メインコンテンツ ここから

[国内エコニュース一覧]

【環境省】2017.08.14 発表

山口県内におけるアカカミアリの確認について

 環境省は、平成29年8月9日に山口県防府市の三田尻中関港で陸揚げされ、8月10日に同市内の事業所敷地に搬送されたコンテナ内で発見されたアリが、専門家による種の同定の結果、8月12日に特定外来生物であるアカカミアリ(Solenopsis geminata)と確認されたと発表した。

 アカカミアリが発見されたコンテナは、ベトナムのハイフォン港で積み込まれた後、台湾の高雄港にて別の船に積み替えられ、三田尻中関港に陸揚げされ、山口県防府市の事業所に搬送されたもの。

 今回のアカカミアリの確認を受け、8月11日に山口県が、三田尻中関港内の当該コンテナが置かれていた場所付近を調査したところ、コンテナヤードのアスファルトの割れ目にアカカミアリと推定される集団を発見したため、防除を実施した。

【環境省】

プレスリリース

http://www.env.go.jp/press/104436.html

記事に含まれる環境用語

前のページへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!