メインコンテンツ ここから

「衣」の生活フィットネス(2)

もう着ない服はセカンドステージに。リサイクルショップ、フリーマーケットの利用

国内の衣料品の供給量は、平成2年に約20億点だったものが、平成17年には約38億点と、約1.9倍に増加しています。
あなたが購入した服で、もう着ないものはどれだけありますか?
もう着ない服にも、まだ活躍できる場所があるかもしれませんよね。

あなたのお住まいの近くで集団回収をしているところはありませんか?
回収すれば、着られる服は別の誰かに、少し痛んだものでもほとんどが再生できるのが古着・古布の特性です。
ご存知ですか?ファイバーリサイクルと呼ばれる、古繊維の再生・リサイクル活動も盛んになってきています。

欧米では、気軽に自宅の庭や駐車スペースを使ってガレージセールを開くことが一般的とか。リサイクルショップやフリーマーケットを使って、セカンドステージに送りだしてあげるのはどうですか?


データ出典

  • 経済産業省「繊維・生活統計月報」、財務省「日本貿易月表」
    国内の衣料品の供給量は、平成2年に約20億点(うち国内生産が50%弱)、平成17年には約38億点(うち国内生産は約6.5%)と、約1.9倍に増加している

参考資料


ごみに関するエコライフ目次へ戻る
エコライフガイドトップへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!