メインコンテンツ ここから

[海外エコニュース一覧]

【国連】2018.06.25 発表

国連環境計画、人気コンピュータゲーム「マインクラフト」に環境に配慮した都市開発機能を追加

 国連環境計画(UNEP)は、全世界で史上2位の売り上げを記録したコンピュータゲーム「マインクラフト」に追加できる、環境に配慮した街づくりのための新機能「Ecocraft」を無料公開した。街づくりシミュレーションゲームに、現実の都市のエネルギー、廃棄物管理、輸送のニーズなどの情報が組み込まれる。プレイヤーは、居住地域のエネルギー需要を満たすために必要な太陽光パネル数を知り、騒音を考慮して風力発電を導入する判断を下すことができる。こうした判断の費用と便益が表示され、現実の都市計画策定にも利用できるという。既にオランダの一部の学校では物理や地理の授業でEcocraftが利用されている。持続可能な都市開発の感覚を身に付けた生徒は、将来、現実の都市開発の意思決定に参加する際に、環境要素を考慮すると期待される。UNEPは、「子供は外で遊ぶのが一番だが、家でゲームをするときでさえ環境と調和した街づくりの創造性を養うことができる」とした。【国連環境計画】

前のページへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!
  • Arch Joint Vision