「気候風土」「住宅」「機器」「人」の4つの組合せでもっとも効率のよい最適な省エネ対策について、総合的に評価していく視点が大切です。
 
 この連載では、家庭の省エネの取り組みについて、実測データをもとに具体的に解説し、そうした視点を獲得するためのヒントの数々をご紹介していきたいと思います。


執筆エコレポ

プロフィール

 九州大学工学府大学院博士課程修了(博士(工学))。専門は伝熱工学。九州大学人間環境学府修了(人間環境学修士)。専門は環境教育。
 (財)省エネルギーセンター勤務を経て平成10年に独立し、「生活者の視点で捉えるエネルギー・環境問題」をモットーとして(株)環境エネルギー総合研究所を設立した。
 最近は家庭のエネルギーをフィナンシャルで捉える「増える前に増やさない!予防の省エネ」を提唱している。

ナビゲーターへの問い合わせ

ナビゲーターへの問い合わせまたは仕事依頼・取材をご希望の方は、EICネット事務局までお問い合わせください。
詳細はこちら

前のページへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!