メインコンテンツ ここから

[海外エコニュース一覧]

【】2018.10.29 発表

世界保健機関、大気汚染と子供の健康に関する新たな報告書を発表

 世界保健機関(WHO)は、世界の15歳未満の子供の約93%(18億人)が、その健康や発育に深刻な影響を与える大気汚染に晒されている、とする報告書を発表した。子供は大人に比べ呼吸が早く、多くの汚染物質を取り込むため大気汚染の影響を受けやすい。報告書によれば、大気汚染は子供の神経の発達や認知能力に悪影響を与え、また曝露レベルが低くても子供の肺機能を損なうという。低・中所得国の5歳未満の子供の98%、同じく高所得国の52%がWHOの大気質ガイドラインを超えるレベルの微小粒子状物質(PM2.5)にさらされており、世界の人口の40%以上(15歳未満の10億人の子供を含む)は、家庭内での調理、暖房、照明に使用される汚染燃料や技術によって屋内大気汚染の影響を受けている。低・中所得国では急性下気道感染症を患う5歳未満の子供の50%以上は、屋内外の大気汚染が原因となっている。また、屋内外の大気汚染に起因すると思われる15歳未満の子供の死亡数は、2016年には約60万人に達した。大気汚染は子供の健康にとって重大な脅威のひとつであり、5歳未満の子供の死亡原因のおよそ一割を占めている。【世界保健機関】

前のページへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!
  • Arch Joint Vision