メインコンテンツ ここから

[海外エコニュース一覧]

【イギリス】2018.12.27 発表

イギリス環境・食糧・農村地域省、レジ袋有料化の全小売業への適用と値上げを提案

 イギリス環境・食糧・農村地域省(DEFRA)は、大手小売業に適用されている1袋5ペンスのレジ袋有料化義務を中小の小売業にも適用することを提案した。2015年に導入したレジ袋有料化によってイングランドでは大手スーパーマーケットのレジ袋販売数は86%減少した。一人当たりのレジ袋年間使用料は、有料化前は140枚だったのに対し、2017/18年は19枚だったという。しかし、未だ年36億枚以上のレジ袋が従業員数250人未満の中小小売業で提供されている。中小小売業からなる商業団体は5ペンスの有料化に自主的に取り組んでいるが、これに加入しているのはイングランド全体の中小小売業の5分の1に満たないという。今回、レジ袋使用量をさらに削減するため、レジ袋の価格を10ペンスに引き上げることも提案した。また同日、ハインズ教育相は2022年までに学校に使い捨てプラスチックの使用をやめることを呼びかけた。【イギリス環境・食糧・農村地域省】

前のページへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!
  • Arch Joint Vision