メインコンテンツ ここから

[海外エコニュース一覧]

【アメリカ】2017.03.09 発表

アメリカ海洋大気庁、西部北極海で海洋酸性化が拡大と報告

 アメリカ海洋大気庁(NOAA)は、海洋酸性化が西部北極海で面積および深度ともに急速に広がっており、貝類や食物網の他の海洋生物、それらの資源に依存している地域社会に悪影響を及ぼし得ると報告した。1990年代から2010年に、酸性度の高い海水がアラスカ北西岸沖のチュクチ海から北極点近くまで、北方に約300海里拡大したという。この水塊の深さも水深約325フィートから水深800フィート超に拡大した。海洋酸性化は海洋が大気中のCO2を吸収するために発生し、海水の酸性度が高まると貝類が殻を形成するために必要な成分が不足する。ある巻貝は北極海の食物網でサケやニシンの餌として重要な役割を果たしており、この貝が減少すると海洋生態系や魚類を食料とする人間社会に悪影響を及ぼすおそれがあるという。これほどまでに急速かつ大規模な海洋酸性化が確認されたのは北極海が初めてで、拡大速度は太平洋や大西洋の2倍以上だという。【アメリカ海洋大気庁】

前のページへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!