メインコンテンツ ここから

[国内エコニュース一覧]

【環境省】2017.08.10 発表

68港湾におけるヒアリの調査・防除の実施状況報告(第1報)

 環境省及び国土交通省は、中国、台湾等からの定期コンテナ航路を有する68港湾における調査を、8月より順次実施している。
 これまでのところ、当該調査によるヒアリの発見は報告されていない。

 調査対象は、中国、台湾、フィリピン、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、北米、カリブ、中米、南米からの定期コンテナ航路を有する港湾としている。

 初回の調査(8月9日まで)は、10の港湾において、専門業者による目視調査及びモニタリングトラップ(粘着トラップ等)の設置による調査を行い、さらに、港湾管理者等による目視調査及び粘着トラップ等の設置による調査を2回実施した。

 今後も各港湾につき100~500個のトラップを設置する予定。
 8月下旬までに全国で計13,000個程度のトラップ設置と回収を実施する。
 
【環境省】

プレスリリース

http://www.env.go.jp/press/104429.html

記事に含まれる環境用語

前のページへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!