メインコンテンツ ここから

[海外エコニュース一覧]

【EU】2019.07.18 発表

EU、ハイレベル政治フォーラムでEUのSDGsの進捗を報告

 EUはニューヨークで開催されている国連の持続可能な開発のためのハイレベル政治フォーラムで、EUとその対外活動におけるSDGsの進捗状況を報告した。
 EUは社会的平等・包括性の確保を図りつつ、気候中立、資源高効率、循環型の低炭素経済への移行をすでに進めている。また、SDGsを対外行動の要とし、新たな「開発に関する欧州コンセンサス」により全ての開発活動を2030アジェンダに沿ったものにしている。フォーラムのイベントで提出された、欧州コンセンサスの実施に関する初の統合報告書は、EUと加盟国が国際機関や市民団体、民間部門との協力を強化しつつ、相手国との開発協力により持続可能な開発を促進した状況を示している。例えば、極度の貧困の削減やジェンダー平等の促進、医療サービスの向上で大きな進展があったという。
 しかし、持続可能性の多くの課題は緊急性を増し、新たな課題も浮上する中、人類の福利や経済繁栄、社会、環境が危険にさらされている。野心的で相互に関連し合うSDGsの実現を加速するため、EUはアジェンダの実施の体系的検証と追跡調査に取組むという。欧州委員会のティーマーマンス第一副委員長は、今後5年間に欧州委員会がSDGsを完全に経済ガバナンスモデルに組み込む見通しだと述べた。【欧州委員会】

プレスリリース

http://europa.eu/rapid/press-release_IP-19-4250_en.htm

記事に含まれる環境用語

前のページへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!
  • Arch Joint Vision