メインコンテンツ ここから

[海外エコニュース一覧]

【イギリス】2017.12.29 発表

イギリス気象庁、2017年のイギリスの平均気温は過去5番目に高かったと速報

 イギリス気象庁(MetOffice)は、2017年のイギリスの年間平均気温は1910年以降で5番目に高温だったとする暫定データを公表した。年間平均気温の最高記録は2014年の9.91℃(1981~2010年の長期平均比で+1.06℃)なのに対し、2017年の暫定値は9.56℃(長期平均比で+0.72℃)となっている。イングランドの年間平均気温は過去4番目に高い10.42℃(長期平均比で+0.77℃)、ウェールズは9.91℃(長期平均比で+0.77℃)となる見込み。2017年のイギリスの平均降雨量は1981~2010年の長期平均比で95.9%(1106.8mm)と平年並みだった。MetOfficeは、2017年は5番目に高かった気温に加え、10月にアイルランドとイギリスの一部を襲ったハリケーン「オフィーリア」、サハラ砂漠からの砂塵、イベリア半島で発生した森林火災による煙などの注目すべき気象事象が発生したことを指摘している。【イギリス気象庁】

プレスリリース

https://www.metoffice.gov.uk/news/releases/2017/weather-review-of-2017

記事に含まれる環境用語

前のページへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!
  • Arch Joint Vision