メインコンテンツ ここから

[海外エコニュース一覧]

【国連】2018.03.23 発表

世界気象機関、世界気象デーに「気象・気候への適切な備え」を呼びかけ

 世界気象機関(WMO)は、2018年の世界気象デー(3月23日)に、今回のテーマとした「気象・気候への適切な備え」の重要性を訴えた。このテーマは、日々の天気予報や警報、作期の判断、今後数十年の都市インフラ・水管理計画を支援するという各国の気象水文機関(NMHS)の中心的役割を示すものであり、人口増、極端気象、気候変動の影響が増す中で重要性が高まっている。世界気象デーにWMOは世界の気候現況を報告した。2018年始めは、北極圏では異常な高温、北半球の人口集中地域では低温、オーストラリアやアルゼンチンの一部では極端な熱波、ソマリアでは干ばつ、南アフリカのケープタウンでは水不足と、極端気象が続いている。WMOは過去数十年に極端気象に起因する死亡が大幅に減少したのは気象予報の精度向上と災害管理当局との連携の成果だとし、マルチハザード早期警戒システムの重要性を強調。政府や地域機関などが早期警戒システムを開発・評価する際に参照できる実践的なチェックリストを公表した。【世界気象機関】

前のページへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!
  • Arch Joint Vision