メインコンテンツ ここから

[国内エコニュース一覧]

【環境省】2018.03.12 発表

環境省、平成29年の国立公園訪日外国人利用者数(暫定値)を発表

 環境省は、平成29(2017)年の国立公園の訪日外国人利用者数が、約600万人(暫定値)と推計されると発表した。
 国立公園全体(全34公園)では前年比約10%増、先行的に取組を進めることとしている8公園では前年比約29%増となった。
【8公園】阿寒摩周、十和田八幡平、日光、伊勢志摩、大山隠岐、阿蘇くじゅう、霧島錦江湾、慶良間諸島

 環境省では、政府が平成28(2016)年3月に取りまとめた「明日の日本を支える観光ビジョン」に基づき、国立公園の訪日外国人利用者数を2020年までに1000万人とする「国立公園満喫プロジェクト」を推進している。
 目標の達成に向け、引き続き、受入環境の整備や海外への魅力の発信等を進めていく。

【環境省】

プレスリリース

http://www.env.go.jp/press/105259.html

記事に含まれる環境用語

前のページへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!
  • Arch Joint Vision