メインコンテンツ ここから

「衣」の生活フィットネス(1)

自分の良さが出る服を大切に着る。愛着の一着。

あなたが何気なく捨てている服、でも、日本全国では、年間約100万トンが捨てられると推計されています。一人あたりにすると、年間約9kgの服を捨てていることになります。捨てられた服のうち、リサイクルされるのは5~10%程度と推測されており、そのほとんどが焼却されたり、埋め立てられています。

「SALE」の文字が踊る店の前を見向きもせずに足早に歩き去る人物の絵

回収された古着は、服として着れるものをアジアに輸出(約45%)、工場などで機械の油汚れを拭き取る「ウエス」にされるものが2割弱、機械でほぐして繊維に再生し、軍手やフェルトにされる「反毛材料」にされるものが2割強、残りの2割が使い切れずに廃棄されています(平成12年度現在)。

流行に振り回されるのはもう卒業、自分のよさを引き出すために着るのが衣服の新しい豊かさでは。流行だからといって、安易に新しい服を買っては、古い服を捨ててませんか?


データ出典

  • 平成16年版 循環型社会白書

ごみに関するエコライフ目次へ戻る
エコライフガイドトップへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!