メインコンテンツ ここから

[海外エコニュース一覧]

【】2019.08.06 発表

世界資源研究所、世界の水リスクを示す地図を更新

 世界資源研究所(WRI)は、世界の水関連リスクを示す「アキダクト水リスク地図」を更新した。地図は、オープンソースの、利用可能な最良の情報に基づき、地下水の利用可能性、水涸れなど新たに加わった指標を含む13の指標を用いて、189か国とその州・省の水関連リスクに関する最も正確で詳細な情報を提供する。それによると、世界人口の4分の1を占める17か国が、極めて高い水ストレスに直面している。これらの国では、利用可能な地表水・地下水の80%が農業、産業、市町村によって利用されており、干ばつなどで需要が供給を上回ると水涸れが起きる可能性がある。このうち12か国は中東・北アフリカ地域で、水ストレスの高い国13位にランクしたインドは残りの16か国の合計より人口が3倍超と、特定の地域や人々が特に水リスクにさらされている。地図は企業が施設の立地を検討するためにも利用でき、2018年には5万人以上の利用があった。【世界資源研究所】

前のページへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!
  • Arch Joint Vision