メインコンテンツ ここから

[海外エコニュース一覧]

【フランス】2017.08.10 発表

フランス、地中海沿岸の森林火災で傷ついた環境と生物多様性の修復を促進

 フランス環境連帯移行省は、2017年7月にフランス南部で発生した大規模な森林火災を受け、被災した国立公園などの自然環境と生物種の保護・修復の支援を発表した。この地域には、地中海沿岸のヴァール県の美しい自然環境が広がり、ポール・クロ国立公園とプロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール(PACA)地域圏の保護区として沿岸の豊かな生物多様性が守られている。しかしその数千ヘクタールが、7月の森林火災で失われた。ユロ環境大臣は危険を冒して鎮火と予防に尽力した各担当者に謝意を表すとともに、この地域の生物多様性、景観、経済が受けた被害の回復のため支援すると発表した。具体的には、
・ポール・クロ国立公園の森林火災の危険区域、禁止事項、公園閉鎖などの周知のための特別措置の強化、および脆弱な地域での土壌流出防止対策(粗朶による強化など)に8万ユーロ
・PACA地域圏の保護区に、森林火災で危機に瀕する保護生物(ホウセキカナヘビ、ヘルマンリクガメ)への国の保護強化策の実施などのために5万ユーロ
・沿岸の道路復旧や安全確保のための初期的作業等に3万5000ユーロ
を提供する。【フランス環境連帯移行省】

前のページへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!