メインコンテンツ ここから

[海外エコニュース一覧]

【】2019.06.26 発表

グローバル・フットプリント・ネットワーク、人類は7月29日に史上最速で1年分の自然資源を使い果たすと報告

 グローバル・フットプリント・ネットワークは、2019年の「アース・オーバーシュート・デー」(人間の環境資源・サービスへの需要量が、その年に地球が再生産できる量を上回る日)が過去最も早い2019年7月29日になると報告した。オーバーシュート・デーの到来は過去20年間で2か月早期化した。2019年に人類は地球1.75個分の資源を必要としていることになる。化石燃料燃焼からの炭素排出は、人類のエコロジカル・フットプリントの60%を占めている。人類の資源需要量が地球の再生産量を上回るようになったのは1970年代初頭で、オーバーシュート・デーを毎年5日遅らせられれば2050年までに再び地球1つ分の資源で済むようになるという。方法としては、例えば肉の消費の50%をベジタリアン食に変えるとオーバーシュート・デーを15日遅らせ、カーボン・フットプリントを50%減らせば93日遅らせられるという。グローバル・フットプリント・ネットワークは、個人のエコロジカル・フットプリントを計算できるツールを公開し、資源利用を減らす行動を呼びかけている。【グローバル・フットプリント・ネットワーク】

前のページへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!
  • Arch Joint Vision