メインコンテンツ ここから

[海外エコニュース一覧]

【EU】2018.05.17 発表

欧州委員会、安全でクリーンかつネットワーク化・自動化した交通を目指す政策パッケージを公表

 欧州委員会は、道路交通安全の強化や自動車排出ガスの削減、交通のネットワーク化・自動化を進めるための一連の政策を公表した。こうした分野で欧州が世界を率先しようという狙いもある。安全面では、2050年までに交通事故の死傷者をなくすという「ビジョンゼロ」を念頭に、先進安全装置の搭載を新車に義務付ける等、「自動車と歩行者の安全性」と「インフラの安全管理」に関する法的対応策が盛り込まれている。排出ガス削減策としては、大型車に対する初のCO2排出基準を設定し、2019年と比較したトラック新車の平均CO2排出量を、2025年は15%、2030年は30%以上それぞれ低減させることを目指す。また、空気抵抗の少ないトラックの設計を促進する、燃費等に応じたタイヤ等級表示に変える、業界を挙げたバッテリーの開発・製造のための協力体制を整備・支援する等のことも行う。ネットワーク化・自動化に関しては、物流業務の完全デジタル情報化を図るほか、車両の完全自律走行や無線接続・相互通信を実現するための取組等があるという。【欧州委員会】

プレスリリース

http://europa.eu/rapid/press-release_IP-18-3708_en.htm

記事に含まれる環境用語

前のページへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!
  • Arch Joint Vision