メインコンテンツ ここから

[海外エコニュース一覧]

【EU】2017.05.04 発表

欧州連合統計局、化石燃料燃焼によるEUの2016年のCO2排出量は前年よりわずかに減少と推定

 欧州連合統計局(Eurostat)は、EUにおける化石燃料の燃焼に伴う2016年のCO2排出量が前年と比べ0.4%減少(速報値)したと公表した。これによると、2016年はEU加盟28カ国の大部分でCO2排出量が前年より増加し、中でもフィンランドは8.5%増、キプロスは7.0%増となった。一方、前年より減少したのは11カ国で、マルタは18.2%減、ブルガリアは7.0%減だったという。
 CO2排出は地球温暖化の主な原因で、EU全体の温室効果ガス排出量の約80%を占めているが、気候条件や経済成長、人口、輸送、産業活動などの要因に影響される。EUはCO2など温室効果ガスの排出削減に向けて様々な省エネ対策を実施している。
 Eurostatはさらに、エネルギー製品の輸出入は化石燃料を燃焼する国のCO2排出量に影響することにも注意を促している。例えば、石炭の輸入により輸入国の排出量は増加するが、電力を輸入しても輸入国の排出量には直接影響せず、発電を行う輸出国の排出増が計上されるという。【欧州委員会】

前のページへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!