メインコンテンツ ここから

「職場」の生活フィットネス

職場でも、ごみのことを気にしてみる

オフィスで出る紙の量は、平均するとだいたい1ヶ月に1人あたり4kg。これは、コピー機の横に積んであるA4用紙500枚入りのパッケージ2つ分に相当します。オフィス古紙をリサイクルすれば、これだけの量を活かすことができるんです。

ちなみに、財団法人古紙再生促進センターによると、2008年の日本の古紙回収率は75.0%、また古紙利用率は61.8%となっています。

  • 職場でも、いえ職場だからこそ、紙を大切に使う。
  • 無駄に使わない、使ったら、リサイクル。
  • 使う紙は、古紙利用率の高いものを。

データ出典

  • 古紙再生促進センターホームページ 「オフィス古紙リサイクルマニュアル」
    A4用紙500枚入りのパッケージは、実際に重さを量ったところ2kgであった。
  • 古紙回収率、利用率について
    古紙利用率= (古紙消費量+古紙パルプ消費量)/(繊維原料合計消費量) ×100
    ※繊維原料合計消費量は、「パルプ+古紙+古紙パルプ+その他」の合計
    古紙回収率= (古紙国内回収量)/(紙・板紙国内消費量) ×100
    ※古紙国内回収量は、「メーカー入荷+輸出-輸入」の合計。
    なおメーカー入荷量には、古紙パルプ入荷量を古紙換算した数値を含む。
    紙・板紙国内消費量は、「メーカー払出-輸出+輸入」の合計

ごみに関するエコライフ目次へ戻る
エコライフガイドトップへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!