メインコンテンツ ここから

[国内エコニュース一覧]

【環境省】2018.07.31 発表

成田空港におけるヒアリの確認について

 環境省は、平成30年7月29日(日)に成田空港において発見されたアリについて、専門家による種の同定の結果、特定外来生物であるヒアリ(Solenopsis invicta)と確認されたと発表した。
 このヒアリは、アメリカのダラス・フォートワース空港から成田空港に空輸された貨物の敷板で発見されたもの。働きアリ約160個体。
 確認された個体については、すでに全て殺虫処理し、確認地点付近や空港内の移動ルート上では、事業者がトラップを設置している。
 なお、約20個体の羽アリが同時に発見されており、うち1個体はヒアリやアカカミアリ等の特定外来生物ではないことを確認済みだが、残りの羽アリについては、種を同定中。

 昨年6月の国内初確認以降、これまで国内でのヒアリの確認事例は7月31日(火)現在で13都府県、計32事例目。

【環境省】

プレスリリース

http://www.env.go.jp/press/105829.html

記事に含まれる環境用語

前のページへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!
  • Arch Joint Vision