メインコンテンツ ここから

[海外エコニュース一覧]

【ドイツ】2018.06.07 発表

ドイツ、プラスチック袋の消費量が大幅に減少

 ドイツ連邦環境省は、容器包装市場研究協会(GVM)が調査したプラスチック袋の消費状況について報告した。これによると、2017年は、前年比で35%減に相当する13億袋減少し、24億袋のプラスチック袋が消費されたという。年間一人当たりの消費量は29袋(2016年は45袋)となった。EU指令の主眼である厚さ15マイクロメートルから50マイクロメートルのプラスチック袋の消費量は、2017年、一人あたり25袋に減少した。2015年に施行したEU指令では、厚さ50マイクロメートル以下のプラスチック袋を、年間一人あたり2019年末までに最大で90袋、2025年までに最大で40袋にすることを求めており、今回の調査の結果、ドイツは、EUの目標値よりさらに3分の1以上削減できていることが明らかになった。ドイツでは、2016年7月1日に、連邦環境省と小売業界の自主協定が施行した。これは、厚さ50マイクロメートル以上の袋も対象にしている。野菜や果物を入れる個別の袋は対象外としているが、この袋に関しても、現在、網やレーザーによるラベリングなど資源を考慮した代替案が開発されている。自主協定には、360社47000支店が既に署名しており、大規模な食品店や服飾店、ホームセンターなどが含まれている他に、多数の個人店舗も参加している。【ドイツ連邦環境省】

前のページへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!
  • Arch Joint Vision