メインコンテンツ ここから

[海外エコニュース一覧]

【国連】2018.02.28 発表

バーレーン、国連の海洋ごみ削減キャンペーンに参加

 国連環境計画(UNEP)は、バーレーンが、海洋ごみ削減のための「クリーン・シー・キャンペーン(#CleanSeas)」に参加したと発表した。同国は、プラスチックの利用を減らす取組の他、海岸清掃を行ったり、使い捨てプラスチックの利用を控えるよう訴えてリサイクルや代替品を促進するイベントを開催したり、また、海洋資源等の保護に尽力するなど、国を挙げた様々な取組を実施して海洋ごみ問題とその影響についての啓発活動を行うという。同キャンペーンは、海洋におけるプラスチックごみ問題を解決すべくUNEPが2017年2月に開始したものであり、政府や一般市民、市民団体、民間部門に協力してもらい、世界全体でプラスチック利用等に関する習慣や政策等を変えていくことを目指している。今回、バーレーンは41番目の参加国となった。UNEPのソルハイム事務局長は、この度の発表に際して、同国が加わったことを歓迎し、「極めて重要な地域から大きな支援を得られた。さらに多くの国が後に続くことを願っている」と述べた。【国連環境計画】

前のページへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!
  • Arch Joint Vision