メインコンテンツ ここから

途上国の環境・公害問題

開発途上国の環境(公害)問題の現状

現在、開発途上国では、大気汚染や水質汚濁が深刻化している。

世界主要都市の大気汚染状況(1995)
国名都市名人口
(千人)
浮遊粉じん
(μg/m3
二酸化硫黄
(μg/m3
二酸化窒素
(μg/m3
ブラジルリオデジャネイロ10,181139129-
 サンパウロ16,533864383
フィリピンマニラ9,28620033-
トルコイスタンブール7,911-120-
中国北京11,29937790122
 上海13,5842465373
タイバンコク6,5472231123
韓国ソウル11,609844460
エジプトカイロ9,690-69-
インドネシアジャカルタ8,621271--
インドデリー9,9484152441
 カルカッタ11,9233754934
 ボンベイ15,1832403339
イランテヘラン6,836248209-
ロシア*モスクワ9,269100109-
メキシコ*メキシコシティ16,56227974130
イギリス*ロンドン7,640-2577
アメリカ*ロサンゼルス12,410-974
 ニューヨーク16,332-2679
日本*東京26,959491868

*印はCECD加盟国資料:World Development Indicators 1998, World Bank

 

大気汚染は、先進国では概ね改善の方向に向かっているが、開発途上国では悪化の傾向にある。特に開発途上国の工業都市では、重油や石炭の燃焼に伴う硫黄酸化物や煤じんによる汚染がひどくなっている。さらに、交通網の整備が進んでいないこともあり、いくつかの大都市では自動車による浮遊粒子状物質や一酸化炭素などの汚染が深刻となっている。

【図】世界主要都市の大気汚染状況
クリックで拡大表示します。


グローバルな問題「今、地球は!」トップへ戻る
エコライフガイドトップへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!