メインコンテンツ ここから

「食」の生活フィットネス(3)

生ごみから肥料を作ってガーデニングに使う。ちょっと上級編だけど、トライしてみて!

生ごみの始末、あなたはどうしていますか?

生ごみ処理機でできた肥料をガーデニングの肥料として利用

ごみ処理の基本は、まずは排出抑制、次いで製品や原材料への再利用、そして焼却等による熱利用、最後に再利用できないものを衛生・安全に処理することです。
生ごみの場合、ライフスタイル等による食べ残しや売り残しを減らす取り組みがまずは大切となりますが、一方でどうしても出てくる調理屑などの生ごみもあります。循環型社会の形成に向けて、また農業への有機質肥料の確保などの視点から、生ごみ等のリサイクルを進めていくことが期待されています。

自宅の庭や畑の隅に穴を掘って、生ごみと乾いた土や枯れ葉などをサンドイッチしながら数ヶ月かけて分解、堆肥化する方法から、ミミズの力を借りて生ごみを処理しながら生命の循環まで学べてしまうという「みみずコンポスト」や、電気式の生ごみ処理機、あるいは地域ぐるみで取り組む集合処理型のものなど。

いろいろな方法で取り組む人たちが大勢います。あなたもはじめてみませんか?



ごみに関するエコライフ目次へ戻る
エコライフガイドトップへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!