メインコンテンツ ここから

[国内エコニュース一覧]

【環境省】2018.11.30 発表

2017年度(平成29年度)の温室効果ガス排出量(速報値)を発表

 環境省と国立環境研究所は、2017年度の日本の温室効果ガス排出量(速報値)をとりまとめ、発表した。
 2017年度の温室効果ガスの総排出量は12億9,400万トン(二酸化炭素(CO2)換算)で、前年度比1.0%減(2013年度比8.2%減、2005年度比6.2%減)であった。
 前年度からの減少要因としては、太陽光発電・風力発電等の再生可能エネルギーの導入拡大や原子力発電所の再稼働等によるエネルギーの国内供給量に占める非化石燃料の割合の増加等のため、エネルギー起源のCO2排出量が減少したこと等が挙げられる。

 また、今後公開する確報値では、森林等による吸収量についても算定、公表する予定。

【環境省】

前のページへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!
  • Arch Joint Vision