メインコンテンツ ここから

[海外エコニュース一覧]

【アメリカ】2019.07.25 発表

アメリカ政府、環境教育と環境スチュワードシップに貢献した教師・生徒を表彰

 アメリカ環境保護庁(EPA)と大統領府環境諮問委員会(CEQ)は、環境教育と環境スチュワードシップの推進への卓越した取り組みを称える「環境教育者のための大統領イノベーション賞(PIAEE)」と「大統領環境青年賞(PEYA)」の2019年度受賞者として、教師19人と生徒200人を発表した。教師19人中11人がPIAEEを、8人はPIAEE優秀賞を受賞した。幼稚園から第12学年(高校3年)までの生徒200人はチームまたは個人として17プロジェクトに取り組み、PEYAを受賞した。EPAには26州から合計162プロジェクトが申請され、受賞した先生・生徒らは、表彰式の会場でそれぞれのプロジェクトをポスターに掲示してEPA担当者等に説明した。PEYA、PIAEE共に1990年の全米環境教育法制定で開設され、PEYAはアメリカの青年の環境意識・地域社会への貢献を推進し、PIAEEは体験型の環境学習を効果的に教育課程等に組み込む初等中等教育(幼稚園から高校3年まで)の教育関係者を20人まで支援・奨励する。【アメリカ環境保護庁】

前のページへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!
  • Arch Joint Vision