メインコンテンツ ここから

[国内エコニュース一覧]

【地方自治体】2017.07.21 発表

長野県、再エネ普及拡大へ国際会議 日本初、9月に信州大で開催

 長野県は、再生可能エネルギーの普及拡大を目指す地方自治体の国際会議「地域再生可能エネルギー国際会議2017」を9月7、8日の2日間、長野市の信州大国際科学イノベーションセンターで開催する。同会議は2007年から独フライブルク市を中心に開催されている国際会議で、今回で8回目。初めて日本で開催される。
 主催は長野県、環境省、持続可能な社会の実現を目指す1500以上の自治体で構成する国際ネットワーク「持続可能性をめざす自治体協議会」(ICLEI:イクレイ)。再エネと省エネの最新状況や将来展望について、ドイツや日本の優良事例を共有するとともに、“再エネ100%地域”の実現に向けた取り組みについて意見交換する。
 会議には日本やドイツの地方自治体や再エネ関連企業・団体などが参加。再エネをめぐる世界の動向についてドイツの専門家が講演するほか、長野県の阿部守一知事やフライブルク市長らが参加する首長サミットも開かれる。
 阿部知事は「海外の先進事例に学ぶと同時に、長野県がこれまで取り組んできた成果についても広く世界に発信していく契機にしたい」と話している。

前のページへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!