メインコンテンツ ここから

[海外エコニュース一覧]

【その他】2018.07.09 発表

生物多様性に関する情報共有プラットフォーム、種の生息地データが10億件を超える

 生物多様性条約(CBD)によると、世界の生物多様性に関する情報共有プラットフォームである地球規模生物多様性情報機構(GBIF)のポータルサイト(http://www.gbif.org/)では、公開している種の生息地に関するデータが10億件を突破した。世界の56の政府や36の国際機関が参加するGBIFは、地球上のあらゆる生物に関するデータを誰もが自由に閲覧できる仕組み作りを行っている。同ポータルでは種が確認又は収集された場所や年月日等の情報が一元化されており、研究者や政策決定者にとって重要な情報資源となっている。これらのデータは、18世紀や19世紀の自然史標本から、最近の自然愛好家がスマートフォンで撮影した写真に至るまで様々な情報源から集められたもので、世界123カ国の1200を超える機関が情報提供に協力している。GBIFのホバーン事務局長は、さらなるデータの拡充について前向きな姿勢を示した。また、CBDのパルマー事務局長も、さらに膨大な量の情報を提供できる可能性を示唆している。【生物多様性条約】

前のページへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!
  • Arch Joint Vision