メインコンテンツ ここから

【コラム】 PRTRでケミカル-ケア上級者(2)

PRTRで、化学物質の排出状況をお見通し!

PRTRで、化学物質の排出状況をお見通し!

1999年より開始されたPRTR制度(Pollutant Release and Transfer Register:化学物質排出移動量届出制度)では、毎年、どのような発生源から、どれくらい環境中に排出されたか、あるいは廃棄物に含まれて事業所の外に運び出されたかというデータを把握し、集計し、公表しています。

PRTR制度では、人の健康や生態系に有害なおそれがあり、環境中に比較的多く存在している354物質(第一種指定化学物質といいます)を対象としています。また、工場については、法に定める業種で、従業員数や化学物質の使用量が一定量以上の事業所を対象に調査しています。

環境省サイト上では、業種等の排出源別や地域別の化学物質排出状況を公表していますし、環境省に請求すれば、個別の工場(事業所)での化学物質排出状況に関する情報を開示してもらうことができます。

では、PRTRを用いるとどんなことがわかるのでしょう。


ケミカル-ケア ライフ目次へ戻る
エコライフガイドトップへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!